Sony
Sony
メニュー
閉じる

旅行

日光の社寺

[No.10/世界遺産登録:1999年12月/文化遺産]

見ざる聞かざる言わざるの三猿で知られる、徳川将軍家のサンクチュアリ

日光山の中にある東照宮、二荒山神社、輪王寺の103棟の建造物(国宝9棟、重要文化財94棟)と、周囲の自然環境・景観がワンセットで世界遺産に登録されています。


二荒山神社と輪王寺は奈良時代に山岳信仰の社寺として創建されました。江戸時代になり日光東照宮が造られると、東照宮、二荒山神社、輪王寺と日光山内の仏堂、神社、霊廟などのすべてを含めて「日光山」あるいは「日光三所権現」と称され、神仏習合の信仰が行われるようになりました。明治時代には神仏分離令により再び神社と寺に分離され、今日では「二社一寺」と呼ばれています。


東照宮は天才的な才能をもった建築家たちが江戸時代当時の建築様式で作ったもので、その絢爛豪華さからは、東照宮を造らせた徳川将軍家の栄華を見ることができます。東照宮より古い歴史を持つ二荒山神社や輪王寺、日光山の自然環境からは「山や森が神聖な意味を持ち、信仰の対象となる」という日本人の自然観や荘厳な雰囲気を感じます。


なお日光山内にある東照宮、二荒山神社の本社、輪王寺の建造物は隣接しているので、「二社一寺」の多くはまとめて観光することができます。

登録対象の史跡

二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)

1200年以上前に造られ、日光山信仰の始まりとなった古社で、二荒山(男体山)をご神体として祀っています。現在では縁結びのご利益でも人気です。本社は日光山に、中宮祠は男体山のふもとの中禅寺湖湖畔に、奥宮はその山頂にあります。日光山内の入り口にある木造朱塗りの美しい橋「神橋」は、本社の建造物で、「日光の社寺」の玄関ともいえる橋になっています。神社の神域の広さは3,400haにも及び、華厳の滝や、紅葉の季節に多くの人が足を運ぶいろは坂も含まれます。


本社:JR日光線日光駅、東武日光線東武日光駅より東武バス 大猷院 二荒山神社前にて下車すぐ



東照宮(とうしょうぐう)

江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を祀る神社です。東照宮は家康を祀った神社のことで、日本各地にあります。正式名称は地名等を冠称しない「東照宮」ですが、他の東照宮との区別のため、しばしば「日光東照宮」と呼ばれます。

建物にはところどころに漆や極彩色がほどこされ、柱などには数多くの彫刻が飾られており、絢爛豪華な印象ですが、これらは単なるデザインではなく、いろいろな教えが込められているそうです。
東照宮には多くの動物の木彫りがありますが、これらは「平和」を象徴しているものとされています。奥社の入り口にある左甚五郎作の「眠り猫」とその裏面に彫られた雀は「(裏で雀が舞っても)猫も寝るほどの平和」を表しているそうです。

また、ご神馬をつなぐ厩(うまや)である神厩舎には、8枚の猿が彫られています。これは猿の一生、ひいては人間の平和な一生の過ごし方を説いているのだとか。なかでも「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿の彫刻が有名です。これは「悪事を見ない、言わない、聞かない」という教えでしたが、転じて「自分に不都合なことは見ない、言わない、聞かない方がいい」という意味に。

建物全体が500以上の極彩色の彫刻で覆われている陽明門は、一日中見ていても飽きないということから「日暮御門」という異名を持ちますが、この彫刻も故事逸話や子供の遊び、聖人賢人の教えなどを表したものなのだとか。


JR日光線日光駅、東武日光線東武日光駅より東武バス 神橋にて下車、徒歩8分

日光宇都宮有料道路日光ICより約10分

輪王寺(りんのうじ)

天台宗の門跡寺院で奈良時代に造られ、近世には徳川家の庇護を受けて栄えました。多数の国宝・重要文化財があり、三代将軍・徳川家光を祀った大猷院(たいゆういん)や本堂である三仏堂などの古建築も多いです。境内地は標高 約630mの日光山山内(さんない)と、いろは坂を登った標高 約1300mの奥日光から成ります。輪王寺というお寺があるのではなく、日光山の山中にある寺院群全体を輪王寺と総称するそうです(比叡山延暦寺と同じ)。


JR日光線日光駅、東武日光線東武日光駅より東武バス 勝道上人像前もしくは大猷院 二荒山神社前にて下車すぐ

ページの先頭