Sony
Sony
メニュー
閉じる

旅行

富岡製糸場と絹産業遺産群

[世界遺産登録:2014年06月/文化遺産]

絹産業の近代化の中心だった明治時代の産業遺産

カイコガの幼虫・蚕(カイコ)を卵から飼育し、蛹(さなぎ)の繭(まゆ)を作らせ、その繭から生糸を作るのが絹産業です。群馬県富岡市の富岡製糸場と製糸場に関連する群馬県内3か所の文化財が世界遺産として登録されており、養蚕技術・製糸技術が発展し、高品質の糸を大量生産できるようになることで絹産業が日本の主要産業になった軌跡をたどることができます。日本の世界遺産で産業遺産としては2007年登録の「石見銀山遺跡とその文化的景観」に続いて2例目、近代化遺産(国家や社会の近代化に関連する文化遺産)としては日本初の世界遺産です。

登録対象の史跡

富岡製糸場

この地域は古くから養蚕業が盛んで、糸の原料になる繭が調達しやすかったことなどから、1872(明治4)年に日本初の本格的な器械製糸の工場として開業しました。当初は未熟練工が多く、生糸の品質も低いものでしたが、工女たちがフランス人教婦たちから製糸技術を学び、1873年には一等工女の手による生糸がウィーン万国博覧会で「二等進歩賞牌」を受賞するなど、だんだんと評価を高めていきました。また、全国から集められた工女たちは一連の製糸技術を習得した後、出身地に戻るなど日本各地の製糸場で指導にあたり、その技術を日本中に広めることに大きく貢献しました。開業時は官営でしたが、後に民間企業に払い下げられて経営も黒字化し、1987(昭和62)年までの100年以上もの間、操業しました。現在でも赤レンガの建物は明治初期の開業当初とほとんど変わらない状態で保存されており、文明開化の時代の様子をうかがうことができます。

見学料 大人1,000円
※予約なしで解説員による案内つきツアー(約40分 200円)あり

上信電鉄上州富岡駅(高崎駅から約40分) 下車後、徒歩約15分(1km)

田島弥平(たじまやへい)旧宅

江戸時代末期~明治時代初期に養蚕技術が大きく進歩する中、1863年に「清涼育」(せいりょういく)という方法が発明されました。繭の質には蚕を育てる蚕室の温度と湿度の変化が大きく影響するため、蚕室の換気・通風をよくして蚕を育てる方法です。これを確立したのが“蚕糸群馬が生んだ最大の巨人”と言われる養蚕農家・田島弥平。自ら作り上げた理論に基いて自宅を改築し、総二階で瓦葺きの屋根に「ヤグラ」と呼ばれる換気用の風通し口を設置して「清涼育」の実践と研究を行いました。


JR伊勢崎駅もしくは本庄駅からタクシーで約20分

高山社(たかやましゃ)

火気によって蚕室を暖めて蚕を育てる「温暖育」と田島弥平の「清涼育」をミックスして「清温育」(せいおんいく)という蚕の育成方法を開発したのが高山村(現藤岡市高山)の高山長五郎です。彼が主宰した高山社(たかやましゃ)は、この「清温育」の研究と教育を行い、併設した蚕業学校の分校を各地に作り、「清温育」を普及させました。高山社跡はその在りし日の姿を伝えます。


JR八高線 群馬藤岡駅下車、市内循環バス「めぐるん」約35分「高山社跡」バス停下車 もしくはタクシーで約20分(8km)

JR高崎線 新町駅下車、多野藤岡広域路線バス「かんながわ号」で約35分「高山社跡」バス停下車 もしくはタクシーで約30分(12km)

荒船風穴(あらふねふうけつ)

この地域での生糸生産が軌道に乗ると、繭の増産も求められるようになりました。しかし、江戸時代まで蚕の飼育は気候に合わせて春に孵化する春蚕中心の年内1回しか養蚕できませんでした。そこで、夏でも冷暗な風穴を活用し、蚕が孵化する時期を遅らせ、夏や秋に養蚕することを可能にし、明治時代半ば以降には年内2蚕、年内3蚕の“増産”に成功しました。荒船風穴は蚕種貯蔵風穴として日本で最大規模(単独の風穴としてはダントツで1位)のものでした。なお、冬季(12/1~翌3/31)までは閉鎖されますのでご注意ください。見学再開は翌年4月1日からです。


上信電鉄下仁田駅下車、タクシーで約30分

ページの先頭