Sony

各画面について

サイトセレクトの各画面についてご説明いたします。

1.現在の状態

No 項目 説明
利用者表示 現在の利用者を表示します。
「ON」 フィルタリングを開始します。
「OFF」 フィルタリングを終了します。
※OFFにするとすべての閲覧制限がなくなりますので、ご注意ください。
コメント欄 設定の内容や項目・画面の説明を表示します。
終了 管理画面を閉じます。


2.使い方の設定 - 利用者ごとに設定
利用者ごとに設定

No 項目 説明
利用者 クリックすると、クリックした利用者に設定したフィルタリングルールで閲覧できます。
変更 利用者のフィルタリングルールを変更できます。
削除 登録した利用者を削除します。
追加 利用者を追加します。利用者は6名まで追加可能です。
コメント欄 設定の内容や項目・画面の説明を表示します。
終了 管理画面を閉じます。


利用者詳細設定

Windows 7(Ver.2.3)
Windows 8 / Windows 8.1 / Windows 10(Ver.2.5)
No 項目 説明
名前 So-netのユーザーIDを指定します。
フィルタリングルール フィルタリングルールを選択します。
詳細設定 日時詳細設定画面が表示されます。
設定 設定を確定します。
キャンセル 設定をキャンセルします。
コメント欄 設定の内容や項目・画面の説明を表示します。
HTTPSフィルタリング設定 HTTPSアクセスがフィルタリングの対象となります。
セーフサーチ設定 Google、Yahoo!Japan、Bingのセーフサーチ機能を強制的にオンにします。
終了 管理画面を閉じます。


日時詳細設定

No 項目 説明
曜日 対象となる曜日を選択します。
開始 開始時間を設定します。
終了 終了時間を設定します。
状態 フィルタリング状態を選択します。
  • ・フィルタリング有効:フィルタリングルールに従って、Web閲覧に制限がかかります。
  • ・フィルタリング無効:どのページでも閲覧できるようになります。
  • ・Web閲覧禁止:フィルタリングルールに関係なく、どのページも閲覧できなくなります。
設定 設定を確定します。
キャンセル 設定をキャンセルします。


3.使い方の設定 - ルールの設定
ルールの設定

No 項目 説明
追加 新しいフィルタリングルールを追加します。
※初期設定の「子ども」「未成年」「成人」以外のフィルタリングルールを作成したい場合に使用します。
ルール選択 変更または削除の対象とするフィルタリングルールを選択します。
変更 フィルタリングルールを変更します。
※初期設定の「子ども」「未成年」「成人」は変更できません。
削除 フィルタリングルールを削除します。
※初期設定の「子ども」「未成年」「成人」は削除できません。
コメント欄 設定の内容や項目・画面の説明を表示します。
終了 管理画面を閉じます。


フィルタリングルールの詳細設定

No 項目 説明
設定の名前 設定の名前を指定します。
全許可 カテゴリに対してすべて許可の設定をします。
全投稿規制 カテゴリに対してすべて投稿規制の設定をします。
※フォームの入力や掲示板の書き込みなどができなくなります。
全規制 カテゴリに対してすべて規制の設定をします。
カテゴリ一覧 フィルタリング対象のカテゴリを表示します。「+」をクリックすると、サブカテゴリが表示されます。
ラジオボタン カテゴリおよびサブカテゴリに対して、「許可」「投稿規制」「規制」の3つから選択します。
設定 設定を確定します。
キャンセル 設定をキャンセルします。
コメント欄 設定の内容や項目・画面の説明を表示します。
終了 管理画面を閉じます。


4.使い方の設定 - URLの登録

No 項目 説明
URL一覧 登録したURLを一覧に表示します。
追加 フィルタリングを有効/無効にするURLを追加したい場合にクリックします。
変更 URL一覧からURLを選択してクリックすると、設定した内容を変更できます。
削除 URL一覧からURLを選択してクリックすると、設定した内容を削除できます。
カテゴリを選択 URLに対するカテゴリを決定します。カテゴリに対応したサブカテゴリも指定できます。
※[追加]ボタンをクリックすることで選択可能となります。
URL入力欄 URLを入力します。
※httpsやftpは指定することができません。
※[追加]ボタンをクリックすることで入力可能となります。
設定 設定を確定します。
キャンセル 設定をキャンセルします。
コメント欄 設定の内容や項目・画面の説明を表示します。
終了 管理画面を閉じます。


5.システム - システム設定

システム設定

Windows 7(Ver.2.3)
Windows 8 / Windows 8.1 / Windows 10(Ver.2.5)
No 項目 説明
接続設定 HTTPプロキシサーバをご利用の場合に設定します。設定の場合はチェックしてください。通常は必要ありません。
Webアクセス履歴設定 Webアクセス履歴を記録することができます。記録する場合はチェックしてください。
※チェックして[設定]ボタンをクリックした時点から、履歴取得を開始します。
※チェックを外しても、過去7日間の履歴は保存されています。
表示 Webアクセス履歴を記録した場合、履歴を参照することができます。
※過去7日間の履歴を表示します。
自動起動設定 パソコン起動時にフィルタリングを有効にすることができます。
※チェックをOFFにすると、フィルタリングが有効とならず、すべてのWeb閲覧に制限がかからなくなります。ご注意ください。
設定 設定を確定します。
コメント欄 設定の内容や項目・画面の説明を表示します。
HTTPSフィルタリング対象外ドメイン設定 ドメインを設定すると、設定されたドメインへのアクセスについてHTTPS通信のデコードを行わず、フィルタリング対象外とすることができます。なお、IPアドレスを設定することもできますが、①接続設定にプロキシが設定されている場合、IPアドレスによる設定は無効となります。
終了 管理画面を閉じます。


アクセス履歴

No 項目 説明
日付 表示する日付範囲を指定します。
利用者 表示する利用者を指定します。
表示 Webアクセス履歴を記録した場合、履歴を参照することが可能です。
ソートボタン 「日時」「利用者」「メインカテゴリ>>サブカテゴリ」「状態」「URL」それぞれのボタンをクリックすると、ソートすることが可能です。
URL クリックしてWebサイトを表示することが可能です。
登録 選択したURLのカテゴリを変更することができます。許可カテゴリ/不許可カテゴリそれぞれの設定が可能です。
ページ送り 「先頭」「前の100件」「次の100件」「最後尾」それぞれのボタンをクリックすると、ページ送りをすることが可能です。


6.システム - 認証設定

No 項目 説明
現在のパスワード 現在の管理パスワードを入力します。
変更後のパスワード 変更後の管理パスワードを入力します。
※6文字以上12文字以下で設定してください。
※半角英数字と以下の記号が設定可能です。
!\" #$()*+,-./:?@「」^`{|}~
変更後のパスワードを再入力 確認のため、変更後の管理パスワードを再入力します。
設定 変更を確定します。
コメント欄 設定の内容や項目・画面の説明を表示します。
終了 管理画面を閉じます。


7.システム - サポート情報

No 項目 説明
バージョン サイトセレクトのプログラムのバージョンです。
シリアル番号 サイトセレクトのシリアル番号です。
OS情報 ご利用のパソコンのOS情報です。
終了 管理画面を閉じます。