Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

国際線手荷物無料宅配サービスを使ってみた
空港まで最小限の荷物で行けるため、子連れには最高の特典

大人1人で2・3泊であれば、スーツケースすら必要ないこともありますが、子供との旅行では必ずスーツケースが必要となります。筆者は3人の子供がいるため、全員の荷物を詰め込むと、20Kg程度の荷物になります。このスーツケースを引きながら子供3人を連れて空港まで行くのは非常に大変です。この大変な旅行を手助けしてくれるのが、国際線手荷物無料宅配サービスです。
このサービスはプラチナカード等に付帯する特典で、空港と自宅や会社の往復を無料で宅配してくれる特典です。使い方をご紹介しましょう。

国際線手荷物無料宅配サービスとは?

国際線手荷物無料宅配サービスを利用できる空港は決まっており、成田空港(第1ターミナル、第2ターミナル)、羽田空港国際線ターミナル、関西国際空港、中部国際空港の4つの空港のみとなります。

国際線のあるような那覇空港新国際旅客ターミナル、新千歳空港国際線ターミナルなどは対象外となるので注意が必要です。

空港宅配サービスは、通常料金で考えると、成田国際空港・羽田空港国際線ターミナルと関東・甲信越との往復料金では3,800円(税込)となります。インターネット割引を利用しても3,600円(税込)となるため、何度も国際線を利用する人は、この特典だけでも年会費数万円するプラチナカードを保有するメリットはあると思います。

国際線手荷物無料宅配サービスの対象カードは?

今回利用したのは宿泊予約でも利用した楽天ブラックカードですが、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードやアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード、ダイナースクラブ プレミアムカードなどでも利用できます。また、Mastercardプラチナカード以上のカードではどのカードでも利用することができます。

アメリカン・エキスプレス・カードやアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、ダイナースクラブカード、JALカード CLUB-Aゴールドカード(MUFG)でも利用可能ですが、往路のみまたは復路のみの利用となります。

国際線手荷物無料宅配サービスを安く利用したいのであれば、楽天プレミアムカード別ウィンドウで開きますのトラベルコースを設定することです。楽天プレミアムカード別ウィンドウで開きますは年会費1万円(税抜)で、プレステージ会員のプライオリティ・パスも付帯します。さらに、楽天トラベルでポイント2倍、国際線手荷物無料宅配サービスを年2回利用する事が可能と、旅行に関しては非常におトクなクレジットカードとなります。

SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカードも良いカードだと思います。年会費12,000円(税抜)にも関わらず、Mastercardワールドとなり、1回2個まで無料宅配が可能となります。

集荷については、発送地域によって異なりますが、前日12:00までの予約で当日空港受取可能な場合もあります。ただし、余裕を持って1週間前程度までの予約が推奨されています。

各カードによって、往復無料回数、年間利用無料回数、自宅と空港間のみなど条件が異なるため、それぞれのカードで利用できる特典をまとめてみました。

クレジットカード 無料回数(個数) 備考
楽天ブラックカード、
楽天プレミアムカードのトラベルコース
年間2回
SuMi TRUST CLUBゴールドカード、
デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカード
復路のみ1個
SuMi TRUST CLUBプラチナカード 往復1個ずつ
ダイナースクラブカード 復路のみ1個
ダイナースクラブ プレミアムカード 往復1個ずつ
アメリカン・エキスプレス・カード、
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
往路のみ1個 自宅と空港間
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 1回2個 自宅と空港間
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 往復1個ずつ 自宅と空港間
JALカード CLUB-Aゴールドカード(MUFG) 復路のみ1個 自宅と空港間
JALカード プラチナ(MUFG) 往復1個ずつ 自宅と空港間
SBIプラチナカードなど(Mastercardプラチナ)、
SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード
1回2個 自宅への宅配は、
海外利用の売上伝票が必要
SBIワイルドカード、
ポルシェカード、
ラグジュアリーカード(Mastercardワールド、Mastercardワールドエリート)
1回3個

国際線手荷物無料宅配サービスの予約方法は?

サービスの利用方法はクレジットカードによって異なります。楽天ブラックカード、楽天プレミアムカード別ウィンドウで開きますの場合は、e-NAVIにログインし、右上の「手荷物宅配サービス」をクリックします。クーポンの発券を行い、発券されたクーポンを印刷します。

続いて、JAL ABCのサイトにアクセスし、ログインします。「旅行会社などが発行しているクーポンや優待券をお持ちの方」をクリックすると、クーポン番号の入力を促されるため、印刷したクーポンにあるクーポン番号を入力します。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの場合は、プラチナ・ウェブの「手荷物無料宅配サービス」にある「プラチナ・カード会員様専用予約ページはこちら」をクリック、アメリカン・エキスプレス・カード、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの場合は、
手荷物無料宅配サービス(出国時)画面からカードを選択して「ご予約はこちら」をクリックし、カード番号の先頭7桁と有効期限を入力します。

以降は、楽天ブラックカード、楽天プレミアムカード別ウィンドウで開きます、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードで同じ操作となり、出発日時、出発空港、受取日時、受け取り時間、集荷場所、集荷日時を入力して予約します。
支払画面で合計金額が0円となっていることを確認し、「申し込みする」ボタンをクリックすればOKです。

Mastercardプラチナカード以上のカード、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード、JALカード CLUB-Aゴールドカード(MUFG) 、JALカード プラチナ(MUFG)、ダイナースクラブ プレミアムカード等の場合は、JAL ABCに直接電話して予約することになります。

国際線手荷物無料宅配サービスの集荷・受取方法は?

集荷当日は、申込時に指定した運送会社が着払い伝票を持って集荷に来ます。後はスーツケースを渡すだけです。着払い伝票は保管しておきましょう。この伝票がないと無料での宅配サービスは受けられなくなりますので。

当日は、着払い伝票、クーポン、楽天ブラックカードを持ってJAL ABCカウンターで提示するとスーツケースを受け取ることが可能です。なお、それ以外のクレジットカードの場合は、着払い伝票、搭乗券(または予約確認書)、対象のクレジットカードの提示となります。

空港から自宅までの無料宅配サービスの利用方法は?

今回は帰国後の手荷物無料宅配サービスは利用しませんでしたが、帰国後の場合は到着ロビーにあるJAL ABCカウンターで搭乗券と対象のクレジットカード(楽天ブラックカード、楽天プレミアムカード別ウィンドウで開きますの場合はクーポンも)を提示するとスーツケースなどを無料で宅配することが可能です。

ただし、Mastercardプラチナカード・Mastercardプラチナ・ビジネスカードの場合は、Mastercardを海外で利用した売上伝票の提示を求められるとの注意書きがありますので、利用した伝票を用意しておきましょう。


今回、国際線手荷物無料宅配サービスを利用しましたが、今まで国内線でスーツケースを持って旅行するよりも、楽に旅行することができました。子供が病弱ということに加え、国内旅行でもスーツケースを持っての旅行は大変だったため、海外旅行は躊躇していましたが、手荷物宅配サービスを利用すると、それほど大変ではないことがわかりました。

次回は、コート(防寒具)無料預かりサービスの紹介をしていきます。

楽天プレミアムカードの詳細はコチラ!

楽天プレミアムカード別ウィンドウで開きます

還元率 1.00%
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 10,000円(税抜き)
家族カード あり(5,000円、税別)
ポイント付与対象の電子マネー モバイルSuica、SMART ICOCA、nanaco
入会資格 原則として20歳以上の安定収入のある方
発行までの期間 申込手続き後、発行完了のメールが届いてから通常約1週間ほど
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 <利用付帯>海外旅行を目的にご自宅(日本国内)を出発されたときから、ご自宅にお戻りになるまで(日本出国の前日から入国の翌日まで)の最長90日間補償されます。

お申し込みはこちら

「掲載日2017年5月31日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。