Sony
Sony
メニュー
閉じる

旅行

沖縄旅行特集

宮古島や石垣島もいいけど、ちょっとマニアックな離島はいかが?

通が選ぶ!知られざる沖縄の離島10選

慶良間諸島にある一番小さな有人島「慶留間島(げるまじま)」

慶良間諸島の一つで、人口は100人足らずのこぢんまりとした島。那覇の泊港から船で阿嘉島下船後、橋を渡って行くのだが、阿嘉島からの交通手段はレンタサイクルか宿の人による送迎のみ。レンタカーもタクシーもない。海は湾内なのでとても穏やか、島の子供たちの遊び場になっている。観光客もほとんどいないので、プライベートビーチ感覚を味わえる。

編集部おすすめ

人気の慶良間諸島にありながらアクセスがよくないせいか、慶留間島は観光客が少なくとても静か。島内に流れる時間はとてもゆるやかで、何もせずにゆったり過ごすには最高の場所だ。

フクギ並木、赤瓦の古民家。美しきたたずまい「渡名喜島(となきじま)」

慶良間島の先にある島で、宿は数軒のみ。一日1~2便あるフェリーは直行便ではなく、海の状態によっては寄港できない。そのせいか、トップシーズンも観光客で混み合うことはほとんどない。海はもちろん美しく、穏やかだが海水浴場としての設備はない。ひたすらのんびり、何もしないぜいたくを味わうにはもってこいの島だ。

編集部おすすめ

沖縄の伝統家屋が多く残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているほどに美しい。道路はほとんど舗装されていず、道幅も狭いので自転車やエコカーレンタルでの散策がおすすめ。

沖縄のハワイ島!?火山が生んだワイルドな景観「粟国島(あぐにじま)」

那覇からフェリーで約2時間、映画「ナビィの恋」の舞台にもなった粟国島は、周囲12.8キロの小さな島。数百年前の火山活動によってできたダイナミックな地形が特徴で、島の西側には高さ70メートル以上の断崖が数十メートルも続く。一方、東部はリーフに囲まれ、美しく穏やかなビーチが広がり、他の離島にはない独特の景観が見られる。

編集部おすすめ

いわゆる南国リゾート的な離島とは違う、通好みの島。映画「ナビィの恋」に登場するような赤瓦の古民家や粟国島ならではの地形を、ガイド付きで散策できる粟国村観光協会主催の島内巡りがおすすめ。

琉球国王生誕の地。「伊是名島(いぜなじま)」

沖縄本島北部・今帰仁村からフェリーで55分。琉球王国・第二尚氏初代国王「尚円王(しょうえんおう)」が生まれた伊是名島は小高い山が連なり、サンゴ礁に囲まれた風光明媚な島。シュノーケリングなどマリンスポーツの宝庫である一方、尚円王ゆかりの史跡が多く残り、見どころ豊富。また、猛毒を持つハブがいないので気軽にアウトドアを楽しめる。

編集部おすすめ

荒々しくも美しい山の姿は、伊是名島出身の版画家・名嘉睦稔さんの作品に描かれている風景そのもの。マリンスポーツだけでなく、トレッキングや史跡巡りなどで島を丸ごと楽しんでほしい。

“タッチュー”がシンボル春は100万輪のゆりが咲き誇る。「伊江島(いえじま)」

美ら海水族館の近く、本部港からフェリーで30分の離島。フェリーは一日4~5往復出ており、車も乗れるカーフェリーなので行きやすく、沖縄では子供たちの遠足地としても人気が高い。海はもちろんきれいでマリンスポーツも楽しいが、島のシンボル「タッチュー(城山)」はぜひ登って欲しいスポット。頂上からの景色は文句なしに絶景だ。

編集部おすすめ

手軽に行けるとあって人気急上昇中の伊江島だが、沖縄戦の激戦地でもり、戦争の爪痕が今でも多く残る。美しい自然を満喫しつつも、ぜひ平和学習の時間を。

【 更新日 】2017年7月31日

ページの先頭