2016年にポイント・マイレージで注目すべき業種はこれだ!(下) | マネー|So-net
Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

2016年にポイント・マイレージで注目すべき業種はこれだ!(下)

銀行

都市銀行としてポイントプログラムに力を入れているのが、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行です。クレディセゾンと提携し、サイトを経由するとポイントが貯まる「りそなクラブ.com」を2015年に開始しました。銀行取引だけでなく、りそなクラブ.comを経由してネットショッピングするだけでポイントを貯められる仕組みとなり、貯めたポイントはマイルや他のポイントなどにも交換可能となっています。

また、2015年には新生銀行がTポイントをATM利用以外の銀行取引でもポイントが貯まるようにリニューアルしました。じぶん銀行もauユーザー向けに給与振込口座指定などでWALLETポイントを付与するサービスを開始しました。

スルガ銀行はTポイントが貯まるTポイント支店を開設し、楽天銀行も楽天スーパーポイントが貯まるハッピープログラムのリニューアルを行うなど、銀行でのポイント付与が加熱しています。

2016年2月には住信SBIネット銀行が取引に応じてポイントが貯まる「スマートプログラム」を開始し、今後も取引に応じてポイントを付与する銀行が増えていくものと思われます。

消費者にとっての銀行ポイントの魅力は、通信、電気・ガスと同じで自動的に貯まるポイントということです。給与振込口座をじぶん銀行にするだけで毎月50 WALLETポイントを獲得できます。

また、通常の定期預金の場合は、利息に20.315%の税金がかかります。年利1%の定期預金だとしても、実際は0.8%弱しか受け取れません。しかし、ポイント付き定期預金の場合、ポイント付与分には税金がかかりません。つまり、金利を低くし、ポイント付与を多くすることで、消費者が受け取れる利息を多くすることができるということです。

駅ビル・百貨店

JR東日本のアトレとグランデュオ等の駅ビルのポイントを統合したJRE POINTが2016年2月23日(火)より開始します。開始当初のインパクトはそれほどないですが、今後電子マネーのSuicaポイントやクレジットカードのビューサンクスポイントが統合されることも発表されており、統合した時には怖い存在になるでしょう。

また、三越伊勢丹がエムアイカードのリニューアルを発表しています。従来は、エムアイカードを三越・伊勢丹で利用すると5%OFFの優待がありましたが、5%ポイント還元に変更となります。ただし、従来のエムアイカードポイントは1,000ポイント貯まらなければエムアイカードポイント券に交換できず、ポイントが使いにくかったのですが、リニューアル後は1ポイントからレジで利用できるように改善さています。

また、エムアイカードで貯めたエムアイカードポイントはANAとJALのマイルに交換できるサービスも開始されます。野村不動産との提携カードやJALとの提携カードも検討されており、エムアイカードでは富裕層の開拓を行う事になります。

三越伊勢丹としては富裕層だけでなくTポイントサービスも開始する予定もあり、多方面からの集客を図る戦略です。

高島屋は、ドコモとの提携を発表しました。2016年4月より高島屋でdカードで決済するとdポイントが2倍貯まるようになり、ドコモの通信料金をタカシマヤカードで支払うと高島屋のポイントが2倍貯まります。8月からは高島屋でdポイントカードを提示するとdポイントを貯めたり、使えたりするサービスも開始するなど、百貨店・駅ビルも注目度が高くなっています。

ポイントプログラムを見ていると、経済のこともわかってきます。例えば、2015年9月14日(月)にはミュゼプラチナムが楽天ポイントカードの加盟店から外れました。以前より、ニュース記事でミュゼプラチナムについての報道がありましたが、加盟店契約を終了するということは、報道がある程度あっているのではと想像できます。

また、しゃぶしゃぶ温野菜で楽天ポイントカードが開始というニュースでは、同じ会社が運営している牛角が採用しているTカードの事を考えることになります。この場合、Tポイントと楽天スーパーポイントの効果測定が可能になるため、同社の動向に注目すべきでしょう。

「掲載日2016年3月4日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。