So-net

設定の変更について

設定の変更は、設定ファイルの書き換えによって行います。 メーリングリストの運営方法の変更や、メンバーが使用できるコマンドに制限を設けるなどのさまざまな設定の変更が可能です。

設定の変更手順

1.設定ファイルを取得する

まずはconfigコマンドで、設定ファイルを取得しましょう。

●利用コマンド

config メーリングリスト名 パスワード

[ 例 ]
ml-so-netのconfigファイルを取得する

To:majordomo@mma.so-net.ne.jp
Subject:

(メール本文)
config ml-so-net PASSWORD
end


2.設定ファイルを書き換える

configコマンドが受け付けられると、majordomoから以下のような設定ファイルが送られてきます。

「#」で始まる行は設定項目についての説明コメントで、設定には影響しません。それ以外の行の「=」、または「<< END」の後ろに必要な値を記述することで、設定を変更することができます。テキストエディタなどを使って、変更したい部分を修正していきましょう。設定項目については「設定項目一覧」を参照してください。設定ファイルの変更を誤るとメーリングリストが正常に動作しなくなる場合があります。もしものときに備えて、編集前の設定ファイルは必ずバックアップしておきましょう。configコマンドで取得した設定ファイルをすべてコピー&ペーストして、必要な部分だけを修正する方法が、まちがいが少なくてすむでしょう。

[ 例 ]

From: Majordomo@mma.so-net.ne.jp
Subject: Majordomo results

>>>> config ml-so-net PASSWORD
# The configuration file for a majordomo mailing list.
# Comments start with the first # on a line, and continue to the end
# of the line. There is no way to escape the # character. The file
# uses either a key = value for simple (i.e. a single) values, or uses
# a here document
# key << END
----------------(中略)----------------
who_access = closed
#[Last updated Sat Feb 28 16:46:17 JST 2004]
>>>> end
END OF COMMANDS

設定項目一覧


3.設定ファイルの更新をする

書き換えが済んだら、設定ファイルをnewconfigコマンドで送信します。最後に必ずEOFと入れてください。変更した部分だけではなく、変更後の新しい設定ファイル全体を送信する必要がありますので、注意しましょう。

●利用コマンド

newconfig メーリングリスト名 パスワード
新しい設定ファイル
EOF

[ 例 ]

To:majordomo@mma.so-net.ne.jp
Subject:

(メール本文)
newconfig ml-so-net PASSWORD
# The configuration file for a majordomo mailing list.
--------------(中略)--------------
who_access = list
EOF
end

※ここでnewconfigコマンドがエラーとなってしまう場合は、こちらを参照してみてください。