Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

マネー

クレジットカード選び

電子マネーを制するものはポイントを制す!?

なぜ電子マネーを利用するとおトクなのか

最近はどこのお店でもポイントが貯められる仕組みを用意していて、誰でも1枚ぐらいはポイントカードを持っていますね。
1枚どころかお財布は各種ポイントカードでぱつんぱつん・・・なんてことも珍しくありません。でも、上手く利用しておトクにポイントを貯めようとすると、実は結構メンドクサイというのも正直なところです。

「電子マネー」がそのポイントシステムを複雑にしている、というのが実情かも知れません。

とは言っても、おトクにポイントを貯めたいのであれば、電子マネーをどれだけ上手に利用するかがカギであることは間違いありません。なぜなのでしょうか?ちょっと整理してみましょう。

おトクな理由.1電子マネーにもポイントのプログラムがある

たとえば、ある商品をクレジットカードで購入したとしましょう。この時、クレジットカードのポイントが貯まりますよね。ポイントを貯めて得しちゃおう、と考えているのでしたら、現金払いは当然NGとなります。

次に、クレジットカードから電子マネーにチャージし、その電子マネーで商品を購入するというケースを考えてみましょう。
なぜそんなメンドクサイことをするのかって?この場合、まず購入前に電子マネーをチャージしたときに、クレジットカードのポイントが貯まります。さらにその電子マネーを利用するときにも、電子マネーのポイントがたまることになります。つまり、クレジットカードで直接購入するよりも、電子マネーのポイントが得られる分おトクになる、という計算です。

おトクな理由.2電子マネーは現金扱い

家電量販店などでは、現金で支払った時は10%のポイント還元があるのに、一般的なクレジットカードで支払うと2%還元率が下がり8%しかポイントを獲得できない場合があります。
(別途、クレジットカードのポイントは貯まります)

しかし、電子マネーを利用すると、現金で10%ポイント還元(クレジットカードだと8%に下がってしまう)商品でも、現金と同様に10%となります。電子マネーは現金扱いの場合が多いのです。

ということは、理由1でご説明したように、電子マネーをクレジットカードでチャージすると、クレジットカードのポイントも貯まるため、家電量販店の10%のポイントを減らさずに、さらにクレジットカードのポイントも貯めることができるのです。これはなかなかオイシイですね。

おトクな理由.3ボーナスポイントが魅力

また、クレジットカードで支払っても獲得できない「ボーナスポイント」を、電子マネーで購入した場合にのみ獲得できる場合があります。
たとえば、セブン-イレブンの場合は「セブンカード・プラス別ウィンドウで開きます」で支払いをしてもボーナスポイントは貯まりませんが、nanacoで支払うとボーナスポイントが貯まります。
同様に、イオンでは「イオンカード」で支払ってもボーナスポイントは貯まりませんが、WAONで支払うとボーナスポイントが貯まるケースがあります。

ここまでご説明したように、電子マネーで支払いができる場合は電子マネーを利用したほうがおトクになるのです。ここまでは、比較的分かりやすい話なのではないかと思います。
では、なぜ「電子マネーは複雑」なのでしょうか。それは、こんな理由です。

複雑な理由.1プリペイド型、ポストペイ型など様々なタイプがある!

まず、ここまでご説明してきた「電子マネー」については、先払い(事前チャージ)の「プリペイド型電子マネー」を前提にしてきました。
ところが実は電子マネーには、先払い式の「プリペイド型」と、後払いの「ポストペイ型」があるのです。例えば家電量販店で、ポストペイ(後払い)型の例である「iD」で支払ったとしましょう。この場合は「クレジットカード扱い」となり、10%の家電量販店ポイントは8%になってしまうのです。

さらに、従来の電子マネーはカードリーダーにかざして支払うタイプ(自動改札のようにピッとやるタイプですね)のものがほとんどでしたが、「au WALLET」のような「クレジットカードのように支払うタイプ」も出てきたことが、電子マネーを複雑にしている原因と言えます。

複雑な理由.2クレジットカードとの相性・・・

電子マネーがポイントの仕組みを複雑にしてしまう理由は、すべてのクレジットカードが電子マネーにチャージできるわけではなく、チャージができたとしても「クレジットカードのポイントが貯まらない」場合があるからです。
例えば、「楽天カード別ウィンドウで開きますVisa」で電子マネー「nanaco」にチャージすることはできません。次に、「リーダーズカード別ウィンドウで開きます」で「nanaco」にチャージした場合、「リーダーズカード別ウィンドウで開きます」のポイントは貯まりません。さらに、同じ「楽天カード別ウィンドウで開きます」であっても、「楽天カード別ウィンドウで開きますJCB」の場合は「nanaco」へのチャージは可能で、チャージしたときに「楽天スーパーポイント」が貯まります。

楽天カード別ウィンドウで開きます

還元率 1.00%
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の電子マネー モバイルSuica、ICOCA、nanaco(nanacoはJCBのみ)
入会資格 高校生を除く18歳以上の方
発行までの期間 約1週間
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 <利用付帯>日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。

お申し込みはこちら

リーダーズカード別ウィンドウで開きます

還元率 1.00%
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の電子マネー モバイルSuica、ICOCA、nanaco(nanacoはJCBのみ)
入会資格 日本国内にお住まいの18歳以上(高校生は除く)で電話連絡可能な方
発行までの期間 お申し込み後1~2週間程度で発行
ETCカードの有無 あり
国内・海外旅行保険 国内/利用付帯
海外/自動付帯。
一旅行(日本出発から帰国まで)あたり最長90日間

お申し込みはこちら

電子マネーごとにチャージでポイントが貯まるクレジットカードや国際ブランドが異なり、さらに電子マネーへのチャージでポイントが貯まるかどうかは、各カード会社のWebサイトにもなかなか書いていないのが実情のようです。そのため、実際にチャージして試してみるか、直接カード会社に問い合わせてみるしかないようです。

電子マネーを使うと非常におトクなのですが、こういった個別の事情が複雑でしかも変更が起きやすいため、なかなかテレビや雑誌などでは紹介しきれないようです。
そこで、今後はこのページで、それぞれの電子マネー(nanaco、WAON、楽天Edy、Suica、au WALLET)の特徴、チャージでポイントが付くおすすめのクレジットカード、貯まったポイントの消費の仕方などをわかりやすく解説していきたいと思います。乞うご期待!

コラム著者紹介

菊地 崇仁

2006年ポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月より株式会社ポイ探の代表取締役就任。13年よりAll About「ポイント・マイル」のガイド、ザイ・オンラインのコラム、ペイメントナビへの記事提供を開始。ポイント・マイレージに関する深い造詣と分かりやすい解説で、テレビ・雑誌等でも活躍中。

おすすめ記事

当サイトに掲載している記事等については、記事執筆時点での情報に基づいています。また、記事の権利は各執筆者・情報提供者に帰属します。掲載している企業名、サービス名、商標等については、各社の商標・登録商標など、各社に帰属する権利です。
また便宜上、通称や略称などで表示していることがあります。
当社は、当サイトの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。