Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

株式投資入門

株式投資の準備をしよう!(口座開設)

  • Point.1手数料安いところを選ぼう!
  • Point.2バランスが良い会社を選ぼう!
  • Point.3証券会社を比較してみよう!

こんにちは、株王子こと、みんかぶの川島です。

今日は『口座開設!』。いよいよ株式投資を始める第一歩ですね。

株式投資を始める際にこの「口座開設」が皆さん初のアクションになると思います。実際に今まで考えて、目標金額も決めて、どういうことをやろうかなと考えた次のステップが口座開設です。よく聞かれる最初の悩みNo.1も実は口座開設です。

「どの会社で口座開設したら良いのですか?」
「取引しやすい会社はどこですか?」という質問、よく聞きます。

ということで、その辺も含めて今日は「口座開設のやり方」ご案内させていただきたいと思います。

※はじめての投資はどの口座がよいの?>>

【ポイント】まずは何と言っても『手数料』ですかね。株式投資において手数料というのは馬鹿になりません。
今まで言ってきましたね、投資額の5%の利益でも十分なのです。
ただ手数料で1%取られてしまったら大変ですよね。こういったところは細かいですが重要です。私がおすすめするのはネット証券。

今はインターネットが普及しておりますので、インターネットで発注できるネット証券がいいのではないかと思います。人を介していないのでやはり手数料が安くなっています。何か物を買うのであれば、例えばセレクトショップや専門店の方がいいかもしれないですが、今回我々が買うのは株式です。
どこかの企業の株式を買うということはどこで買っても一緒なのですね、その株式というのは。

そうなのであれば手数料が安い方がいいのではないかというところはひとつのポイントだと思います。

2番目は『バランス』です。まず証券会社を選ぶときはバランスがいい会社を選んだ方がいいと思います。
非常にツールに特化しているとか手数料が一番安いとかいろいろな会社があります。それは今後皆さんに合った会社を選んでいただければと思いますが、まず1社目や2社目、はじめて株式投資を始めるのであればバランスがいい会社がいいのではないかと思います。

何のバランスかというと、「手数料」や「取扱商品」「情報」「ツール」「スマートフォン」、色々な比較項目がありますが、これらが相対的に見てバランスよく揃っている会社、それがはじめにお取引される場合にオススメできる会社です。

このような観点でバランスがいい会社を選んでいただきたいと思います。

「どこがそうなの?」というともう回答が出ています。ひとつは「SBI証券」別ウィンドウで開きます、もうひとつは「楽天証券」別ウィンドウで開きますSBI証券別ウィンドウで開きますはネット証券で今No.1の会社です。
口座数も300万人を超えています。多くの人が利用しているのには訳があるのです。やはり先程言った手数料や取扱商品、情報、スマートフォン全て揃っています。よくできています。そのため皆さん迷ったらSBI証券別ウィンドウで開きますのような口座数の多い人気がある会社というのがおすすめできるのではないかと思います。

そして2番目、「楽天証券」別ウィンドウで開きます。皆さん「楽天」はご存知ですよね。あの楽天が運営している会社です。なんと楽天に会員登録をされていれば30秒で口座開設ができてしまうというお気軽さもありつつ楽天ポイントがもらえたり、あとはもちろん先程の機能であるスマートフォンがよくできていたり、手数料が安かったり商品ラインナップもニュースも充実しているというバランスもバッチリです。
まずは初心者の方、ひとつも口座を持っていない方はこの2社から検討してみてはいかがでしょうか。

もうひとつポイント、今サイト上でこのような形で証券会社の比較というものもあります。よって比較サイトも十分皆さんの目で確かめてこういうところがあるのだな、こういう特化したところがあるのだなということで、気が向けばチェックしていただければと思います。まずは皆さん、口座開設をして株式投資に第一歩を踏み出しましょう。ありがとうございました。

株式投資を始めるなら

  • 人気の証券会社をランキングで紹介!
  • はじめての投資はどの口座がよいの?
講師紹介
119

川島 寛貴(通称・株王子)

2007年4月「みんなの株式」の立ち上げに携わり、 2010年4月「みんなの外為」の企画から開発・運用も行う。 FXやCFDなども幅広くこなす、みんなの株式を代表する総合プロデューサー。個人投資家の動向に詳しく、初心者向けの分かりやすいアドバイスに提供があり、様々なメディアでの講演経験も豊富。

ランキング、買い予想上昇/売り予想上昇及び記事コラムの各リンク先は、別サイトに遷移します。(別ウインドウで開きます。)

ランキング

買い予想上昇/売り予想上昇

記事コラム

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。