ポイントの主軸は電子マネーのポイントと共通ポイント 主要8陣営に対抗できそうなポイントプログラムとは? | マネー|So-net
Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

ポイントの主軸は電子マネーのポイントと共通ポイント 主要8陣営に対抗できそうなポイントプログラムとは?

現在、主軸となるポイントとしては、共通ポイントと電子マネーのポイントです。つまり、共通ポイントのTポイント、Pontaポイント、楽天スーパーポイント、dポイント。これに加え、電子マネーのポイントであるWAONポイント、nanacoポイント、WALLETポイントの7陣営となります。

さらに2016年2月23日(火)に開始するJRE POINTが加わり8陣営となりました。開始時点では駅ビルのアトレとグランデュオのポイントが統合されるだけですが、将来的には電子マネーのSuicaポイントと、クレジットカードのビューサンクスポイントも統合される予定となっているため、統合された時には巨大なポイント陣営の誕生となります。

この8陣営に対抗できそうなポイントは無いでしょうか? 筆者は2つのポイントプログラムに注目しています。Amazonポイントとソニーポイントです。

Amazonポイントとは?

まず、Amazonポイントについてですが、実はAmazonポイントは2007年に開始されている老舗のポイントプログラムです。

今までほとんど利用されておらず、どの製品を買ってもポイントを獲得できることはありませんでした。しかし、2015年春頃からAmzonポイントを急速に活用し始めています。

現在は、ランキング上位の書籍でも1~3%程度のポイントを獲得可能です。例えば、2015年12月15日(火)時点で1位の「ソードアート・ オンライン プログレッシブ(4)」が2%のポイント、2位の「みんなの山本彩」ではポイントがつきませんが、3位の「クイック・ジャパン123」も1%のポイントを獲得できます。4位・5位が2%、6位・7位が3%と、10位位内に入っている書籍でポイントが付かないのは2冊のみです。

また、Amazonポイント自体知らなかった利用者も多いと思いますが、現在はAmazonポイント数がヘッダ部分で確認可能となっています。

さらにAmazon MasterCardのポイントプログラムも2015年8月頃から変更されました。従来は、Amazon MasterCardクレジットカードポイントが貯まり、1,000ポイント貯まったらAmazonギフト券100円分に自動交換されていましたが、直接Amazonポイントが貯まるように変更されるなど、Amazonポイントを軸にした動きが活発化しています。

元々、楽天市場、Yahoo! ショッピングと同じようにオンラインでは最強のAmazonですが、ポイントプログラムという観点では後塵を拝していました。

しかし、ポイントも活用し始めた今、非常に怖い存在になっています。現時点ではネットに閉じられたポイントですが、リアルへの参入があると、一気にポイント最大手になる可能性もあります。

ソニーポイントとは?

次に主軸になる可能性があるのはソニーポイントです。ソニーにもソニーポイントが存在しますが知らない人も多いだろうし、活用できていないポイントプログラムでしょう。

では、ソニーポイントについて簡単に説明します。ソニーポイントはソニーストアで対象製品を購入したり、クレジットカードのソニーカードを利用する事で貯まるポイントです。貯まったポイントはソニー製品の購入や、ソニー関連のサイトで利用できます。これだけ見ても魅力的なポイントプログラムとはいえないでしょう。

なぜ、ソニーが上記8陣営に対抗できそうかと言うと、ソニーは金融サービスに強いためです。ソニー銀行、ソニー生命があり、ソニーカードも発行しています。

最近では、銀行取引でポイントが貯まるサービスを開始しているネット銀行が多いのです。セブン銀行はnanacoポイント、イオン銀行はWAONポイント、楽天銀行は楽天スーパーポイント、じぶん銀行はWALLETポイント、新生銀行やスルガ銀行Tポイント支店はTポイントとなっています。ローソンも銀行参入という噂もあり、その場合はPontaポイントを獲得できるようになるかもしれません。つまり、銀行を保有しているソニーは最初から有利な立場なのです。

ソニー生命やソニー損保などもあり、全てのサービスをポイントプラットフォームで繋げば、一気に主役になるポテンシャルを秘めています。しかし、ソニー生命はクレジットカードでの支払いができません、プロバイダのソネットの利用で貯まるポイントはソネットポイントとなっています。一応、ソネットポイントはソニーポイントに交換できますが、最初から統合したほうが良いでしょう。ゲームでは、PlayStationもあります。せっかくの資産を活かしきれていないように思います。

さすがに、Xperiaを生産しているためケータイビジネスには参入できないと思われますが、ソニーポイントを共通ポイント化すると、十分8陣営に対抗できるのではないかと考えています。

そもそも楽天Edy、WAON、nanaco、Suica等に使われているFeliCaはソニーが開発したものです。”昔のSONYなら”という事は言いたくありませんが、可能性があるだけに残念でなりません。

「掲載日2016年4月8日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。