Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

旅行

旅行

情緒薫る世界遺産の古都、ポーランドのクラクフでしたい7つのこと

「ポーランドの京都」と称される世界遺産の古都・クラクフ。第2次世界大戦で多くの街が被害を受けたポーランドにあって、戦災を逃れたクラクフには中世の街並みがそのまま保存されています。

およそ550年間にわたってポーランド王国の首都として栄えただけあって、この街には見どころがいっぱい。そんなクラクフでしたい7つのことをご紹介します。

ヴァヴェル城でポーランドの黄金時代を感じる



クラクフ最大の見どころといえるのが、旧市街の南のはずれにそびえるヴァヴェル城。歴代ポーランド王の居城として名高いこの城は、ヴィスワ川沿いの広大な敷地に、大聖堂や旧王宮といったさまざまな見どころが詰まった複合建築物です。


なかでも目を引くのが、400年の長きにわたってポーランド国王の戴冠式の舞台となった、ヴァヴェル大聖堂。黄金色のドームが輝く壮麗な姿は、ポーランドの黄金時代の象徴です。

堂々たる外観のみならず、ポーランドの守護聖人である聖スタニスワフの聖遺物が納められた内部も圧巻。この大聖堂がポーランドでも別格の存在であることが肌で感じられることでしょう。

旧王宮を訪ねれば、16~17世紀当時の様子を再現した豪華な部屋の数々や、王家の肖像画、王が収集した16世紀のタペストリーなどから、王家の繁栄ぶりがしのばれます。

 

記事一覧

ページの先頭