Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

鹿島神宮カード 実際に鹿島神宮の神職による御神木の案内や宝物館を見てきた

2016年12月1日 (木)に新規発行を開始したのが「鹿島神宮カード」です。神社初のクレジットカードとなり、なかなか注目度は高い様です。

神社発行のクレジットカードということで、以下のような豪華特典が用意されています。

特典1:お祓い済みのクレジットカードが送られる

これがお祓い済みの「鹿島神宮カード」です。ブルーの券面に白字で「鹿島神宮」の文字がかっこいい。

その他、
特典2:入会翌年度以降、毎年返礼品が届けられる
特典3:神職による鹿島神宮の案内
特典4:鹿島神宮カードの提示で宝物館への入場が無料

という4つの特典が付帯します。

やはりクレジットカードの特典は利用してみなければわからないため、これらの特典を確認することにしました。当然、鹿島神宮に行くということです。筆者は鹿島神宮カードを保有していませんが、鹿島神宮カードを保有している方に同行取材して頂いた (通常は、会員本人または家族会員のみの特典) ので紹介したいと思います。

鹿島神宮はどこにある?

まず、鹿島神宮に行くために、鹿島神宮がどこにあるのかをGoogleマップで確認しました。思っていたより遠い様ですが、特典を確認するためには行くしかありません。

行き方を調べると、高速バスが良さそうです。電車の場合は何本か乗り換えが必要ですが、高速バスでは東京駅から乗車し、鹿島神宮停留所で下車するだけです。

東京駅の八重洲口高速バス乗り場から10~20分間隔で6:30~22:50まで運行されています。かなりの本数でしょう。

20分間隔で走っているということですが、車内は意外と混んでいます。相席になっているところもあるくらいです。

2時間ほど走り、ようやく鹿島神宮停留所に到着しました。到着すると、「あれ?」となります。目の前にあるものと想像していましたが、どこにも見当たりません。色々歩いて、ようやくそれらしい道に出ました。

鳥居をくぐると桜門が見えます。桜門をくぐると本殿などがあります。

非公開の「御神木」の案内

鹿島神宮のマップを見ながら説明した方がわかりやすいと思いますので、以下のマップを参考にして頂ければと思います。

授与所 (境内の案内図では社務所) に行き、特典3の神職による案内をお願いしました。まず、非公開エリアに行くために拝殿の横でお祓いを受けます。

お祓いが済むと、奥の関係者通路に案内されます。

関係者のみ入ることができるエリアで5~10分程度の説明を受けます。建物 (拝殿、幣殿、石の間、本殿) の説明に加えて樹齢1,300年とも言われる御神木の解説があります。

御神木の周りには柵のようなものがあるため、触れるほど近くはありません。間からのぞいてみると、大人10人程度が手を繋いで届くかどうかというほど大きな木となっていました。

当然、大きな木のため、拝殿の前からも見ることはできます(下記写真の拝殿奥の木が御神木)が、やはり間近で見るのとは重みが違います。

宝物館への無料入場

続いて、授与所の隣りにある宝物館に行くことにしました。通常、大人300円、中学生以下100円となりますが、入り口で鹿島神宮カードを提示すると無料で入場可能です。

なお、宝物館だけは写真がNGとのことですので、入り口までの撮影となります。

国宝の「直刀」は想像しているよりも大きく、重さ・長さを同じにしたレプリカもあり、実際に持ち上げてみることができます。とても振れるような刀の大きさではありません。

その他、鎌倉幕府を開いた源頼朝が、国の平安を祈って奉納した馬に添えつけられという「鞍」などの展示もありました。

鹿島神宮カードの毎年の返礼品は? ポイント寄付の返礼品と同じ?

鹿島神宮カードを保有していると、2年目以降は返礼品が送られます。この返礼品について訪ねてみると、まだ決まってはいないとのことで、撮影できるようなものはありませんでした。

また、鹿島神宮カードの利用で貯めた鹿島神宮ポイントは、5,000ポイント貯まる毎に自動的に寄付されます。エムアイカードから鹿島神宮への寄付となり、返礼品がエムアイカードに送られ、ユーザーに届く仕組みとなります。このポイント寄付による返礼品と、年会費を支払ったときの返礼品は同じなのかを確認しましたが、違うものとなり、境内の杉で作られた銘々皿(3枚)となるようです。

鹿島神宮カードはどこで申し込める?

鹿島神宮カードは鹿島神宮の授与所などに申込用紙が置かれています。

またネットでの申し込みも可能のため、ネットで申込むと良いでしょう。

ちなみに、クレジットカードを新たに発行した鹿島神宮ですが、鹿島神宮内ではクレジットカードを利用することはできません。鹿島神宮カードと現金を忘れずにご用意下さい。

「掲載日2017年7月31日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。