Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

電子マネーを制するものはポイントを制す au WALLETをおトクに使うには?(その2)

方法2:auかんたん決済によるau WALLETカードチャージ

次に、auかんたん決済によるau WALLETカードへのチャージを考えてみましょう。auの通信料金の引き落としに対象のクレジットカードを指定している場合、auかんたん決済でau WALLETカードにチャージできるというサービスです。仕組みは下記の通り。

  1. (1)auかんたん決済でau WALLETカードにチャージ申請する
  2. (2)auの通信料金の支払い方法がクレジットカードの場合、対象のクレジットカードかどうか確認する
  3. (3)対象のカードであればチャージが可能、対象カードでなければ、チャージができない
  4. (4)通信料金に加え、au WALLETカードの合算金額が、指定のクレジットカードから引き落とされる

クレジットカードからau WALLETカードへのチャージ分も引き落とされるため、au WALLETカードへのチャージ分もクレジットカードのポイントが貯まるということなのです。開始当初は、対象カードが少なかったのですが、「楽天カード」や「イオンカード」が追加されるなど、どんどん対象カードが増えています。

しかし、auかんたん決済の場合、利用者の年齢と加入年月によりチャージ可能な金額が異なるので注意が必要。例えば、20歳以上で2年間使っている利用者は1ヶ月に1万円までのチャージとなります。従って、それ以上利用する場合は、他のチャージ方法を利用しなければなりません。ただし、直接のクレジットカードからのチャージよりも、対象カードが多いため、検討にはあたいします。

では、auかんたん決済でポイントが貯まるクレジットカードを考えてみましょう。まずは、直接のクレジットカードチャージと同様、au WALLETクレジットカードを考えます。au WALLETクレジットカードで直接チャージをすると、200円につき1ポイントとポイント付与率が下がっていました。auかんたん決済の場合はどうでしょうか? こちらも確認した所、au WALLETカードへのチャージ分は200円につき1ポイントとなることが判明。従って、au WALLETカードへのチャージにはau WALLETクレジットカードを利用しないほうが良いでしょう。

クレジットカードの直接チャージで挙げたカード以外で、対象カードを考えてみましょう。還元率が1.0%を超えるクレジットカードで考えると、還元率1.25%の「REXカード Lite」、還元率1.2%の「リクルートカード」があります。「REXカード Lite」はジャックス発行のVisaブランドのため対象外。「リクルートカード」はどうでしょうか?「リクルートカード」はJCBブランドとVisaブランドの2種類存在します。Visaブランドの発行は三菱UFJニコスとなっているため、対象となり得るカードです。

「リクルートカード」のWebサイトでは、クレジットカードチャージでポイントが付与される電子マネーは詳しく書かれています。Visaブランドの場合はnanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAとありますが、「au WALLETカード」の表記はありませんでした。そこでリクルートカードに直接確認を行ったところ、auかんたん決済でのau WALLETカードチャージは可能で、ポイントも付与されるとのことでした。

「リクルートカード(VISA)」でau通信料金を支払い、au WALLETカードにチャージすると、チャージ時に1.2%のリクルートポイントが、決済時に0.5%のWALLETポイントが貯まるため、還元率は1.7%となります。クレジットカードの年会費を支払たくない場合は、この選択肢もありですが、年会費を支払いたくない場合は、「リーダーズカード」「REXカード」の場合は、年間利用額50万円以上で年会費が無料になるため、そちらを使ったほうが良いでしょう。

ただし、「リクルートカード(VISA)」は楽天Edy、nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCAにチャージしてポイントが貯まるため、サブカードとして保有しておくのはおすすめです。

au WALLETカードへのチャージでおトクなクレジットカードは?

以上より、還元率1.0%では、高還元率カードを利用したほうがおトクになる場合が殆ど。そのため、au WALLETカードへのチャージでおトクになるクレジットカードとしては、

  • ・還元率1.5%を超えるクレジットカード
  • ・航空系クレジットカード
  • ・ポイントアップで還元率が1.5%を超えるクレジットカード

となります。

還元率が1.5%を超えるカードで、MasterCardブランドがあるカードは「DCカード Jizile(MasterCard)」が良いでしょう。年会費が無料で、還元率が1.5%。ただし、「DCカード Jizile(MasterCard)」はリボ専用カードとなるため、リボ専用カードを使い慣れない場合はおすすめできないません。

また、「ANA マスターカード」や「JALカード TOP&ClubQ(MasterCard)」、「MileagePlusセゾンカード(Visa、MasterCard)」などの航空系のクレジットカードも良いでしょう。航空系のクレジットカードは電子マネーチャージに弱いですが、au WALLETカードへのチャージには、現時点で制限はかかっていないません。そのため、ANAマイラー、JALマイラー、UAマイラーがau WALLETカードを利用するのはおトクです。ANAマイラーの場合は、「ANA マスターカード」「ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード(TOKYU×ANAカード)」、JALマイラーの場合は、JMB WAONにもチャージでマイルが貯まる「JALカード TOP&ClubQ(MasterCard)」「JAL・MasterCard」(ショッピングマイル・プレミアム加入)が良いでしょう。UAマイラーは「MileagePlusセゾンカード(Visa、MasterCard)」(マイルアップメンバーズ加入)。

また、誕生日月にポイントが5倍となる「ライフカード(MasterCard)」もおすすめ。誕生日月には還元率が2.5%+au WALLETカードでの支払いで0.5%の合計3%還元となります。

これらのクレジットカードを利用すると、話題の「au WALLETカード」をおトクに使うことができるのではないでしょうか?

au WALLETカードへのクレジットカードによるチャージ方法は?

au WALLETカードをおトクに利用するには、クレジットカードによるチャージをまず考えてみましょう。

au WALLETカードにクレジットカードでチャージする場合のチャージ方法は、クレジットカードからの直接チャージ、またはauかんたん決済での通信料金と一緒にクレジットカード引き落としに設定するパターンの2つとなります。

では、クレジットカードでのチャージ、auかんたん決済でのチャージについて確認してみましょう。対象クレジットカード、チャージ単位、上限をまとめてみました。

チャージ方法 対象クレジットカード チャージ単位 上限
クレジットカード すべてのMasterCard、クレディセゾン/UCカード発行のVisaブランド、au WALLETクレジットカード 3,000円、
5,000円、
7,000円、
10,000円、
15,000円、
25,000円
auかんたん決済 au WALLET クレジットカード、MUFGカード(MasterCard/Visa)、DCカード、NICOSカード、セゾンカード(MasterCard/Visa/JCB)、UCカード(MasterCard/Visa)、楽天カード(Visa/MasterCard/JCB)、イオンカードVisa/MasterCard/JCB)でauの通信料金を引き落としていること 1,000円単位 ■20歳未満
3,000円
■20歳以上
加入年月1~3ヶ月:
5,000円/月
加入年月4~47ヶ月:
1万円/月
加入年月48ヶ月~:
2万円/月

方法1:au WALLETカードへのクレジットカードチャージ

まず、クレジットカードによる直接チャージ。チャージ可能なクレジットカードはMasterCardブランドか、クレディセゾン・UCカード発行のVisaブランド、または2014年10月28日から募集開始のau WALLETクレジットカードとなります。

最初に、au WALLETクレジットカードでチャージすることを考えてみましょう。au WALLETクレジットカードは200円につき2ポイント獲得できる還元率1.0%のクレジットカード。しかし、au WALLETカードへのチャージだけ200円につき1ポイントと還元率は0.5%にダウンします。au WALLETカードの利用時に0.5%のポイントが付与されることを考えても、合計の還元率は1.0%。還元率が1.0%であるならば、au WALLETクレジットカードで直接支払っても同じとなるため、おトクにはなりません。

では、全てのMasterCardブランド、クレディセゾン/UCカード発行のVisaブランドで還元率が高いカードを考えると、誕生日月が5倍になる「ライフカード(MasterCard)」や、リボ専用カードですが還元率1.5%の「DCカード Jizile(MasterCard)」、還元率が1%の「SoftBankカード」「Amazon MasterCardクラシック」が挙げられます。ただし、「SoftBankカード」や「Amazon MasterCardクラシック」でチャージしたとしてもチャージ時に1.0%、支払い時に0.5%と合計の還元率は1.5%。

十分高い還元率ですが、元々の還元率が1.5%以上ある「リクルートカードプラス」「リーダーズカード」「漢方スタイルクラブカード」「REXカード」「エクストリームカード」を使った方が、ポイントが分散されず、使い勝手は良いでしょう。

また、nanacoやSuica、楽天Edy等の電子マネーの場合は、非接触での支払いとなるため、コンビニでも利用しやすい点があげられます。合計の還元率が1.5%だとしても、スムーズな支払いを考えるとメリットがありますね。しかし、au WALLETカードの場合は、クレジットカードと同じように支払うため、それであれば高還元率カードの「リクルートカードプラス」「リーダーズカード」「漢方スタイルクラブカード」「REXカード」「エクストリームカード」で直接支払っても同じことになります。

au WALLETカードの還元率が高いカードの詳細はコチラ!

エクストリームカード別ウィンドウで開きます

還元率 1.25~1.5%
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA
年会費 初年度無料、2年目以降2500円 (50万円以上の利用で次年度無料)
家族カード あり(年400円、税抜)
ポイント付与対象の電子マネー モバイルSuica
入会資格 年齢18歳以上で電話連絡可能な方(高校生を除く)
発行までの期間 お申し込み後1~2週間程度で発行
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 海外旅行保険/<自動付帯>一旅行(日本出発から帰国まで)あたり最長90日間
国内旅行保険/利用付帯

お申し込みはこちら

楽天カード別ウィンドウで開きます

還元率 1.00%
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の電子マネー モバイルSuica、ICOCA、nanaco(nanacoはJCBのみ)
入会資格 高校生を除く18歳以上の方
発行までの期間 約1週間
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 <利用付帯>日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。

お申し込みはこちら

「掲載日2015年7月1日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。