Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

年会費2,000円でANAのマイルを効率良く貯める方法とは? ANAカードはサブカードとして利用がおすすめ(その1)

ANAカードの年会費ってどれ位なの!?

ANAのマイルを効率良く貯めるカードはなんといっても「ANA ダイナース プレミアムカード」。100円につき2ポイント獲得でき、1ポイントは1マイルに交換できるため、還元率は2.0%にもなるのです。しかし、年会費は15万5000円+税と非常に高額。ちょっと持つのは厳しいですよね。

では、一般カードではどうでしょうか? 一般カードでは年間利用額に対するボーナスポイントを考えても還元率は1.00%~1.09%。年会費は、ANA VISAカードやANA VISA Suicaカード別ウィンドウで開きますが2,000円+税、ポイントをマイルに移行するときの手数料が6,000円+税と年間8,000円+税。ANA JCBカードやソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)が2015年以降は年会費が2,000円+税、ポイントをマイルに移行するときの手数料が5,000円+税と年間7,000円+税に変更になります。(2015年4月までは年会費2,000円+税、移行手数料2,000円+税)。

JALカードのショッピングマイル・プレミアム加入時の5,000円+税でも年会費が高く感じますが、比べてみるとANAカードの場合は更に高額になっています。

JALカード ANAカード(Visa/MasterCard/JCB)
年会費(一般カード) 2,000円+税 2,000円+税
その他年会費
(ショッピングマイル・プレミアム
移行手数料)
3,000円+税 5,000円+税(JCB 2015年4月以降)
6,000円+税(Visa/MasterCard)

ANAカードの交換手数料を抑える方法って!?

しかし、ANA VISAカード、ANA VISA Suicaカード別ウィンドウで開きます、ANA JCBカード、ソラチカカードの場合、毎年マイルを交換せずに3年に1度のみ交換することで、交換手数料をおさえることが可能になるんです。3年に1回交換することを考えると、ANA VISAカードの年会費は4,000円+税、ANA JCBカードの場合は3,666円+税と若干安くなりますね。(年会費が安くなるわけではなく、1回の交換手数料を3年で割った平均として計算)。

ANA VISAカードの場合は加えてマイ・ペイすリボの”登録“を行うことで年会費を下げることができ、3年に1回の交換を考えると年間3,025円+税、ANA VISA Suicaカード別ウィンドウで開きますの場合は2,751円+税まで下げることが可能になるのです。そしてなんと、ANA VISAカード、ANA VISA Suicaカード別ウィンドウで開きます、ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカードのマイ・ペイすリボを”利用“した場合は、還元率は1.30%~1.39%までアップすることができるのです。

ANA JCBカード
ソラチカカード
ANA VISAカード
ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード
ANA VISA Suicaカード
年会費(税抜) 通常 2,000円 2,000円
マイ・ペイすリボ登録時 2,000円 1,025円 751円
交換手数料(税抜) 通常 5,000円
(2015年4月以降)
6,000円
3年ごとの交換 1,666円
(2015年4月以降)
2,000円
年間利用額に応じた還元率 30万円 1.00% 1.00%(マイ・ペイすリボ利用:1.30%)
50万円 1.03% 1.03%(マイ・ペイすリボ利用:1.33%)
100万円 1.05% 1.06%(マイ・ペイすリボ利用:1.35%)
300万円 1.06% 1.09%(マイ・ペイすリボ利用:1.39%)

ただしマイ・ペイすリボでのボーナスポイントを獲得するにはリボ金利の発生が条件になります。普通にマイ・ペイすリボを使った場合は年利15.0%の金利が発生してしまうため、ボーナスポイントを獲得するメリットはないのです。

毎月、支払額の調整を行い、マイ・ペイすリボのリボ金利を最小限にできる人であればANA VISA Suicaカード別ウィンドウで開きますがANAのマイルを貯める最強のカードとなるのですが、一歩間違うと大きな損失となる可能性があるので気を付けましょう。

ポイント有効期限 ポイント残高 うちプレミアム・ボーナスポイント
2017年8月末日 792ポイント 396ポイント
2017年9月末日 778ポイント 391ポイント
2017年10月末日 848ポイント 424ポイント
2017年11月末日 1,506ポイント 753ポイント
2017年12月末日 2,412ポイント 1,206ポイント

今回はリボ払い技を使ったANAカードの還元率の高め方を紹介しましたが、次回はリボ払いのリスクなしでANAカードの還元率の高め方を紹介します。

今回紹介したANAカードの詳細はコチラ!

ANA VISA Suicaカード別ウィンドウで開きます

還元率 1.5%(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時)
発行元 ANAカード
国際ブランド VISA
年会費 初年度無料、2年目以降2000円(「マイ・ペイすリボ」登録で次年度以降は751円。「Web明細書サービス」利用で500円割引)。マイル移行手数料は年6000円。)
家族カード なし
ポイント付与対象の電子マネー Suica
入会資格 高校生を除く、18歳以上の方
※未成年の方は親権者の同意が必要。
発行までの期間 オンライン入会申込後、自宅あてに届く自署届に、署名・捺印の上、本人確認書類のコピーを同封し返送するタイプ。申込から2~3週間程度(ANA VISA Suicaカードは3~4週間以上)で発行。
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 海外旅行保険/<自動付帯>
国内旅行保険/-

お申し込みはこちら

「掲載日2015年2月19日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。