Sony
Sony
メニュー
閉じる

旅行

白神山地

[No.1/世界遺産登録:1993年12月/自然遺産]

日本初の世界自然遺産で、約4000種の生き物が住む世界最大級のブナ原生林

白神山地は青森県の南西部から秋田県北西部にかけて広がっている標高1,000m級の山地で、全体の面積は130,000ha。そのうち、林道などの整備が全く行われなかった中心地域の約17,000ha (169.7km2) が「人の影響をほとんど受けていない原生的なブナ天然林が世界最大級の規模で分布している」として1993年に日本で初めて世界自然遺産に登録されました(登録地域のうち74%の126.3km2が青森県、残る43.4km2が秋田県)。


世界遺産地域は中央の核心地域と周辺の緩衝地域に区分されています。青森県側の核心地域に入るには事前に森林管理署長に報告する必要があり、秋田県側の核心地区は原則的に入山禁止です。また、これらの地域は世界遺産登録以降、開発を行わず、現状のまま保護されることになっています。そのため、核心地域には道らしい道はありません。
緩衝地域には林道があるため、天狗岳、小岳、二ツ森、白神岳などの頂上からは世界遺産登録地域を一望することができます。観光地も多く、暗門(あんもん)の滝や樹齢四百年といわれるブナの巨木「マザーツリー」がある津軽峠、コバルトブルーに輝く青池が有名な十二湖など見どころ満載です。


白神山地をおおうブナの原生林は氷河期が終わり、日本列島が温暖になってきた約8000年前に形成されました。ブナの木は腐りやすく加工した後に曲がりやすい性質があり、木材としては重宝されませんでした。使い道が少ないため「木ヘンに無」と書いて「ブナ」と読んだほどです。その結果伐採を免れ、原生林が今日まで残ることになりました。


一方、ブナは「緑のダム」と呼ばれるほど高い保水能力があります。樹齢200年くらいのブナの樹だと1本あたり約8トンの地下水を保水するほどです。また、ブナ林は動物の餌となる植物が多いため、白神山地には何と約4000種類もの生き物が棲息しています。絶滅が心配されている天然記念物のクマゲラ(キツツキの一種)やイヌワシ、クマタカ、シノリガモ、カモシカ、ヤマネ、ツキノワグマ、ニホンザルなど多彩な動物たちを見ることができます。


白神山地は膨大な広さですが、主な交通アクセスは青森県側から入山する場合は深浦町、鰺ヶ沢町、岩崎村から、秋田県側から入山する場合は八森町、二ツ井町からとなります。


白神山地(しらかみさんち)のスポット

暗門の滝(あんもんのたき)

ブナ林を抜けて暗門川の渓畔を歩き、下流から第三の滝(26m)、第二の滝(37m)、第一の滝(42m)の順番で3つの滝を巡る、白神山地でも人気随一のトレッキングコース。6月下旬(残雪や水量によってはそれ以降)には滝の下まで足場が組まれます。片道約3km。アップダウンもあり、往復すると2時間半ほどかかります。


JR弘前駅からコースの入山口であるアクアグリーンビレッジANMONまで車で約1時間

白神の森(しらかみのもり) 遊山道(ゆうざんどう)(きゅう)ミニ白神(しらかみ)

人の手がほとんど加えられていないため、世界遺産核心地域と同様のブナ林を体感できるトレッキングコース。外回り2.2kmのコース(所要時間は約1~1.5時間)と、内回り1.1km(所要時間は30分~1時間)が選べます。樹齢200年を越えるブナもあり、ブナの木の音を聞くための聴診器が設置されていたり、熊の爪痕があったりと飽きずにトレッキングが楽しめます。


JR鰺ヶ沢駅から車で約30分

青池(あおいけ)十二湖(じゅうにこ)

十二湖は白神山地の青森県側のふもとの津軽国定公園なかにある池や湖の総称で、実際には33の湖で構成されています。青池はそのうちのひとつ。湖の色は透明度が高く、魚も泳いでいますが、藍を流し込んだような青色で、未だに青い理由は解明されていないのだとか。春から夏にかけて特にきれいに見えるそうです。


JR五能線十二湖駅より弘南バスにて奥十二湖下車 徒歩10分

ページの先頭