Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

海外旅行の前には皆で申し込もう「楽天カード」 友達同士でも旅行保険が利用できる!

先日、クレジットカードの旅行保険についての記事を書きました。基本的に家族カードは本会員と同じ補償を受けられ、基本会員の18歳未満の子どもなどを補償する「家族特約」があるカードもある、という紹介でした。

この記事を書いている時に、楽天カードの旅行保険について調べていたところ、今まで勘違い、というよりは知らなかった事がありました。

楽天カードの海外旅行傷害保険は、利用付帯となるためクレジットカードで出国前に旅費を支払った場合に補償を受けられます。しかし、なんと友達同士での旅行時に楽天カードを保有している場合は、その他の楽天カード会員も補償を受けられるというのです。

楽天カードの旅行保険のページのFAQを見てみましょう。Q5には以下のように書かれています。

Q5.楽天カード※1会員同士の4人で旅行(友人や家族問わず全員が楽天カード※1会員)に行きます。うち1人が旅行代金を楽天カード※1で決済しました。この場合保険の適用はどうなりますか?
A5.楽天カード※1をお持ちの4人とも保険が適用されます。

※1 楽天カードには、楽天ゴールドカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天PINKカード、楽天銀行カード、楽天カード アカデミーを含みます。

楽天カードの海外旅行傷害保険が自動付帯であれば当たり前の事ですが、楽天カードの条件は利用付帯。通常は、カード会員(家族カード含む)、家族特約があれば家族の補償はあるのですが、楽天カードの場合は、赤の他人にも補償があるクレジットカードということです。

間違いである可能性もあるので、念のため楽天カードに確認したところ、「文面通りで旅費を楽天カードで1人でも支払っていると、楽天カードを保有している場合に限り、残りの3人も補償します」とのことでした。

楽天カードの海外旅行傷害保険例えば、写真のように6人で海外旅行をしたとします。AさんからEさんまでは楽天カードを保有しており、Aさんが旅費を楽天カードで支払いました。他の人は楽天カードでの旅費支払いはなかったとします。この場合、BさんやCさんがケガで入院した場合でも補償の対象となりますが、Fさんは楽天カードを保有していないため対象外になります。

自動付帯以外のカードで、このような特典は聞いたことがありません。ただ、筆者の旅行保険の認識が間違っており、他社カードでも同じような条件になっているのかもしれません。念のため確認しましたが、やはり他社カードの場合は、本会員や家族会員のみが対象との事でした。

楽天カードは年会費無料で還元率が1%と、誰でも保有しやすいカードです。友達同士での旅行の前に、全員で楽天カードを作っておくのも良いのではないでしょうか。

今回紹介した『楽天カード』の詳細はコチラ!

楽天カード別ウィンドウで開きます

還元率 1.00%
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の電子マネー モバイルSuica、ICOCA、nanaco(nanacoはJCBのみ)
入会資格 高校生を除く18歳以上の方
発行までの期間 約1週間
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 <利用付帯>日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。

お申し込みはこちら

「掲載日2016年12月29日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。