Sony
Sony
メニュー
閉じる

旅行

あじさい特集-シーズン旅行紀-

5~7月に開花し、6月上旬~7月上旬の梅雨シーズンに見ごろをむかえる花、あじさい。
淡い水色から青やピンク、赤と少しずつ変化する花の色と可愛らしい形で私たちを楽しませてくれます。桜や紅葉のようにあじさいを見に、多くの人が名所に集まり、今では初夏の風物詩として親しまれている花です。でも実はあじさいには不思議な点があるようで…。

漢字で書くと「紫陽花」でも、この字は“勘違い”だった!?

唐の詩人・白居易(白楽天)の詩に登場する「紫陽花」の特徴から、平安時代中期の歌人・源順(みなもとの したごう)があじさいの漢字を「紫陽花」としました。でも、唐の時代、中国にはあじさいはなかったのです…続きを見る

「移り気・浮気」と「忍耐強い愛」対照的な花言葉があじさいにつけられた理由

水色から青やピンク、赤と少しずつ変化する花の色からポジティブ/ネガティブな解釈と花言葉が。でも、そもそも何で花の色が咲いている途中に変わるのか?じつはこれにはサイエンスな理由が…続きを見る

今では初夏の風物詩、だけど実は戦後までず~っと人気なし

奈良時代から日本にあったあじさい。でも、今のように桜や紅葉のように花の美しさで注目されるようになったのは、つい最近のことなのだとか?不人気な時代が長かった理由は…続きを見る

梅雨の時期こそ楽しめる!おすすめ旅スポット

【東京】白山神社

東京都文京区にある白山神社を中心に、毎年6月上旬頃(6/10~20日前後)行われるのが「文京あじさいまつり」。白山神社と白山公園に植えられた約3000株にも及ぶ、色彩が濃い目のあじさいは圧巻です。

都営三田線白山駅、東京メトロ南北線本駒込駅より徒歩5分

【東京】高幡不動尊金剛寺

東京のあじさいの名所としても知られ、毎年6月初旬~7月初旬にかけて、あじさい祭りが行われ、多くの人で賑わいます。新選組土方歳三の菩提寺でもあります。

京王線高幡不動駅より徒歩3分
多摩都市モノレール線高幡不動駅より徒歩徒歩5分

【東京】東京サマーランド

ファミリーパークにある広さ約3万平方メートルのあじさい園には、約60品種15000株のあじさいがずらり。園の一角には北米原産で純白のあじさい「アナベル」が群生しており、「アナベルの雪山」として親しまれています。

JR五日市線秋川駅よりバスで約10分 JR八王子駅よりバスで約30分

入園券
おとな(中学生以上60歳まで)夏季期間(7/1~10/1)3500円 通常期間(3月~6月/10月2日~11月の営業日)2000円
小学生 夏季期間2500円 通常期間1000円
幼児・シニア(2歳~未就学児・61歳以上)夏季期間1800円 通常期間1000円

【神奈川】長谷寺

「あじさいの径(こみち)」として山の斜面いっぱいに40種類以上、約2500株のあじさいが植えられています。こみちを登れば、鎌倉の街並みや由比ヶ浜、更には三浦半島や相模湾を一望できます。

江ノ電長谷駅より徒歩5分

【神奈川】明月院

鎌倉を代表する「あじさい寺」です。境内のほとんどのあじさいは「ヒメアジサイ」と呼ばれる日本古来の品種で、青一色の見事な統一感と透明感のある美しさは「明月院ブルー」と呼ばれています。

JR横須賀線北鎌倉駅より徒歩10分

【神奈川】箱根登山電車”あじさい電車”

電車は箱根湯本駅をスタートして大平台・宮ノ下と箱根の山を登り、強羅駅までを約40分で結びます。電車の車窓から花を楽しめるため、”あじさい電車”と呼ばれています。標高差があるため各地点での花の見ごろは少しずつ異なり、7月下旬頃まで楽しめます。

昼は通常の乗車券のみで乗車可能。全席指定の特別列車「夜のあじさい号」は予約が必要。

【千葉】本土寺

四季折々の花の名所としても有名なお寺で、山内の一番奥にある「菖蒲池」では6月の上旬から下旬にかけて、5000本の花菖蒲と、10種類50,000本以上のあじさいが咲き誇ります。

東京メトロ千代田線北小金駅北口より徒歩10分

【千葉】花野辺の里

南房総・勝浦にある自然園で、3万坪の敷地に四季折々の花が咲きます。5月下旬から7月上旬にかけて、山あじさいや西洋あじさいなど6万株のあじさいが楽しめます。

JR外房線勝浦駅よりタクシーで約7分(3.4km)

入園料大人 650円 小人(3才以上) 450円

【埼玉】幸手権現堂

毎年、6月初頭から7月初頭にかけてあじさいまつりが開催されます。ボランティアの手で植えられ、いまでは100種16,000株にまで増えた色とりどりのあじさいの花が迎えてくれます。

東武日光線幸手駅からバスで15分 権現堂下車 徒歩で5分

【埼玉】ふじとあじさいの道

約1500メートルの遊歩道をふじと約10,000本のあじさいの花が取り囲みます。

東武伊勢崎線加須駅もしくはJR高崎線鴻巣駅からバス 福祉センター前下車すぐ

ページの先頭