Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

○○ Payが大流行!それぞれのサービスの違いとは?(LINE Pay、Origami Pay、Apple Pay、楽天ペイ、Android Pay)

2016年12月13日(火)より開始したAndroid Pay。Googleのデジタルウォレットサービスです。最近○○ Payという言葉をよく聞きますが、それぞれサービスは同じものなのでしょうか?
2016年10月に開始したApple Payと楽天ペイ、2016年3月に開始したLINE Payなど、様々な○○ Payが存在しますが、それぞれの特徴を知っておきましょう。

LINE Pay

LINE Payの開始は2014年12月です。意外と古くから存在していますが、メジャーになったのは2015年1月から開始したLINE TAXIの決済サービスに使われた時でしょう。LINE Payにクレジットカードを登録しておくと、タクシーの降車時に登録されたクレジットカードで自動的に支払われるという仕組みとなっています。

2016年3月にはLINE Payカードの発行が行われ、一気に「LINE Pay」に注目が集まりました。JCBブランドのプリペイドカードとなり、LINE Payカードの支払い時には2%のLINEポイントが貯まります。

2017年からはローソンで、物理的なカード無しで、LINE Payのバーコードを提示することでの払いも可能となります。
送金や割勘も可能で、韓国ではアプリだけでATM出金も可能なのです。

LINE Payの対象店舗はメガネスーパー、ローソン。ネットの店舗ではZOZOTOWN、Fril、FOREVER21など。Android、iPhoneともに利用可能です。

Origami Pay

2015年10月からベータ版が提供されています。Origamiアプリをインストールし、クレジットカードを登録します。
Origami Payの加盟店では、店頭のOrigami for BusinessがインストールされたiPadに表示されたQRコードを読み取るか、認証コードを入力して決済する仕組みでしたが、現在はBluetooth接続により、スマホを近づけるだけで決済できるようになっています。

また、Origamiアプリの「マーケット」で販売されている商品は、ネットでも購入可能となっています。対応クレジットカードはVisa、Mastercardブランドのみです。2016年5月に正式リリースされています。

対象店舗はロフト、モディ、AOKI、MoMA Design Storeなど。LINE Payと同様、Android、iPhoneで利用できます。

Apple Pay

2016年10月に開始。実店舗で利用する場合はiPhone 7/iPhone 7 Plus/Apple Watch Series 2となりますが、ネットでの利用の場合はiPhone 6やTouch ID搭載のMacBook Pro、iPad等の旧端末でも利用できます。

フェリカを搭載したことでも話題となっていますが、実店舗ではSuica、iD、QUICPayで支払いが可能です。ネットでの利用時はApple Payに対応するカード会社かつ国際ブランドがMastercard、JCB、American Expressが条件となります。

Suica(1枚目)以外はTouch ID(指紋認証)またはサイドボタンのダブルクリックなどの操作が必要です。

楽天ペイ

2016年10月に開始。楽天ペイ(旧楽天スマートペイ)対応店舗で、店頭のバーコードを読み取ることで決済が可能です。

また、レジの混雑時には、セルフペイでの支払いも可能となります。伝票を見ながら、金額を入力し、支払後の画面を店員さんに提示することでレジでの支払いをスキップできます。

楽天ペイでの支払い時には、0.5%の楽天スーパーポイントを獲得することができ、クレジットカードのポイントも別途獲得可能です。

対応しているクレジットカードは、VisaまたはMastercardブランドとなります(楽天カードのみJCBブランドも可)。

LINE Payと同様、iPhone、Androidどちらでも利用が可能となっています。

Android Pay

2016年12月に開始。ポイントカードやギフトカードをまとめる機能と、電子マネーの楽天Edyに対応しています。楽天Edy加盟店ではスマホをかざすことで決済可能です。また、チャージもAndroid Pay上で利用することができます。

既におサイフケータイの楽天Edyを利用していた場合は、Edyアプリと残高やEdy番号は同期するため、どちらを使っても問題ありません。

ポイントカードはバーコードを読み取るか、手動で会員IDを入力することで登録することができ、楽天ポイントカードやTOHOシネマズなどが対応しています。

Android端末で、かつ、おサイフケータイ対応の端末のみ利用可能となっています。

それぞれの特徴を見ても分かる通り、支払い方法もバーコード提示やBluetooth接続、フェリカなどばらばらとなっています。また、ネットで利用できる・できないなどの違いもあり、同じような名称ですが全く異なるサービスとなっています。

共通点はスマホ決済ということです。今後は、物理的なカードもすべてスマートフォンに取り込まれる可能性もあります。ここまで仕様がバラバラであれば、将来的にはサービスの勝ち・負けは出てくると思いますが、新しい決済サービスが誕生したタイミングは非常におトクなキャンペーンが行われます。

常に新しいサービスを調べておくと、10%程度の割引やポイントを獲得することも可能です。複雑化している今は、消費者にとってはチャンスです。どんどん新しいサービスを使ってみて欲しいと思います。

「掲載日2017年2月17日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。