Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

旅行

SONY

旅行

屋久島

[世界遺産登録:1993年12月/自然遺産]

日本初の世界自然遺産となった、雨と美しき森の島

屋久島は鹿児島県の南南西約60kmにあり、面積504.29 km2、海岸線の長さは130㎞、円形に近い五角形の島です。淡路島よりやや小さく、北海道、本州、四国、九州を除く日本の島では7番目の大きさです(意外と大きい)。また、屋久島の西方約12kmにある口永良部島(くちのえらぶじま)では2015年5月に噴火が起き、島民が屋久島に避難しました。


島のほぼ全域が山地で、1,000mから1,900m級の山々が連なり、中央部には日本百名山の一つで九州地方最高峰の宮之浦岳 (1,936m) がそびえます。海からの湿った風がこれらの山にぶつかるため、「一か月のうち三十五日は雨」と表現されるほど大量の雨が降ります。年間降水量は平地で約4,000mm、山地では約 8,000mmから10,000mmに。そのため島の90%は森です。
なお、気象庁の各観測地点の年間降水量ランキング(1981~2010年の平年値)では鹿児島県屋久島が4477.2mmと堂々の日本全国1位です。


島の中央部の宮之浦岳を含む屋久杉自生林や西部林道付近など、島の面積の約21%にあたる107.47平方メートルが世界自然遺産地域です。


温帯最下部のほぼ亜熱帯に属する地域にありながら、2,000m近い山があるため、亜熱帯から亜寒帯に及ぶ多様な植物相が島の中に混在しています。海岸付近の低地ではガジュマルなど亜熱帯性の植物がある一方で、標高が上がるに従い木々の種類も変わり、標高約1,600m以上は高山のようになります。山頂付近の年間平均気温は約6~7℃で冬は雪が降るほど。日本国内で積雪が観測される最南端の場所なのだとか。


また、屋久島を流れる川は放射状に広がっており、その数は140にも及びます。傾斜が急な山に大雨が降るため深い渓谷が刻まれ、河床は急勾配。滝もたくさんあります。きれいな湧水も豊富なので、登山や森を散策する人はペットボトルを持参すれば飲み水には困りません(山岳ガイドさん談)。なお、有名な屋久島特産の芋焼酎「三岳(みたけ)」は屋久島の水から作られており、湧水で割って飲むのがおすすめです。


屋久杉やトレッキングなど「山」の印象が強い屋久島ですが、他にも見どころや遊び方は多彩。北半球最大のアカウミガメの産卵地で、5月~7月にかけてウミガメの産卵を見学できる永田いなか浜や、普段は海の中に沈んでいて干潮前後の約2時間×1日2回だけ入浴できる平内(ひらうち)海中温泉(水着禁止で完全混浴とワイルド!)、川を使ってのウインドサーフィンやSUP(Stand Up Paddle)、リバー&シーカヤックなど、山・海・川で自然を楽しむことできます。


屋久島への主な交通アクセスは飛行機と高速船です。鹿児島空港~屋久島空港は1日5~7便(約40分)。伊丹空港と福岡空港から屋久島空港への直行便も1日1便づつあります(所要時間はそれぞれ約1.5時間、約1時間)。羽田空港から屋久島への直行便はなく、鹿児島空港で乗り換えます。
高速船トッピー・ロケットは鹿児島港~屋久島(宮之浦港もしくは安房港)を結びます。屋久島への直行便と種子島経由の便があります。直行便だと所要時間は約2時間ですが、季節や曜日によって運航ダイヤは異なるので、詳細は高速船のHPをご確認ください。

屋久島のスポット

縄文杉(じょうもんすぎ)

屋久島の標高500mを超える山地に自生し、樹齢1,000年以上のスギを屋久杉と呼びますが、そのなかでも最大のものが縄文杉です。樹高30m、幹周16.1m、樹齢は推定3,000年以上にもなります。
世界遺産登録地域にあり、見るには8~10時間程度の登山が必要です。また、縄文杉にたどり着くまでには、ウィルソン株(巨大な屋久杉の切り株で、空洞の中に入って見上げるとハート形の空が見える)、大王杉(樹高24.7m、胸高周囲11.1m、樹齢3,000年以上 最古の木と推測されています)などさまざまな巨木も見ることができます。


屋久杉自然館より荒川登山バスで40分、荒川登山口にて下車
荒川登山口からトロッコ軌道8.1kmと大株歩道入口からの登山道2.6kmを登山

宮之浦岳(みやのうらだけ)

標高1,936 mで、屋久島ならびに九州地方の最高峰。山域は世界遺産登録地域です。緑の中に花崗岩の石群が散在し、頂上からは360度広がる絶景が楽しめます。登山ルートはいくつかありますが、よく歩かれているのが、縄文杉ルートと淀川ルート。淀川ルートは日帰りも可能ですが、それ以外のルートは山中の山小屋に泊まることになります。


主な登山ルート

縄文杉ルート(大株歩道):荒川登山口 - ウィルソン株 - 縄文杉 - 新高塚小屋 - 宮之浦岳
淀川ルート:紀元杉 - 淀川小屋 - 花之江河 - 栗生岳 - 宮之浦岳
楠川歩道:楠川 - 白谷雲水峡 - 縄文杉 - 宮之浦岳
安房歩道:ヤクスギランド - 石塚小屋 - 花之江河 - 宮之浦岳
永田歩道:永田 - 鹿之沢小屋 - 永田岳 - 宮之浦岳

白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)

標高600~1,100mにあり、424haと広大な自然休養林です。1時間~4時間程度と複数の散策コースがあり、照葉樹林や屋久杉などの原生林を比較的ラクに見ることができます。森の中は常に潤っており、照葉樹林の足元は美しい緑色のシダや苔で覆われています。原生林の中を流れる白谷川の清流やところどころにある滝、空気が美味しい森は散策すると気持ちが良く、リフレッシュできます。なかでも映画「もののけ姫」の舞台のモデルの一つと言われる「苔の森」や屋久島の山々が一望できる太鼓岩が人気です。
※世界遺産登録地域ではありません


屋久島交通バス 白谷雲水峡にて下車すぐ

屋久島のおすすめアクティビティ屋久島のおすすめアクティビティ

ページの先頭