Sony
Sony
メニュー
閉じる

旅行

紀伊山地の霊場と参詣道

[No.12/世界遺産登録:2004年07月/文化遺産]

霊験あらたかな聖なる山でご利益祈願

紀伊半島の南半分、和歌山県・奈良県・三重県にまたがる紀伊山地は大昔から神々が集まる特別な場所とされてきました。やがて吉野・大峯、熊野三山、高野山の3つの霊場(神仏の霊験あらたかな場所という意味でお寺や神社を指します)がそれぞれ神聖な場所として相互に関連しながら発展すると、霊場に参詣するための道、修行の道ができ、多くの人々が訪れるようになりました。


神道や仏教が融合した独自の宗教文化が生まれ、発展したことと紀伊山地の森林の景観が評価され、2004年に吉野・大峰、熊野三山、高野山とそれらを結ぶ参詣道(熊野参詣道、大峯奥駈道、高野山町石道)が世界遺産に登録されました。


古来からの自然(山岳)信仰と仏教・神道・陰陽道などがミックスされた「修験道(しゅげんどう)」の総本山・吉野の金峯山寺(きんぷせんじ)や、“蟻の熊手詣で”と言われるほど多くの人々で賑わった熊野本宮大社、真言宗の開祖・空海が開山し活動拠点とした高野山・金剛峯寺が代表的な史跡です。参詣する時に山のなかを歩くため、豊かな自然のなかの神秘的な景観を味わえるのも魅力です。


なお、登録地域はとても広いため、3つの霊場を一度で周りきるのは難しいです。

吉野・大峯の史跡

吉野山

奈良県の中央部・吉野郡吉野町にある吉野川(紀の川)南岸から大峰山脈へと続く地域を指します。古くから桜の名所として知られてますが、桜の木が多いのは、桜が修験道の本尊である蔵王権現の神木とされたことによるそうです。また、室町時代初期に後醍醐天皇が京都を脱出して吉野山に逃れて南朝を設立するなど、日本史の数多くの場面に登場したため、たくさんの史跡があります。


吉野駅までは近鉄京都駅から特急で約1時間30分。※橿原(かしはら)神宮前駅乗り換え

近鉄奈良駅から特急で約1時間5分。※西大寺・橿原神宮前駅乗り換え

金峯山寺(きんぷせんじ)

修験道の総本山のお寺です。本堂である蔵王堂は3体の蔵王権現が祀られています。青い体の高さは7.3m(中央の像)、3体とも悪魔をはらう怒りの形相で迫力十分です(特別御開帳期間のみ公開)。安土桃山時代に建てられた蔵王堂も高さ34mと木造建築では東大寺大仏殿に次ぐスケールで、装飾も多く、贅沢な造り。我が国屈指の山門と言われる仁王門も堂々たる出来栄えです。


吉野駅からロープウェイで吉野山駅(約5分)下車・徒歩約10分

吉水神社

元々は金峯山寺の宿坊で、明治時代の廃仏毀釈のため、神社になりました。南朝時代に後醍醐天皇の皇居として使われ、豊臣秀吉が吉野山で花見会を催した際には本陣として使われました。秀吉が花見の際に修復させた後醍醐天皇の玉座は金箔貼りで豪華。その他、源義経や弁慶の鎧など約100店の宝飾品も。


吉野駅からロープウェイで吉野山駅(約5分)下車・徒歩約20分

吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)

水の神様を祀っていますが、地元では子宝安産の神様としても親しまれています。豊臣秀吉はここでお祈りして息子・秀頼を授かったのだとか。


吉野駅からロープウェイで吉野山駅(約5分)下車&吉野大峯ケーブルバスで約15分、竹林前下車・徒歩約30分

金峯神社(きんぷじんじゃ)

吉野山奥千本の入口あたりにある神社です。参詣道はこのあたりから本格的な修行の道らしくなってきます。


吉野駅からロープウェイで吉野山駅(約5分)下車&吉野大峯ケーブルバスで約30分、奥千本口下車・徒歩約5分

大峯山寺(おおみねさんじ)

大峯山の中心の山上ヶ岳の山頂にあるお寺。平安時代初期から現在も女人禁制で、毎年5/3~9/23の間だけ開かれます。本堂には修験道の本尊である金剛蔵王権現と約行者2体が祀られています。


麓の天川村の洞川(どろがわ)から山上ヶ岳を登山。所要時間は約4時間

熊野三山の史跡

熊野三山

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)、熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)、熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)の3つを総称して熊野三山といいます。元々は自然信仰の場所でしたが、奈良~平安時代にかけて仏教・密教・修験道の聖地として発展し、神=仏であるという考え方が広まりました。そして三山は結びつきを深め、三社のそれぞれの神が三社共通の神とされるようになり、同じ12柱の神々(=仏たち)を祀るようになりました。平安時代には王侯貴族の参詣が多く、“蟻の熊手詣で”と称されるほど多くの人々で賑わったとか。

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

主祭神は家津美御子大神(けつみこのかみ スサノオノミコト)。1889年(明治22年)の大洪水で流される前は大斎原(おおゆのはら)と呼ばれる、熊野川の中州にありました。現在は上四社を祀る本殿は山の上に移築され、大斎原には中四社、下四社、境内摂末社と日本一高い大鳥居(高さ33.9m、横42m)が建っています。参詣は山の上の大社→産田社→大斎原の順に行うのがルール。本殿から大斎原までは徒歩で約10分です。


JR新宮駅よりバスで1時間20分(熊野交通・奈良交通)、1時間(明光バス)。JR白浜駅よりバスで1時間35分(明光バス)。いずれも本宮大社前バス停下車。

熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)

熊野川のほとり近くにある朱塗りの大社を中心に、熊野川の河口近くに浮かぶ御船島(みふねじま)、大社の近くの神倉(かみくら)山(高さ約100メートル)の上にそびえる巨石「ゴトビキ岩」と神倉神社が登録地域です。約1200点の宝物を所蔵しており、いずれも国宝に指定されています。また、例年10月15~16日に行われる熊野速玉祭では、御船島の周りで早船の競漕が行われます。


JR西日本・JR東海 紀勢本線 新宮駅から車で約5分、徒歩約15分。

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)青岸渡寺(せいがんとじ)・那智大滝・那智原始林

他の二社とは異なり、山中の那智大滝への自然信仰をもとに発展しました。多くの滝と深い原生林に囲まれた那智山の中腹にあり、熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ、イザナミノミコト)を祀る本殿のほか、同じく世界遺産に登録された青岸渡寺(せいがんとじ)も隣接しています。熊野三山は神仏習合の修験道の道場でしたが、明治時代に神仏習合が廃止された際、他の二社では仏堂は全てなくされましたが、熊野那智大社では如意輪堂が残り、のちに信者の手で青岸渡寺として復興しました。また、近くには那智大滝があり、落ち口の幅は13メートル。約133mの高さから一気に流れ落ちる様子は迫力があります。


JR紀伊勝浦駅または那智駅よりバスで15~20分

補陀洛山寺(ふだらくさんじ)

4世紀ころ、インドから熊野の海岸に漂着した裸形上人によって開山されたと伝えられる古寺。平安時代から江戸時代にかけて人々が那智の浜からインドの南端にある観音浄土とされる補陀洛山(ふだらく)へ小船で旅立った宗教儀礼「補陀洛渡海」(ふだらくとかい)で知られています。


JR 紀勢本線 那智駅 徒歩3分

高野山の史跡

金剛峯寺(こんごうぶじ)

高野山は816年、真言宗の宗祖・空海(弘法大師)により1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの山中に開かれました。空海が入定した地でもあり、奥の院には空海が今も瞑想しているとされる御廟があります。
荒廃した時期もありましたが、弘法大師が眠る聖地として平安時代に再興され、有力者の寄付で寺院も多数建てられ、最盛期には2,000もの堂舎があったそうです。「金剛峯寺」の名前は空海が名付けたもので、元々は高野山全体を指しましたが、明治時代以降は高野山真言宗の管長が住む寺院を「金剛峯寺」と称するようになりました。
山全体が境内で、現在は山中に117ヶ寺が立ち並びます。山の中心は壇上伽藍(だんじょうがらん)と呼ばれる一画で、空海が生前にお堂を営んだ場所。そのほか中門、金堂、根本大塔、西塔、御影堂(みえどう)などの建物が並びます。


南海高野線 極楽橋駅より南海高野山ケーブルで高野山駅

慈尊院(じそんいん)

高野山のふもとにある真言宗の寺院。伽藍や高野山の庶務を管理する寺務所として空海に建てられました。高齢となった空海の母・阿刀氏が高野山を一目見ようとやって来たところ、当時の高野山は女人禁制だったため、麓にある慈尊院に滞在し、本尊の弥勒菩薩を篤く信仰しました。空海はひと月に9度(というくらいひんぱんに)20数kmの山道を下って母を訪ねたので、この辺りに「九度山」という地名が付けられたのだとか。女人結縁の寺としても知られ「女人高野」とも呼ばれています。


南海高野線九度山駅から徒歩約20分(約1.5km)

丹生官省符神社(にうかんしょうぶじんじゃ)

816年に空海によって創建された神社で、高野山が領主だった荘園の鎮守神とされています。


南海高野線九度山駅より徒歩約20分

西日本旅客鉄道和歌山線高野口駅より徒歩約30分

参詣道

→地図の詳細 参考:和歌山県世界遺産センター

大峰奥駈道(おおみねおくがけみち)

紀伊半島の大峯山の尾根伝いに奈良の吉野から熊野本宮大社までを南北に結ぶ、およそ170kmの道です。修験道の修行の場でもあり、「靡」(なびき)と呼ばれる75か所の修行場が設けられています。標高1000~1900mの尾根を通るため、熊野古道の中で最も険しいルートだとか。


熊野参詣道(くまのさんけいみち)

熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)への参詣道で紀伊半島のなかを三重県、奈良県、和歌山県、大阪府にまたがります。紀伊路(旧淀川河口の渡辺津~和歌山県中南部の田辺)、中辺路(田辺~熊野本宮大社~熊野那智大社~熊野速玉大社)、大辺路(田辺~熊野那智大社、約120km)、小辺路(高野山~熊野本宮大社 約70km)、伊勢路(熊野本宮大社~伊勢神宮と熊野速玉大社~伊勢神宮 約160km)の5つの道で構成されます。


高野山町石道(こうやさんちょういしみち)

高野山上の壇上伽藍・根本大塔から慈尊院までの約22kmの道で、高野山へお詣りする際の表参道です。1町(約109m)ごとに町石(ちょういし)と呼ばれる高さ約3m強の五輪卒塔婆形の石柱が建てられており、空海が高野山を開山して以来の信仰の道とされます。

ページの先頭