Sony
Sony
メニュー
閉じる

旅行

沖縄旅行特集

人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介

「沖縄本島カフェ巡り」 女性に人気の旅

海や山など豊かな自然のロケーションを生かした絶景カフェや、地元の食材を使った料理のおいしいカフェなど、沖縄には魅力的なカフェがたくさん。カフェを知り尽くした達人が、おすすめの楽しみ方を紹介する。

「外人住宅」をリノベーションするなどセンスの良いカフェも多い

目の前に広がる大きな海を眺めたり、亜熱帯の深い緑に包まれたり。または、どこか懐かしさを感じさせる赤瓦屋根の古民家で、地元の食材をふんだんに使ったおいしい料理を楽しんだり。いま、沖縄の自然や文化を体感できるカフェが増えている。それらは「沖縄」という素材を存分に活かしながら、オーナーの世界観でオリジナリティを発揮し、魅力的な空間を生み出しているのだ。沖縄のいまを感じることができる、カフェの楽しみ方を紹介しよう。

沖縄らしい自然を満喫できる「ロケーションカフェ」

目の前に広がる海を見渡せば、癒されること間違い無し

沖縄の魅力と言えばなんといっても自然。青い海に広い空。沖縄本島北部の「やんばる」へと赴けば、深い緑が待っている。そんな自然の景観を満喫できる「ロケーションカフェ」の存在も、沖縄カフェの大きな特徴。そもそもこのロケーションカフェは、平成6年(1994)、本島南部の南城(なんじょう)市に「浜辺の茶屋」がオープンした頃から少しずつ増え始めた。浜辺の茶屋は文字通り浜辺に位置し、目の前に見えるのは海だけという絶景。そのうつくしい眺望もあって多くの観光客でにぎわうようになった。本島南部は、この浜辺の茶屋を筆頭に、広大な海の眺めを売りにするカフェも多い。どこまでも広がる青い海は、沖縄に来たら1度は見ておきたい風景だ。
やんばるに足を向ければまた景色が変わり、森に包まれた自然豊かなエリアの中にカフェが点在している。一面の緑に囲まれて過ごす時間は、豊かでいて癒しに満ちている。「海も森も、沖縄の魅力のひとつ。ぜひカフェを通して、この自然を満喫して欲しいと思います」とセソコさんは言う。

地元の食材を活用した料理が魅力のカフェ

厳選された地元の素材から作られた料理はおいしい!のひとこと

地元の野菜を使うカフェは日本各地にあるが、沖縄には独特の食文化、食材があり、それを味わえるのも魅力とセソコさんは言う。「カフェというと雰囲気重視、料理は二の次という印象を持っている人もいるかもしれませんが、沖縄のカフェを侮るなかれ。素材にこだわり、オリジナリティを出しつつ丁寧な料理を提供してくれる店が非常に多いんです」。これらのカフェの特徴は、地元の素材を使いながらも、その使い方が自由であたらしいこと。例えば那覇市にある「浮島ガーデン」では県内の生産者からオーガニックな食材を仕入れたり、同じく那覇市の「ピパーチキッチン」は地元の香辛料をテーマにしたりと、それぞれに食材を生かした料理を提供してくれる。食を通して沖縄を感じ、学べることが沖縄カフェの魅力だとセソコさんは語る。「ゴーヤーなどの食材も、今では日本各地で食されるようになってきました。こうした沖縄の食材をどのように料理するとおいしくいただけるか、自分で料理をするときの参考にもなると思います」。

島の「素材」を活かした沖縄カフェの魅力

自然や建物など、沖縄の「素材」を活かしたカフェ

ほかに沖縄のカフェの特徴としてあげられるのが赤瓦屋根の古民家や、外人住宅を利用したリノベーションカフェだ。前者はその懐かしい佇まいを利用して、沖縄料理や沖縄そば、ぜんざいなど、良い意味での「田舎」を感じさせる店が多く、まるでタイムスリップをしたかのような非日常感を味わえる。
 一方後者は、本島中部を中心とした米軍基地の周りに多く見られ、箱型のコンクリート建築が特徴的な外人住宅を改修することで、センス良く個性的なカフェとして活用しているもの。扉を開けて一歩中に入れば、どこか異国に来たかのような雰囲気があり、観光客にも人気だ。
「自然、食材、建物と、沖縄にもともとある“素材”を活かしているのが沖縄のカフェの特徴。だからこそ、どのカフェに行っても沖縄を感じることができるのです。そこでどんな時間を過ごしたいのか、どんな気分になりたいのか。そのときの気持ちに合わせて、好みのカフェを選んでくださいね」。一見、新しくてお洒落なカフェも、どこかしら沖縄の自然や人々の暮らしに根付いているものがある。そうした沖縄らしさとの出合いこそ、カフェめぐりの醍醐味だ。

【 更新日 】2018年2月29日

沖縄本島のおすすめカフェ 店舗はこちらで紹介

ページの先頭