Sony
Sony
セルライト解消

美容 2017.06.15 セルライト解消の鍵は血の巡りにあり!太ももストレッチで血行に働きかける

肌の露出が多くなるこれからの時期、多くの女性を悩ませるのが「セルライト」です。太ももやお尻にできてしまったボコボコが気になって水着姿になれない…という方もいるかもしれませんね。 そもそもセルライトとは一体何なのか、セルライトを解消するために何ができるのか、ご紹介しましょう。

セルライトとは?

セルライトとは皮下脂肪

美容業界で呼ばれ始めたセルライトという単語ですが、一般に知られ始めた頃には医学的根拠の無い説明も多く広まりました。いくつもの脂肪細胞が付着して固まったもの、皮下脂肪組織がコラーゲン繊維と混合されたもの、古い脂肪が老廃物を蓄えたもの…。

しかし実際は、ボコボコしているからと言って特別な皮下組織などではないというのが、現在の医学的な見解となっています。一言で表すと、セルライトは「肥大化した皮下脂肪」と考えて良さそうです。他の皮下脂肪と根本的には違いが無いと言えるでしょう。

セルライト解消には運動や血行の改善が必要

セルライト解消のためにはもみほぐす必要があると紹介されることがありますが、前述の通り、セルライトは皮下脂肪のため、マッサージで解消することはできません。皮下脂肪を減らすには運動を行う必要があります。

皮下脂肪が付きやすい部位は血行が悪く、触ると冷たく感じることが多いでしょう。適切な運動によって血行が良くなれば、脂肪も燃焼しやすくなります。皮下脂肪を減らす運動としては筋トレ有酸素運動が挙げられますが、継続が難しいという方は、簡単で毎日できるストレッチから始めてみると良いでしょう。大きく深呼吸をしながらストレッチを行うことで、有酸素運動のメリットも期待できます。

血行に働きかける!太もも裏のストレッチ

それでは、セルライトができやすい太もも裏側(後ろ側)のストレッチをご紹介します。ストレッチは、筋肉が温まっている運動後や入浴後がおすすめです。

ストレッチ1

血行に働きかけるストレッチ
  1. 両膝をしっかり伸ばして長座になります。
  2. 右膝を曲げ足の裏を左脚にくっつけます。
  3. 膝を曲げないように、上体を倒していきます。
  4. 太ももの裏が伸びていることを感じたら、その姿勢で20秒間キープします。
  5. キープし終わったら、脚を入れ替え、同様に行います。

このストレッチのポイントは、上体を前に倒す際に背中をまっすぐにしたまま、おへそを脚に近づける意識で行うことです。背中を丸めてしまうと、太ももよりも腰の筋肉が伸び、太ももの裏が伸びにくくなります。効果的に太ももを伸ばすためには背中を丸めないようにして行いましょう。

ストレッチ2

  1. あおむけに寝ます。
  2. 右膝を曲げ両手を右太ももの裏で組み、胸の方へ引きつけます。
  3. 右膝を胸の方に引きつけたまま、曲げている右膝をできるところまで伸ばします。この時、太ももの裏が伸びている感じがすれば大丈夫です。
  4. 伸びていることを感じる位置で20秒間キープします。
  5. キープし終わったら、脚を入れ替え、同様に行います。

曲げた膝を伸ばす時に、無理にまっすぐ伸ばそうとする必要はありません。太ももの裏が伸びる感じがするところでキープするようにしましょう。また、この時足首が90度になるように曲げておくことで、裏側の筋肉が意識しやすくなります。太ももの裏が伸びる感じがあまりしない方は、足首を90度にして行ってみてください。

おわりに

続けることで血行を改善し、セルライト解消のサポートとなるストレッチを紹介しましたが、残念ながらストレッチだけでは皮下脂肪を落とす効果はそれほど高くありません。効率良くセルライトを解消するためには、血行改善を促すストレッチと並行して有酸素運動や筋トレを行い、筋肉を刺激して体脂肪を燃焼させることも必要です。運動が苦手な方はストレッチから始めて、ストレッチに慣れてきたら、徐々に運動強度を高めましょう。

TEXT:トレチエ編集部
PHOTO:Adobe Stock

 

セルライト解消、太ももストレッチが気になった方はこちら!

ソネトレ

トレチエでは健康的な身体や美しさを手に入れるための情報をお届けしています。
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ