Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

楽天スーパーポイントをザクザク貯めるための式 Rポイントカード+楽天カード+楽天Edy+楽天チェック

ついにスタートした楽天の共通ポイント「Rポイントカード」(2014年10月1日より)。TカードやPontaカードのように、加盟店でRポイントカードを"提示する"だけで楽天スーパーポイントが貯められるカードが登場しました。

スタート初期は、コンビニのサークルKサンクスやポプラ、飲食店のミスタードーナツやプロント、デパートは大丸や松坂屋など約1万3千件以上で利用できます。

基本的にはTカードやPontaカードと同じ機能なので、今回はRポイントカード・Tカード・Pontaカードの違いを理解し、楽天スーパーポイントがザクザク貯まる方法をマスターしましょう!

Rポイントカードは1人3枚まで登録できる!

Tカードは基本的に、1人1枚しか持てません。仮に複数枚を持っていても、それぞれのTポイントを合算することはできないのです。
ところがPontaカードの場合は、グループを作るとグループ内の複数のPontaカードでそれぞれ貯めたポイントを、なんとグループオーナーの親カードに統合して使うことができるのです(グループオーナー以外の子カードでは、Pontaポイントの使用はできません)。

 

Rポイントカードもこれに似ていて、楽天ID1つにつき3枚までの登録が可能になっています。
この機能は上手く使うと、とても便利です。
例えば、持ち歩く財布に1枚、会社のIDカードと一緒に1枚(よく首から下げているカードホルダーに入れている人がいますね)、バッグに1枚なんて使い方も。
財布を忘れて出勤したとしても、IDカードホルダーに入れているRポイントカードを使ってコンビニでお昼を買う、というようなことができます。

地味だけど便利な「一時停止機能」

Rポイントカードには、一時停止機能があります。
たとえばRポイントカードが見つからない時、利用できないように一時的に止めておくことができます。もちろん見つかったら再開することも可能です。
実はこの機能、地味ですが結構便利です。Rポイントカードを一時停止すると言っても、全機能を停止してしまうのではありません。加盟店で提示するとポイントは貯まりますが、貯めてあるポイントを使うことができないという状態にすることができるのです。

保有できる3枚のうち、もともと予備と持っているものは初めから停止にしておけばよいし、万一紛失しても拾われてポイントを使われてしまうということも無いので心配無用です。
見つからなければ楽天のサイトからそのカードを削除してしまえばよいので、非常に便利で安心できる設計になっていると言えます。

楽天スーパーポイントの4重取りも可能

Rポイントカードのおかげで、リアル店舗でも楽天スーパーポイントが貯めやすくなったのはここまでご説明した通りです。
実はただ貯めやすいだけでなく、おトクに貯めるワザもいくつかあります。
楽天には様々なサービスがあるので、これらをうまく組み合わせるとなんと1回の買い物で4回も楽天スーパーポイントを貯めることができてしまうのです。
ここでは、コンビニの「ポプラ」での買い物を例にして考えてみましょう。

まずは楽天カード別ウィンドウで開きます利用者向けのサイト、「楽天e-NAVI」にログインします。
次に、楽天Edyにチャージをすると、200円につき2楽天スーパーポイントを獲得できます。2,000円分チャージすれば20ポイントになりますね。

次に、コンビニのポプラに行き、1,000円(税抜)の買い物をしたとしましょう。
支払いの際にRポイントカードを提示し、チャージした楽天Edyで支払います。
Rポイントカードの提示で100円につき1ポイント獲得できるため、これで10ポイントになります。
そして楽天Edyで支払うことで200円につき1ポイント獲得できるため、こちらは5ポイントになります。

最後に、ポプラ店内で「楽天チェック」を起動し「チェックイン」すると、10ポイントを獲得できます。

さて、この「1,000円(税抜)の買い物」について一連のポイント獲得をまとめてみると・・・

楽天Edyにチャージ 20ポイント←200円につき2ポイント獲得(2,000円分チャージ)
Rポイントカード提示 10ポイント←100円につき1ポイント獲得(1,000円分買い物)
楽天Edyで支払い決済 5ポイント←200円につき1ポイント獲得(1,000円分決済)
店舗にチェックイン 10ポイント※チェックインの獲得ポイントは店舗により異なる

消費税を8%で計算すると、1回1,080円(税込)の買い物で25ポイント獲得でき、買い物前に楽天Edyにチャージすると1%分のポイントも事前に獲得できていることになるワケです。

このように、Rポイントカード、楽天カード別ウィンドウで開きます、楽天Edy、楽天チェックを利用すると、リアル店舗で面白いように楽天スーパーポイントが貯まっていきます。
楽天ユーザーであれば、Rポイントカードはもう必須アイテムと言ってよいですね。

今回紹介した楽天Edyチャージに不可欠な楽天カードの詳細はコチラ!

楽天カード別ウィンドウで開きます

還元率 1.00%
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の電子マネー モバイルSuica、ICOCA、nanaco(nanacoはJCBのみ)
入会資格 高校生を除く18歳以上の方
発行までの期間 約1週間
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 <利用付帯>日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。

お申し込みはこちら

「掲載日2014年12月16日」

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。