Sony
Sony

プロバイダとは?
(種類や選び方、契約の仕方など)

近年、多くの人に利用されるようになったInstagramやTwitterなどのSNSを楽しむには、インターネット回線は必要不可欠です。画像やメッセージなどをやりとりするには、データを送受信してくれる回線とプロバイダの契約が必要になります。その中でも、プロバイダは慎重に選ばなくてはなりません。利用金額によってポイントが貯まったり、無料メールアドレスが使えたりするなど、プロバイダは提供会社によって様々な特徴があるからです。
今回は、失敗しないプロバイダ選びをするためのプロバイダ契約の仕方や仕組み、そして気になるポイントなどを詳しくご紹介していきます。
ぜひ、自分の利用シーンに合ったプロバイダ選びの参考にしてみてくださいね。

回線とプロバイダの関係

パソコンやスマートフォンを買ったとき、お店で勧められたインターネット回線とプロバイダをそのまま使っているという方も多いかもしれません。
インターネットに繋ぐ場合は、インターネット回線とプロバイダの2つの契約が必要です。
回線提供業者はインターネット回線を引くサービスを提供しています。プロバイダはインターネットへ接続するサービスを提供しています。

インターネットを接続するために必要なこと

インターネットを接続するために必要なインターネット回線とプロバイダ契約ですが、
引っ越しや機種変更などで、契約内容を見直す機会も出てくることでしょう。
そういった時のために、「インターネットを接続するための仕組み」と「必要なこと」をご紹介します。

  • モデム(パソコンと通信回線をつなぐ機械)
    契約した会社から送られてきます。
  • モデムとパソコン、インターネット回線をつなぐケーブル
    光、無線など回線の種類によって接続方法は異なります。
  • インターネット回線
    インターネット回線の種類は多岐に渡り、
    光ファイバー回線やケーブルテレビ、あるいは無線を使ったモバイル回線等があります。
  • プロバイダとの契約
    インターネットに接続するためにはプロバイダとの契約が必要です。

サービスや料金はプロバイダ会社によって違います。

プロバイダの選び方

自社で回線を持っている場合、プロバイダは回線と一体になっているので、プロバイダ契約をする必要はありません。
ただし、他社から回線を借りている場合は、プロバイダを選んで契約する必要があります。
プロバイダを賢く選ぶには、料金とサービスの内容をしっかりと確認することが大切です。
ここからは、インターネットサービスプロバイダ(ISP)を選ぶ際にチェックするべき点や失敗しないコツについてご紹介します。

  • 料金で選ぶ
    現在光コラボレーションモデルが主流なので、月々の料金は回線とプロバイダがセットになっています。新規の申し込みをすると、月々の料金が割引になる場合が多いようです。例えば、So-netでは月額料金3,500円(1~30カ月・集合住宅の場合)で利用できます。
    また、auスマホをセットで使っている場合は、さらに割引が期待できます。
  • 利用シーンで選ぶ
    日頃よくインターネットを使う場所はありますか?自宅や外出先などの利用シーンによって選ぶという方法もあります。
    自宅と外出先で頻繁に使うのであれば、通常の申し込みが最適です。
    外出先がメインで、家では自分以外は利用しないという場合は、持ち運べるモバイルルータが便利でしょう。
  • サービスで選ぶ
    インターネット回線を使ったIP電話が利用できると、通話料がお得になります。
    同じプロバイダ同士なら無料で通話ができたり、県外への発信も市内料金になったりと、固定電話を頻繁に使う場合はおすすめです。
    また、インターネットやパソコンに詳しくない方は、サポートを受けられるものがおすすめです。
    接続方法や使い方など、何かしら困ったことがあったとき、 電話やメールで相談することができます。
    そして、インターネットで怖いのはコンピュータウイルスです。メールやネット回線をチェックしてくれるサービスがあるのも重要なポイントといえるでしょう。
  • キャッシュバックも大きなメリット
    契約のタイミングによりますが、数ヶ月から1年ほど、月々の料金が割引になるサービスもあります。適用には条件があるので、よく確認することも大切です。

このように、プロバイダにはそれぞれ特徴がありますので、ぜひ自分に合うインターネットサービスプロバイダを探してみましょう。

契約の仕方など

まず、現在の契約状況を確認してみましょう。

  • 引っ越したばかりなどで、何も契約していない場合
    インターネット回線とプロバイダの契約が必要です。
    また、使用状況によってはモバイル回線でWi-Fiルーターの契約もおすすめです。
  • プロバイダだけ乗り換えたい
    乗り換えが可能なプロバイダと、不可能なプロバイダがあります。
    まずは、契約書や公式サイトで確認してみましょう。
  • 賃貸物件でインターネット回線はあるが、プロバイダ契約が必要な場合
    契約している物件で指定されたプロバイダがある場合は、そちらと契約になります。
    自由に選べる場合は、開通しているインターネット回線とセットにしてお得になるところを選ぶと良いでしょう。
    さらに、即日契約が可能なプロバイダであれば、すぐに使うこともできるのでおすすめです。

プロバイダとの契約時には様々な特典が付帯します。
具体的な特典の例としては「キャッシュバック」や「ポイント付与」、「無料利用期間」などがあげられますが、
各社の特典内容を比較しプロバイダを選んでみるのもおすすめです。

また、契約時に付帯する特典も魅力ですが、継続的な利用により得られる特典も忘れてはいけません。

So-netでは、貯まって、使えて、交換できるお得で便利なポイントサービス「ソネットポイント」がご利用いただけます。
毎月のご利用料金や無料ゲームなどでたまったポイントをSo-netのご利用料金のお支払いに使えたり、
提携サービスのポイントへの交換やソニーグループ内のソニーストアで利用できるなど、「ソネットポイント」は大手ならではの利用シーンの多彩さが大きな魅力です。

申し込み時の割引やキャッシュバック以外にも選ぶメリットがある事は、ぜひとも抑えておきたいところですね。

まとめ

プロバイダの仕組みについて紹介しましたが、いかがでしたか。
最近は、インターネットで申し込みをするケースが多く、基本的にはクレジットカードが必要となります。
また、各プロバイダの公式サイトでは、簡単な料金シミュレーション、プランの相談などができます。
インターネットプロバイダとして20年の歴史を持つSo-netでは、自分にぴったりのコースを選ぶことができますので、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。