Sony
Sony
メニュー
閉じる

旅行

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

[文化遺産/2017年7月]

「立ち入り禁止・女人禁制」これからも厳格なルールが守られる信仰の島

宗像大社は、宗像市の沖合約60キロの玄界灘に浮かぶ沖ノ島の沖津宮、10キロ離れた大島にある中津宮、九州本土にある辺津宮の3つの宮からなる神社。航海の安全や交通安全などを祈願する神様、宗像三女神(むなかたさんじょしん)を祀っています。古来は宗像氏ら九州北部の豪族が祀る土着神でしたが、大陸や朝鮮半島との関係が緊密になり、海を渡っての往来が盛んになった4世紀以降、国の神様として信仰されるようになりました。


海を越えた交流が頻繁に行われた4世紀後半~9世紀末の約500年間、日本列島と朝鮮半島の間にある沖ノ島は航海の道標となり、航海の安全と交流の成就を祈って、膨大な量の奉献品を用いた祭祀が行われました。やがて、島全体を信仰の対象とする沖ノ島が「神宿る島」として入島を厳しく制限する慣習が根付くと、大島や九州本土でも沖ノ島と共通性をもつ祭祀が行われるようになりました。8世紀前半に書かれた「古事記」「日本書紀」では沖津宮・中津宮・辺津宮の三宮で宗像三女神を祀っていることが記されています。


今回の世界遺産認定では自然崇拝を起源とする固有の信仰・祭祀が、4世紀から現代まで継承されている点などが評価されました。当初の国際記念物遺跡会議 (ICOMOS)の勧告では沖ノ島のみが登録対象でしたが、三つの宮で宗像三女神を祀る宗像大社信仰や、大宮司家である宗像氏にまつわる史跡・文化財も認められての認定となりました。

沖ノ島の史跡

沖ノ島(おきのしま)宗像大社沖津宮(むなかたたいしゃおきつみや)

三女神の長女とされる、田心姫神(たごりひめのかみ)が祀られています。女人禁制であり、これは島の神が女の神様のため、女性が島に上陸すると嫉妬され祟りがあると言われているからなのだとか。男性も交代で島に駐在する宗像大社の神職以外は原則、立ち入り禁止です。長い間、人の立ち入りが厳しく制限されたため、古代祭祀の変遷を示す遺跡がほぼ手つかずの状態で遺り、出土された神様への奉献品8万点は全て国宝に指定されました。また、古来より島に立ち入り見聞きした事を口外してはならないというしきたりがあり、「不言様(おいわずさま)」とも呼ばれています。

大島の史跡

宗像大社沖津宮遙配所(むなかたたいしゃおきつみやようはいじょ)

立ち入り禁止である沖ノ島を遥か遠くから拝むための場所。島そのものをご神体とする沖ノ島に対する拝殿の役割を果たしています。


神湊港から大島港までフェリーで約25分 大島港よりバスにて約10分

宗像大社中津宮(むなかたたいしゃなかつぐう)御嶽山祭祀遺跡(みたけさんさいしいせき)御嶽神社(みたけじんじゃ)

三女神のひとつ、湍津姫神(たぎつひめのかみ)を祀っているのが中津宮。大島は七夕伝説発祥の地と言われており、中津宮では旧暦の7月7日に近い8月7日に七夕祭が行われます。また、祭祀遺跡が残る御嶽山には境内の裏から参道が続きます。


神湊港から大島港までフェリーで約25分 大島港より徒歩約5分

九州本土(福岡県宗像市・福津市)の史跡

宗像大社辺津宮(むなかたたいしゃへつぐう)

境内は10万平方メートルと広大な宮で、三女神の末っ子とされる市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)が祀られています。社殿の裏手の山にある下高宮祭祀遺跡(高宮祭場)は宗像三女神は降臨した古代の祭祀場なのだとか。また、「第二宮」「第三宮」には、沖津宮・中津宮の女神さまの分霊を祀っており、本殿の後にこちらも参拝すると、宗像三女神を拝したことになるそうです。「神宝館」には沖ノ島で見つかった約8万点の出土品(すべて国宝)が展示されているので、こちらもチェックするのを忘れずに。


JR鹿児島本線東郷駅 より西鉄バス乗車「宗像大社前」下車徒歩5分

新原・奴山古墳群(しんばる・ぬやまこふんぐん)

大陸や半島との交流の担い手として沖ノ島祭祀を司り、宗像大社の宮司も務めた宗像氏の古墳群。5~6世紀にかけ、沖ノ島へと続く玄界灘を一望する台地上に築かれ、今も前方後円墳5基、円墳35基、方墳1基の計41基が残っています。


JR鹿児島本線福間駅 より西鉄バス乗車「奴山口」下車徒歩20分

ページの先頭