Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

ANA・JALマイラーのための都税支払い方法 直接クレジットカードでの支払いはNG

au WALLETカードでの支払いがおトク

2015年4月1日(水)より都税の支払いにクレジットカードが利用できると何度か紹介しましたが、今回はANA・JALマイラーがおトクに都税の支払いをする方法を紹介します。

都税をnanacoを使わずにクレジットカード決済する時に利用したいのが「au WALLETカード」。
「au WALLETカード」はMasterCardブランドであるため、都税の支払いは可能となっています。
念のためKDDIに確認しましたが、都税も問題なく支払いは可能との事でした。

つまりクレジットカードで直接都税を支払うよりも、クレジットカードでチャージした「au WALLETカード」で支払えば、「au WALLETカード」のポイント分おトクということになるのです。

再度「au WALLETカード」へのチャージについて考えてみましょう。
「au WALLETカード」は10万円までチャージ可能で、クレジットカードチャージとしてはMasterCardブランドのクレジットカードであればチャージ可能となっています。

現時点で、「au WALLETカード」へのチャージでポイントを付与しないクレジットカードは殆どありません。
nanacoチャージでポイントが改悪になった「ライフカード」でも、現時点ではMasterCardブランドであればチャージでポイントも獲得可能となっています。

マイラーの場合、JAL・ANAのMasterCardブランドを考えると、「JAL・MasterCard」や「JALカード TOP&ClubQ(MasterCard)」、「ANAマスターカード」、「ANA TOP&ClubQ マスターカード(TOKYU×ANA)」が該当します。
チャージ時に1%分のマイルを獲得でき、さらに「au WALLETカード」で支払う時に0.5%のWALLETポイントが獲得できるのです。

ただし、「au WALLETカード」の入金上限が10万円のため、10万円を超えるような場合はこの手法は使えないので注意が必要です。

「au WALLETカード」はマイラーでなくても、MasterCardブランドのクレジットカードを利用すると、必ず0.5%分の底上げができるのでおすすめです。
さらに、セブン-イレブンや紀伊國屋書店などの特約店ではWALLETポイントが更に貯まるため、普通にクレジットカードで決済するよりもおトクになる場合が多く、まずは財布にMasterCardブランドのクレジットカードが入っていないかを確認することをおすすめします。

今回ご紹介したカードの詳細はコチラ!

JALカード別ウィンドウで開きます

還元率 1.00%
発行元 JALカード
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
年会費 2,000円
初年度無料
家族カード 1,000円
初年度無料
ポイント付与対象の電子マネー JMB WAON
入会資格 18歳以上
(高校生不可)
発行までの期間 お申込からカードお届けまで約4週間
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 海外旅行保険/
<自動付帯>日本を出国したその日から90日間を限度に適用されます。
国内旅行保険/日本国内における国内線航空機ご搭乗中だけでなく、日本国内にて公共交通乗用具搭乗中にケガを被った場合、宿泊を伴う募集型企画旅行参加中にケガを被った場合、宿泊施設宿泊中に火災または破裂・爆発によりケガを被った場合にも保険が適用になります。

お申し込みはこちら

ANAカード 一般別ウィンドウで開きます

還元率 1.00%
発行元 三井住友カード
国際ブランド VISA、MasterCard
年会費 初年度無料
家族カード あり
ポイント付与対象の電子マネー 楽天Edy、iD
入会資格 年齢18歳以上の方(高校生、大学生を除く)
発行までの期間 最短3営業日発行
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 海外旅行:最高1,000万円
国内航空:最高1,000万円

お申し込みはこちら

「掲載日2015年10月16日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。