カタログ »  旧GyaOサービスをご利用のお客さま »  メールサービス(G)

旧GyaOサービス

メールサービス(G)

「メールサービス(G)」は、旧GyaOサービスをご利用のお客さま向けのメールサービスです。

対象:旧GyaOサービスをご利用のお客さま

※新規申込は受け付けておりません。ご了承ください。

メール転送機能とは

メール転送機能は、送信先やタイトルなどあらかじめ設定した条件に応じて、お客さまのSo-netのメールアドレス宛てに送られたメールを別のメールアドレスに転送できるサービスです。
例えば、特定の人から送られてきたメールを転送したい場合、メール 転送の条件に“Fromにabc@cde.ne.jp を含むメールを転送する”と設定すると、「abc@cde.ne.jp」からのメールを転送できます。

転送できるメールアドレス数について

転送先のメールアドレスは最大5件まで設定できます。

指定できる条件について

転送するメールアドレスには転送条件を2つのキーワードを1ペアとして5ペア、最大10件まで設定できます。
条件にはFrom(送信元)、To(宛先)、Subject(件名)、 Priority(重要度)がご指定いただけます。

条件 特徴
From(送信元) 特定の方から送られたメールを転送できます。
To(宛先) お客さまのメールアドレスを設定してください。
Subject(件名) 指定したキーワードを含む件名のメールを転送できます。
Priority(重要度) 指定した優先度のメールを転送します。※

※Priority(重要度)についてはこちらをご覧ください。

転送条件の有効範囲について

「指定した条件に合致したメールを転送する」、「指定した条件以外のメールを転送する」を選択できます。
これにより転送条件をブラック(拒否)リスト、ホワイト(許可)リストとして利用できます。
すべてのメールを転送することもできます。

転送部分の指定について

メールを転送する部分は「メールヘッダだけ」、「メール全体」を選択できます。
メール本文の確認が不要で送信者の確認だけ行いたい方は「メールヘッダだけ」を選択してください。
「メールヘッダだけ」を選択した場合の転送内容についてはこちらをご覧ください。

メール容量の制限について

メール容量制限は「メールの大きさに関係なく転送する」、「メールの大きさが10KB以下のメールだけを転送する」を選択できます。
携帯電話に転送を希望されるお客さまは「メールの大きさが10KB以下のメールだけを転送する」を選択してください。

メールボックスにメールを残す/残さないの指定について

「メールを転送元に残す」と「メールを転送元に残さない」を選択できます。
「メールを転送元に残す」を指定すると、 So-netのメールボックスに転送したメールを残します。
「メールを転送元に残さない」を指定すると、So-netのメールボックスには転送したメールを残しません。復元はできませんので十分注意してご利用ください。

一時停止と再開について

指定したメールアドレスへの転送を一時的に利用しない場合は「一時停止」を指定することで条件を残したままサービスを一時停止できます。
「再開」を指定することで再びサービスを利用できます。

転送設定の削除について

転送設定の削除を行うことで指定したメールアドレスへの転送設定を削除できます。

お知らせ