高額商品を買う前に抑えておきたい10のポイント 事前チェックで数万円分もおトクになる場合も | マネー|So-net
Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

高額商品を買う前に抑えておきたい10のポイント 事前チェックで数万円分もおトクになる場合も

前回は、ACTUS(アクタス)でインテリア・家具をおトクに買う方法を紹介しましたが、ACTUSでの購入に関してのみ使える方法でした。ACTUSで気に入った商品が見つかれば良いですが、他のショップで気に入った商品を見つけた場合はどうすれば良いでしょうか。

今回は、高額商品を購入する前に確認しておくべきポイントを紹介します。

【ポイント1】販売店のサイトを確認する

まずは商品を扱っているサイトを確認しましょう。ポイントカードの案内のページを確認すると良いでしょう。良心的なサイトの場合は、自社のポイントカードだけでなく、クレジットカードの特約店、共通ポイント、クーポンなどの情報がまとめて掲載されています。

例えば、家具ではありませんが、コンタクトレンズのアイシティのサイトを見ると「クーポン情報」「Tポイントサービス」「お友達紹介特典」「ANAマイレージサービス」等があります。

クーポンを印刷して持って行くと10%OFFやTカード提示でTポイントが貯まるサービス、ANAカード決済で、ANAのマイルが通常よりもアップするということがひと目でわかります。

【ポイント2】ショッピングセンターや百貨店等に入っているかを確認する

気に入った商品を売っているショップ情報を確認し、ショッピングセンターや百貨店などに入っていないかを確認しましょう。

例えば、ACTUSの場合は、ACTUSのポイントカードに加え、「ららぽーと豊洲店」では「三井ショッピングパーク ポイントカード」、「みなとみらい店」では「みなとみらいポイントカード」も併用可能です。

また、ジュエリーのダミアーニの場合は、「三越銀座」ではエムアイカードで5%の還元を受けられるので、独立したショップよりも、ショッピングセンターや百貨店に入っている店舗を狙うのが良いでしょう。

ただし、ルイ・ヴィトンやエルメス、ティファニーなど、百貨店などに入っていてもポイント対象外のショップもあります。これらは事前に確認したほうが良でしょう。

【ポイント3】メールマガジンの受信、SNSの公式アカウントをフォロー

購入前にショップとショッピングセンターのメールマガジンを受信するようにしましょう。TwitterやFacebook、LINE等の公式アカウントをフォローしておくと、ポイントアップデーやおトク情報が送られてきます。

中にはクーポンなどが届くこともあるので、購入前には必ずフォローしておきましょう。

【ポイント4】公式アプリのダウンロード

公式アプリがある場合は、公式アプリもダウンロードしておくと良いでしょう。こちらも【ポイント3】と同じで、クーポンやポイントアップの情報などが送られてきます。

ここまでは、ショップやショッピングセンター等の情報を活用する方法となり、以下はクレジットカードなどを活用する方法となります。

【ポイント5】ポイントカード加盟店になっていないか調べる

公式サイトでポイントサービスや割引特典を全て掲載しているような良心的なサイトはそれほど多くなく、共通ポイント加盟店なのに掲載されていないという場合もあります。ですので、自分の保有しているポイントカードの情報も確認しておきましょう。

■Tカード
「五十音から探す」でブラウザの検索を利用するか、「地図で探す」から検索すると探しやすい。

■TPontaカード
「たまる・つかえる」からブラウザの検索を利用する。

■楽天ポイントカード
「加盟店一覧」からブラウザの検索機能を利用する。

■dポイントカード
「街のお店でためる」からブラウザの検索機能を利用する。また、「提携店でためる」も見逃さずに検索しておく必要があります。

【ポイント6】クレジットカード特約店なっていないか調べる

さらに、自分の保有しているクレジットカードの特約店情報も調べておくと良でしょう。特約店とは、ANAカードやJALカード、dカード、楽天カード、エポスカード、エムアイカードなどを特定の店舗で利用するとポイントが倍になったり、優遇されていたりするサービスです。

それぞれのサイトの特約店情報等のページでは、店舗検索が可能のため、店舗名を入力して、特約店になっていないかを調べてみましょう。

クレジットカードはできるだけメインカードで支払うほうが良いですが、高額商品の場合は一気にポイントが貯まるため、例外的にクレジットカードを使い分けても良いでしょう。ただし、貯まったポイントはすぐに利用したほうが良いと思います。

【ポイント7】クレジットカードのクーポンを調べる

サイトを経由すると通常よりもポイントがアップする「ポイントモール」がありますが、これはネットショップだけではありません。

事前にエントリー後に、期間内にお店に行き、登録しているクレジットカードで決済するだけでポイント付与率がアップする仕組みがあります。

セゾンカードの場合は「マイクーポン」、三井住友カードの場合は「お店でショッピング」等を確認しておきましょう。

【ポイント8】割引サービスを調べる

福利厚生サービスのベネフィット・ステーションやクラブオフ等が付帯するクレジットカードを保有している場合は、それぞれのサイトにログインして、店舗名を検索してみると良いでしょう。カードの提示で割引になる場合や、クーポンが郵送されてくるパターンなどがあります。

ベネフィット・ステーションやクラブオフは、高額商品だけでなく映画館や水族館などの割引も可能のため、年会費無料のクレジットカードREX CARD Lite(J’sコンシェルが利用可能)、実質年会費無料でクラブオフが利用できるマジカドンペンカード(セディナ)などを保有しておくと良いでしょう。

【ポイント9】キャンペーンを調べる

毎週○曜日にポイント5倍、毎週△日は5%OFFなど、定期的に行っているものはその時に購入すれば良いだけですが、毎年同じ時期に行われるようなキャンペーンもあるため、店舗名に加えて「キャンペーン」と検索して、過去にあったキャンペーンも確認しておきましょう。

例えば、毎年1月頃にはポイントアップのキャンペーンがある、3月末頃には割引キャンペーンがあるなど、傾向をつかめれば買うタイミングも見逃さないでしょう。

【ポイント10】クレジットカードの限度額を調べる

高額商品を購入する場合、クレジットカードの限度額を調べておきましょう。前回、筆者は135万円の買い物をしましたが、一般カードの場合は限度額オーバーとなる場合があります。せっかくおトクに買物できると思っていたのに、クレジットカード決済ができなければ、特約店のポイントアップ、クレジットカードのポイントが獲得できなくなってしまいます。

高額商品をクレジットカードで決済する場合は、限度額オーバーにならないように事前に増額申請しておくと良でしょう。電話で「○月に高額商品を購入したいので、一時的に限度額を上げて欲しい」と伝えれば対応してくれる場合があります。

それぞれの確認は大変ですが、高額商品を購入する場合は、1%の違いでおトク度が数千円から数万円変わる場合もあり、念には念を入れて割引特典、ポイントサービスなどを調べておくのがおススメです。

「掲載日2016年7月1日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。