Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

楽天ゴールドカード、楽天カード・楽天プレミアムカードとの最大の違いとは?

2016年9月1日(木)より、楽天ゴールドカードが登場し、楽天カード楽天プレミアムカードの違いがわからない方もいるのではないでしょうか?

年会費2,000円(税抜)で、楽天カードの特典に加えて、SPU(スーパーポイントアッププログラム)が+1%、主要国内空港ラウンジが利用できるカードが「楽天ゴールドカード」と考えれば良いでしょう。
問い合わせ先が「楽天プレミアムカードデスク」が利用できる、利用可能枠が増えるなどの違いもありますが、それほど大きな違いではありません。

楽天ゴールドカードの登場で、楽天プレミアムカードの特典も追加となりました。1年間「楽天プレミアム」を無料で利用できる特典となり、既存カードホルダーでも順次特典の利用が可能となります。

1ヶ月無料お試しの場合は、自動継続となり自動的に年会費が発生しますが、楽天プレミアムカード会員の特典の場合は自動解約となります。特典終了時に判断できるというのもメリットです。
それぞれの特典を比較すると、以下の様な表になります。

楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
年会費(本会員) 無料 2,000円(税抜) 10,000円(税抜)
年会費(家族会員) 無料 500円(税抜) 5,000円(税抜)
利用可能枠 100万円 200万円 300万円
SPU(スーパーポイントアッププログラム) 4% 5% 5%
誕生日月(楽天市場コース選択時) +1%
楽天プレミアム 1年間無料
主要国内空港ラウンジ
プライオリティ・パス
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 最高2,000万円 最高5,000万円
問い合わせ先 一般 楽天プレミアムカードデスク 楽天プレミアムカードデスク

最後に、カード券面を紹介したいと思います。左から楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードとなります。

当然、「色」は違いますが、注目は楽天のロゴです。楽天カード、楽天PINKカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードは「楽(R)天」の漢字表記ですが、楽天ゴールドカードは「(R)Rakuten」とローマ字表記となっています。

現時点で「(R)Rakuten」表記が使われているカードは「楽天ANAマイレージクラブカード」と「楽天ゴールドカード」のみとなります。どちらも新しいカードのため、今後は他のカードもローマ字表記のロゴとなっていくのではないでしょうか。

今回紹介した『楽天カード』の詳細はコチラ!

楽天カード別ウィンドウで開きます

還元率 1.00%
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の電子マネー モバイルSuica、ICOCA、nanaco(nanacoはJCBのみ)
入会資格 高校生を除く18歳以上の方
発行までの期間 約1週間
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 <利用付帯>日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。

お申し込みはこちら

楽天プレミアムカードの詳細はコチラ!

楽天プレミアムカード別ウィンドウで開きます

還元率 1.00%
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 10,000円(税抜き)
家族カード あり(5,000円、税別)
ポイント付与対象の電子マネー モバイルSuica、SMART ICOCA、nanaco
入会資格 原則として20歳以上の安定収入のある方
発行までの期間 申込手続き後、発行完了のメールが届いてから通常約1週間ほど
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 <利用付帯>海外旅行を目的にご自宅(日本国内)を出発されたときから、ご自宅にお戻りになるまで(日本出国の前日から入国の翌日まで)の最長90日間補償されます。

お申し込みはこちら

「掲載日2016年11月4日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。