Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

三井住友カード発行の一般カード、ゴールドカードの年会費を下げる方法 ANAカード等の提携カードでも利用可能

年会費を下げる3つの方法

ANAカードを持つ人の中でも三井住友カードを持つ人は多いのではないでしょうか。

三井住友カードは多くは年会費がかかります。その年会費を下げる方法を紹介しましょう。

三井住友カード発行のクレジットカードは、同社のサービスを利用することでクレジットカードの年会費を下げることができます。プロパーカードだけでなく、ANA VISA SuicaカードAmazon MasterCardゴールドなどの提携カードでも利用できる方法もあるため、確実に年会費割引を利用しておくことをおすすめします。

そこで今回は年会費を下げる3つの方法を紹介します。

1.カード利用代金のWeb明細書サービス登録

一番簡単な方法は、郵送の明細を停止し、Web明細に登録すること。
三井住友プラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールドカード会員の場合は、1,000円(税抜)割引となり、それ以外は500円(税抜)の割引となります。

提携カードも基本は同じですが、ANA VISAプラチナ プレミアムカードの場合は年会費割引はありません。

適応条件は、本会員の年会費のみです。
また年に6回以上請求がなければ割引の対象とならないため注意が必要となります。

Web明細への切替方法は、

  1. 1.Vpassにログイン
  2. 2.「カードご利用代金WEB明細書サービス」にアクセス
  3. 3.「インターネットからお申し込み」ボタンをクリック
  4. 4.「同意する」ボタンをクリック

これで次回以降、紙の明細ではなくメールによる通知、Web明細の利用が可能となります。

2.前年度の利用額に応じた割引

前年度(2月?翌2月)のショッピング金額累計で年会費の割引サービスが受けられます。三井住友VISAゴールドカードの場合、300万円以上利用すると翌年の年会費は5,000円(税抜)となるのです。また、“1”のWeb明細割引と重複割引が可能のため、Web明細も利用する場合は、年会費が4,000円(税抜)まで抑えることが可能。
※三井住友プラチナカード、提携カードは対象となりません。

この割引方法はエントリーなどの操作は一切不要のため、100万円以上利用すれば適応されるようになります。

  支払金額累計
  100万円以上300万円未満 300万円以上
ゴールドカード
プライムゴールドカード
次回年会費が20%割引 次回年会費が半額
エグゼクティブカード 次回年会費が25%割引 次回年会費が半額
それ以外のカード 次回年会費が半額 次回年会費が無料

3.マイ・ペイすリボの登録・利用による割引

年間利用額に関係なく、クレジットカードの年会費を抑えることができる方法です。
三井住友VISAゴールドカードの場合、マイ・ペイすリボの登録をし、1回以上利用すると、翌年の年会費は5,000円(税抜)となります。

こちらも“1”のWeb明細割引と重複割引が可能のため、Web明細も利用する場合は、年会費が4,000円(税抜)まで抑えることができる。
なお、提携カードでもマイ・ペイすリボの割引の対象となる場合もあります(割引額は異なる)。
※三井住友プラチナカード等、プラチナカードは対象となりません。

  マイ・ペイすリボの登録・利用
ゴールドカード
プライムゴールドカード
エグゼクティブカード
次回年会費が半額
それ以外のカード 次回年会費が無料

このサービスはいわゆるリボ払いサービス。リボサービスはあえて言うと絶対に使うべきではありません。必ずリボの仕組みを理解した上で利用しなければいけません。

分割とリボの違いは、支払い回数の違いです。
例えば、6回払いの場合は6回で支払いが確実に終わります。
しかし、リボ払いの場合は回数指定が無いため、残高があるかぎり金利が掛かる仕組みとなります。
例えば、9月に25,000円使って毎月5,000円ずつ返済していくリボ払いを考えてみた場合。10月以降クレジットカードを利用しなければ、リボ金利を考えても6回で支払いが終わるでしょう。

しかし10月にも3,000円、11月にも8,000円と利用していくと、毎月5,000円の支払いとなるため、ほぼ永久的にリボ金利が発生することになります。

これが分割払いとリボ払いの違いです。

ただし、毎月支払う金額を5,000円ではなく、クレジットカードのリボ利用額上限に設定するとどうでしょうか?

リボ払いの枠が50万円であれば、毎月支払う金額を50万円と設定しまう。
その場合、必ず1回払いと同じとなるため、リボ金利は発生しません。
この設定を行うと、毎年100万円以上利用しない利用者でも年会費を半額または無料にすることが可能となります。
設定方法は以下の通り。

  1. 1.Vpassにログイン
  2. 2.「ご利用可能額を確認する」をクリック
  3. 3.カードの有効期限、セキュリティコードを入力し、「次へ」をクリック
  4. 4.「カード利用枠 内リボ払い」を確認する(下記画像参照)
  5. 5.「「マイ・ペイすリボ」のお支払い金額変更申込」ページを表示する
  6. 6.「WEB明細通知サービス」についてを選択し、「次へ」ボタンをクリック
  7. 7.「お支払コース」を“4”で確認したリボ枠と同じに設定し「次へ」ボタンをクリックする(下記画像参照)

マイ・ペイすリボ登録・利用+Web明細登録でANA VISAワイドゴールドカードをANA VISAワイドカードよりも年会費を安くする

筆者がおすすめするのは“1”と“3”の組み合わせ。
例えば、ANA VISAワイドゴールドカードをマイ・ペイすリボ登録・利用し、Web明細サービスを利用すると、通常の年会費が14,000円(税抜)なのに対し、9,500円(税抜)となります(マイ・ペイすリボの登録で3,500円(税抜)の割引+Web明細登録の1,000円(税抜)の割引)。

ANA VISAワイドカードの場合は、同じように考えると通常7,250円(税抜)がマイ・ペイすリボ+Web明細の割引で5,775円(税抜)となります。
ただし、ANA VISAワイドゴールドカードの場合は、別途ポイントをマイルに移行する時に手数料が発生してしまうため、実はANA VISAワイドゴールドカードの方が実質年会費はおトクになるのです。

カード名 通常年間費(1)※ Webの割引金額(2)※ マイ・ペイすリボの登録・利用の割引金額(3)※ マイルへの以降手数料(4)※ 実質年間費(1+4-2-3)
ANA VISAワイドゴールドカード 14,000円 1,000円 3,500円 無料 9,500円
ANA VISAワイドカード 7,250円 500円 975円 6,000円 11,775円

※税抜金額

今回紹介した年会費を節約できる三井住友カードの詳細はコチラ!

ANA VISA Suicaカード別ウィンドウで開きます

還元率 1.5%(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時)
発行元 ANAカード
国際ブランド VISA
年会費 初年度無料、2年目以降2000円(「マイ・ペイすリボ」登録で次年度以降は751円。「Web明細書サービス」利用で500円割引)。マイル移行手数料は年6000円。)
家族カード なし
ポイント付与対象の電子マネー Suica
入会資格 高校生を除く、18歳以上の方
※未成年の方は親権者の同意が必要。
発行までの期間 オンライン入会申込後、自宅あてに届く自署届に、署名・捺印の上、本人確認書類のコピーを同封し返送するタイプ。申込から2~3週間程度(ANA VISA Suicaカードは3~4週間以上)で発行。
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 海外旅行保険/<自動付帯>
国内旅行保険/-

お申し込みはこちら

「掲載日2015年5月8日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。