2016年にポイント・マイレージで注目すべき業種はこれだ!(上) | マネー|So-net
Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

2016年にポイント・マイレージで注目すべき業種はこれだ!(上)

これまでポイント業界を常にウォッチしていますが、大きくステージが変わったタイミングは3つあります。

1つ目は2010年にPontaポイントが開始したことです。Tポイント vs Pontaポイントというように、共通ポイントが主役になった年です。2つ目は2013年のTポイントとYahoo! JAPANの提携です。ネットとリアルのポイントが1つとなり、一気に利用可能な店舗が増えました。その後、楽天もリアル店舗でポイントが貯まる楽天ポイントカードを開始しました。最後は2014年に開始したau WALLETの開始です。ケータイキャリアのポイントが共通ポイントのように使いやすくなり、他キャリアも追従せざるを得なくなりました。ソフトバンクがTポイントに変更、ドコモがdポイントを開始と、たった5年間の動きとは思えないような激しい闘いが繰り広げられています。

既に「ポイント=おまけ」ではなくなり、企業にとってポイントをどう活用するかが最重要課題となっているはずです。ポイントの動きを見ているだけで、ある程度、企業の動きも予想できます。投資家もポイントに注目すべきでしょう。

では、筆者が2016年に注目している業種を4つ紹介していきます。

コンビニエンスストア

共通ポイントといえばコンビニ、コンビニといえばポイントと言うように、共通ポイントとコンビニは切っても切れない関係です。

2015年はファミリーマートとサークルKサンクスの統合に関する話題、ファミリーマートがココストアを吸収するなど、コンビニ業界は大きく動くことになりました。

ファミリーマートとサークルKサンクスが統合することで、コンビニ業界の順位が変わり、1位がセブン-イレブン、2位がファミリーマート(+サークルKサンクス)、3位がローソンと、ファミリーマートが上昇し、ローソンが転落します。

3位転落が確実となったローソンが取った行動はドコモとの提携です。ローソンではPontaカードを提示するとPontaポイントを貯めるサービスを行っていましたが、2015年12月からドコモのdポイントカードでもポイントを貯めるサービスを開始しました。同月からイオンの電子マネーWAONでも決済できるようにするなど、5,400万人のドコモユーザーとWAONを利用する主婦層を取り込む戦略です。

次に注目すべきは楽天ポイントカードでしょう。サークルKサンクスとファミリーマートが統合されると、ファミリーマートになります。この場合、Tカードと楽天ポイントカードが併用可能になるかどうかですが、ファミリーマートはTポイント・ジャパンに出資しているため、現実的には現在のサークルKサンクスはTカードのみになり、楽天ポイントカードは利用できなくなるのではないでしょうか。

冒頭でも書いたように、コンビニ=共通ポイントカードのため、コンビニがなくなる楽天ポイントカードは魅力がなくなり、”負け”となるでしょう。この負けを取り返す方法としては、他のコンビニに乗り換えるしかありません。筆者は、3位転落のローソンで楽天ポイントカードが利用できるようになるというのが、一番可能性が高いと考えています。

共通ポイントの生命線とも言えるコンビニ業界は2016年も注目したほうが良いでしょう。

電力・ガス

2016年4月に電力自由化が開始します。2017年にはガス自由化です。

既存の電力各社はポイントでの囲い込みを開始します。東京電力は2016年1月にTポイントかPontaポイント付与の詳細を発表しました。中部電力は、Webサイトの利用で貯まるカテエネポイントの交換先をWAONポイント、nanacoポイント、ユニコポイントだけでなく、dポイント、えんてつポイント、LuLuCaポイントなどにも拡大しました。四国電力も「よんでんポイント」を開始すると発表しています。

新電力で注目は「ENEOSでんき」でしょう。ENEOSのガソリンスタンドと同様、Tポイントの付与を発表しています。また、ANAカード、TS CUBIC CARD、レクサスカード、エポスカード、ビューカード、エムアイカードでポイント倍増、またはマイルアップの提携も開始予定です。

丸紅は楽天と提携し、楽天スーパーポイントが貯まるサービスを検討しています。東急パワーサプライはTOKYU CARD会員向けに、TOKYU POINTが最大1%貯まるサービスを発表するなど、既存電力も新電力もポイントがキーワードとなっています。

電力会社にとってもポイント付与はメリットがあるでしょう。電気料金の値上げ・値下げは経済産業省の承認が必要です。ポイントの場合は、経済産業省への申請が不要になる可能性があります。その場合、実質値上げ・値下げを自由に変更することが可能です。

コンビニと電力・ガスは最も注目すべき業種ですが、次回はさらに2つの業種を紹介したいと思います。

「掲載日2016年2月26日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。