Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

楽天、スマートフォンに表示されるQRコードを提示して決済できるサービス「楽天ペイ」を開始 モバイル決済アプリが激戦に

2016年8月27日(土)の日本経済新聞に「楽天、飲食・小売店でスマホ決済」との記事がありました。
2016年秋にもバーコード提示などで決済できる「楽天ペイ」を開始するとの記事がアップされています。

楽天ペイはスマートフォンアプリとなり、事前にクレジットカードを登録します。楽天ペイ対応店舗では、QRコードを楽天ペイで読み取ることで、登録されているクレジットカードで決済する仕組みとなります。

支払い時にはクレジットカードが不要となるため財布も不要です。スマートフォン1台あれば支払いが可能です。電子マネーのような感覚で、クレジットカード決済ができます。さらに、QRコード読み取りのため、iPhoneなどおサイフケータイ非対応端末でも利用可能となります。

同様の仕組みはLINE Payも行っています。還元率2.0%のLINE Payカードについては何度も取り上げていますが、LINE Payについては、それほど取り上げたことがありません。

実は、LINE Payアプリにも、バーコード決済が搭載されており、リクルートライフスタイルのモバイル決済 for Airレジ設置店で利用することが可能です。

LINEを起動し「その他」をタップ。「LINE Pay」をタップすると、下の方に「スキャン」と「コード」というメニューがあります。スキャンをタップすると、QRコード読み取り画面が表示され、店舗で表示されたQRコードを読み取ることで決済ができます。

コードの場合は、タップ後に7桁のパスワードを入力することでバーコードを表示することが可能となります。対応している店舗で、バーコードを提示してスキャンしてもらうことにより決済可能な仕組みとなります。

決済アプリとしてはOrigami PayがBluetooth接続により決済可能なサービスを提供しています。OrigamiアプリにVisa・MasterCardのクレジットカードを登録し、店頭でiPadに近づけるだけで決済可能です。

ロフトや渋谷モディなどで利用することができるため、実際に利用してみると良いでしょう。スマートフォンのアプリだけでクレジットカード決済ができるというのは新鮮です。

Origami Payは普及のために10%OFFや5%OFFのキャンペーンを実施しています。楽天ペイの場合は、決済時に200円につき1楽天スーパーポイントを獲得でき、登録しているクレジットカードのポイントも同時に獲得することができるようです。もし、楽天カードを楽天ペイの決済カードとして登録した場合は、楽天ペイ利用時の0.5%の楽天スーパーポイントに加え、楽天カード決済の1%のポイントを獲得できるようになります。

楽天ペイの登場で、モバイル決済アプリの競争は激しさを増すでしょう。おトクなキャンペーンや特典がどんどん追加されるはずです。この機会を見逃さずに、上手にモバイル決済アプリを使っていきたいと思います。

今回紹介したポイントが利用できるクレジットカードはコチラ!

楽天カード別ウィンドウで開きます

還元率 1.00%
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の電子マネー モバイルSuica、ICOCA、nanaco(nanacoはJCBのみ)
入会資格 高校生を除く18歳以上の方
発行までの期間 約1週間
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 <利用付帯>日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。

お申し込みはこちら

「掲載日2016年9月29日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。