So-net

電話のかけ方・うけ方

「So-net フォン」を利用する前に、IP電話が正しく設定されているかどうか、IP電話対応機器の「VoIP」ランプの状態をご確認ください。ランプの状態については、機器付属のマニュアルをご覧ください。

電話のかけ方

電話をかける時は、一般加入電話と同じように受話器をあげてダイヤルします。電話をかける相手により、以下のような通話形態となります。

通話料金一覧表

通話先 通話形態 説明
「So-net フォン」(050) 「So-net フォン」 050から始まる相手先のIP電話番号にダイヤルしてください。
提携(無料接続)プロバイダのIP電話(050) 「So-net フォン」 050から始まる相手先のIP電話番号にダイヤルしてください。
無料接続プロバイダ一覧
有料接続プロバイダのIP電話(050) 「So-net フォン」

050から始まる相手先のIP電話番号にダイヤルしてください。ただし、相手先が「提携外プロバイダのIP電話サービス」の場合、「So-net フォン」での通話ができません。そのような場合は、一般加入電話の発信に切り替わります。

  • 一般加入電話での発信に切り替わらない場合は、電話番号の先頭に「0000」をつけてダイヤルしてください。
  • 一般加入電話をお持ちでない、または一般加入電話での発信に切り替える設定をしていない場合は、電話をかけることができません。

有料接続プロバイダ一覧

一般加入電話(国内)(03,045など) 「So-net フォン」 03などの市外局番を付けて、相手の電話番号をダイヤルしてください。
携帯電話(090,080) 「So-net フォン」 相手の携帯電話番号をダイヤルしてください。
「PHS(070) 「So-net フォン」 相手のPHS番号をダイヤルしてください 。
国際通話(010,0033-010) 「So-net フォン」 下記の「国際通話の場合」をご覧ください。
提携外プロバイダ(050) 一般加入電話

050から始まる相手先のIP電話番号にダイヤルしてください。

  • 一般加入電話をお持ちでない場合は、電話をかけることができません。
サービス対象外電話番号 一般加入電話

そのまま電話番号をダイヤルしてください。

  • 一般加入電話をお持ちでない場合は、電話をかけることができません。
  • 「So-net フォン」では、電話番号をダイヤルしてから呼び出し音が聞こえるまでに5秒程度の時間がかかります。
  • 一般加入電話から発信したい場合は、相手先電話番号の頭に「0000」をつけてダイヤルしてください。(ご利用の電話機によっては、相手先電話番号の頭に「0000」ではなく「00000000」をつけないと発信できない場合があります。お使いの電話機の取扱説明書をご確認ください。)一般加入電話からの発信の場合は、通話料金はご利用になった電話会社から請求されます。
  • 「So-net フォン」での通話ができない場合は、一般加入電話での発信に切り替わりますのでご注意ください。なお、一般加入電話をお持ちでない、または一般加入電話での発信に切り替える設定をしていない場合は、電話をかけることができません。
  • 市内通話でも市外局番を付けてダイヤルすると、「So-net フォン」の通話となります。(IP電話対応機器にお住まい地域の市外局番が設定済みの場合は、市外局番を省略してダイヤルできます。)
  • 相手先が「一般加入電話番号」と「050から始まる電話番号」をお持ちでも、「一般加入電話番号」にダイヤルしたものが自動的に「050から始まる電話番号」につながることはありません。「050から始まる電話番号」にダイヤルしたい場合は、相手先の「050から始まる電話番号」をお調べの上でダイヤルしてください。

国際通話の場合

ダイヤル方法は、通常の国際電話と同じです。下記のように、「010」+「相手先国番号」+「相手先電話番号」の順にダイヤルすれば、自動的に「So-net フォン」としての通話となります。

国際識別番号 日本から国外へ電話をかける時には、「010」をつけてダイヤルします。また、「010」の前に「0033」を付けても「So-net フォン」での通話ができます。(「0033」はNTTコミュニケーションズの識別番号です。)
010
+
相手先国番号 相手先国番号は、国際通話料一覧からご確認いただけます。
国際通話料一覧
例)1(アメリカ)
+
相手先電話番号 相手先電話番号に「長距離識別番号」が含まれているかどうかをご確認ください。国際電話では、長距離識別番号を省略してダイヤルするのが一般的です。特に電話番号の先頭についている「0」は、長距離識別番号の可能性があります。相手先電話番号の先頭に「0」がついている場合は、「0」を省略してダイヤルしてみてください。
※長距離識別番号とは、国内で長距離(市外)電話をかけるときの識別番号です。一部の国では、長距離識別番号が「0」でない場合や、国外からでも長距離識別番号を付ける場合もあります。ご不明の際は、大使館や国際電話会社などでお調べいただくことをお勧めいたします。
例)12-345-6789
  • 現地で契約している携帯電話にかける場合でも、「So-net フォン」の国際通話料と同じ料金です。
  • 日本で契約している携帯電話(ローミングサービス対応)へ電話をかける場合は、日本国内の携帯電話会社へつながった後に、携帯電話会社のローミングサービスを通じて、海外へ発信されます。そのため、「So-net フォン」の国際通話とはなりません。料金などの詳細は、携帯電話会社までお問い合わせください。

発信者番号の通知/非通知

発信者番号の通知/非通知は、「発信元の通話形態」と「IP電話対応機器の発信者番号通知の設定」によって決まります。

発信者番号を通知したい場合

IP電話機器の発信者番号通知設定 電話のかけ方
「So-net フォン」発信 通知する 相手先電話番号のみを入力
通知しない 186+相手先電話番号を入力
一般加入電話発信 通知する 相手先電話番号のみを入力
通知しない
  • お客さまが一般の電話回線でNTTに「非通知」設定をされている場合は、相手先電話番号の前に「186」を付ける必要がございます
  • 強制的に一般加入電話発信をする場合は、番号の先頭に「0000」を付ける必要がございます。

発信者番号を通知したくない場合

IP電話機器の発信者番号通知設定 電話のかけ方
「So-net フォン」発信 通知する 184+相手先電話番号を入力
通知しない 相手先電話番号のみを入力
一般加入電話発信 通知する 184+相手先電話番号を入力
通知しない
  • お客さまが一般の電話回線でNTTに「非通知」設定をされている場合は、「184」を付ける必要はございません。
  • 強制的に一般加入電話発信をする場合は、番号の先頭に「0000」を付ける必要がございます。

「So-net フォン」での通話の確認

ダイヤルしてから数秒後、「ド・ミ・ソ」といった音(ガイダンス音)が鳴ってから、呼び出し音が聞こえます。この音で、「So-net フォン」で通話するかどうかがわかります。また、IP電話対応機器の「VoIP」ランプの状態でもわかります。ランプの状態については、機器付属のマニュアルをご覧ください。

相手先
提携(無料接続)プロバイダのIP電話(050)
「So-net フォン」(050)
提携(無料接続)プロバイダのIP電話(050)
有料接続プロバイダのIP電話(050)
一般加入電話(国内)(03,045など)
携帯電話(090,080)
PHS(070)
国際通話(010,0033-010)
提携外プロバイダ
(050)
サービス対象外電話番号

相手先が「NTT東日本/NTT西日本」「NTTぷらら」「エヌ・ティ・ティ エムイー」が提供するIP電話端末の場合は、ガイダンス音が「ド・ミ」になります。

電話のうけ方

電話をうける時は、一般加入電話と同じように呼出音が鳴ったら受話器をあげます。電話をかけてくる相手には、お客さまの050から始まる電話番号にダイヤルしてもらいます。