powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> プレイヤー >> 12/25 大岩剛 引退会見 コメント全文
12/25 大岩剛 引退会見 コメント全文
2010年12月26日(日)
12月25日(土)に行われた天皇杯準々決勝(2-1で名古屋に勝利)後、カシマスタジアム記者会見室で今季限りで現役を引退する大岩選手の会見がありました。ここにそのコメント全文を掲載いたします。

photo



大岩:
試合の後でしばらく時間が経ってしまいましたが、たくさんの報道陣の方に集まっていただきましてありがとうございます。よろしくお願いします。

Q、引退を発表されてから少し時間が経って、今日、そういう中で試合も出て勝って、ああいうセレモニーもやりましたけど、改めて今、率直にどういう気持ちでいらっしゃるんですか?

大岩:
今はもう疲労感でいっぱいです(笑)。まあ大樹がああいう状態になってしまって、まさかの(笑)。まあ、準備はしていますけど。グラウンドでも言いましたけれど、たくさんの人が見守ってくれて、すごく思ってもみなかったと言うか、そこまでたくさんの方が残ってくれてると思ってなかったので、すごく嬉しかったですし、すごく僕の中では引退の寂しさよりも嬉しいといったら変ですけども、あのように送り出してもらえるという喜びをすごく感じています。

Q、日々、取材をしていますが、泣いたのがすごく印象的で、どこら辺できちゃったんだろうって(笑)。

大岩:
いや、もう相当我慢しててね。トーレスがビデオレターくれたっていうのもすごく嬉しかったですし。なんか満男がちょっと涙ぐんでいてね、そこでちょっともらい泣きをしたのが始まりで、ちょっと止まらなかったですね。でも、さっきも言いましたけど、すごく嬉しくて、良い涙だったんじゃないかなと思います。

Q、16年間やられて、歳とともにチーム内での立場っていうのはだんだん変わってきたと思うんですけど、そういう中でちょっとご自身の口から言いづらいと思うんですが、自分がどういう風に成長してきたというか、いい年の取り方をしてきたというか、どういう風にお感じになっていますか?

大岩:
グラウンドでの挨拶でも言いましたが、3チームでプレーしましたけど、行くチーム行くチームでそのクラブにとって、すごく大きな存在の先輩たちが、そういう人たちはやっぱり入団した時にいて、やっぱり月日が流れれば、もちろん世代交代であったり、入ってくる選手出ていく選手がいるなかで、そういうのを見本にするのもひとつですし、アントラーズに入ってからは選手だけでなく、アントラーズはクラブ自体がすごくレベルが高いクラブのひとつになっていると感じて、そういうのを選手が敏感に感じるもので、そこでいい加減な振る舞いはできないと思ったりだとか、若い選手も責任感を持てたりとか、そういう側面もあります。一概に基本になる選手だけでなく、クラブ自体がそういう雰囲気、空気があることがすごくあります。特にジュビロ、アントラーズを渡り歩いてきて、強いチームはそういう空気があるんだなぁとすごく感じていますし、そういうのが人としての成長も助けてくれたんじゃないかなと感じています。

Q、清商時代からすごいスター選手がいる中で、高校時代はどちらかというと地味な存在だったと思うんですけど、結果的にリーグの中で日本人として長い間プレーをやれた秘訣や心掛けていたことは?

大岩:
やっぱり、プレイヤーである以上は日々の練習が非常に大事で、それは1人でのトレーニングではなく、サッカーというものはチームスポーツなので、チームとしてのトレーニングはすごく大事で、それはやっぱりケガをしていたら出来ないですし、コンディションが悪かったら出来ないですし、常に毎日のトレーニングに対して100パーセントで出来る力、疲労が溜まった時に疲労を抜くトレーニング方法をいつも模索しながら、そういうことをいつも考えながら毎日のトレーニングが出来るために毎日準備して、1週間をみて自分の体作りをしたりとか、長いスパンで考えるように、次の日の練習に向けていい準備で臨むことを心がけてやってきましたし、そういう風にトレーニングをしてきたつもりです。

Q、今日勝利したことで、現役生活が少し延びました。残りの現役生活をどう過ごしたかということと、来年以降の生活についてはどういう思いがありますか?

大岩:
まず、準決勝に勝ち上がれて凄く嬉しいですし、準決勝まで時間もないので、しっかりとリカバリーすることに集中したい。グラウンドでは、1月1日までと言っていましたけど、その前に29日に試合があるので、そこに向けてしっかりと良い準備をすることです。選手である以上は、次のことを考えずにプレーすることが義務であると思っていますのでそこに集中したいと思います。来年はウチのチームからはトップチームのコーチとしてのオファーがきているので、前向きに考えています。ただ、契約交渉はまだなので何日か後か、決勝が終わってから、前向きにクラブのために力になりたいと思います。

Q、鹿島在籍時で思い出に残っている試合と印象的なことはありますか?

大岩:
試合で言えば、2007年の大逆転で優勝した瞬間は今でも鮮明に覚えていますし、僕のいくつか獲ったタイトルの中でも、あんな優勝はなかったですし、それまでの過程も含めてすごく印象に残っている試合であり、優勝でもあります。僕はチームの中では38歳という、だいぶ年の離れた年長者で、新井場とか満男とかがある意味でイジってくれたことでチームの中で、選手みんなとコミュニケーションをとりやすくしてくれたし気を遣ってくれました。そういうことが凄くうれしかったですし、情がうつるというか…。ここ数年は練習なり紅白戦なりで、彼らと対戦して色々と話す中で僕自身が学ぶことがたくさんありましたし、彼らに自分の選手生活の最後を見てもらいたいなという感情はいつからか思うようになりました。

Q、あと2試合ですが、自分が現役選手としてピッチに立つう上で、チームにどういうものを残したいかということと、そして自分でどういう結果を残したいのかを教えてください。

大岩:
結果としてはもちろん優勝をしたいです。このチームこのメンバー、今まで一緒にやってきたメンバーでもう1度タイトルを獲るということ、ただ単純にそこになります。そして、残りの試合で彼らに何かを残せるとは思っていないですけど、今までやってきたことを含めて、チームメイトのためにも全力でサポートしていきたいと思っています。

Q、今日の試合では新井場選手が半袖、手袋姿で、セレモニーの間もコートを着ないでいたと思うのですが、花束を渡されて抱き合ったときはどんな心境でしたか?

大岩:
ただ単純に彼とは仲が良くて、いつもイジってくれたり、そういう仲でいて、彼なりの愛情表現だと思うのですが、素直に嬉しかったですし、大樹も含めて僕の中では特別な存在であったここ何年かだったので、すごく嬉しかったです。だから、イバがあんなに泣いたのを見たことがないですし、本当に泣いてくれるというのは選手冥利に尽きるというのは変ですけど、そうやって思われている何かが、僕の今までのプレイヤーとしての何かがあったのならすごく嬉しいです。

Q、これまで、引退を決意するときは90分間出来なくなったと感じた時だとおっしゃっていたのですが、出来なくなるように感じていった時に、どのように自分を納得させたのかを教えてください。

大岩:
90分っていうのは1試合だけではなく、シーズンはすぐに次の試合が来ますし、1試合2試合3試合だけではないです。センターバックというポジションがらもそうですが、やっぱり少しだけ余力を残していかなければ、いつあるかもしれない最大のピンチに対応できないと思いますし、もちろん全力ではやりますが、どこかで最後のひと仕事が出来る力を残しておかなければういけません。でも、やっぱり自分の中でそういうものがなくなっているのを感じてきて、これだというものはないのですが、自分の中で、日々の練習試合もそうですし、もちろん公式戦でも、自分の厳しいなと思うところがここ数年出てきて、ここ2年くらいは年間を通して数試合しか出てないし、そういう中でいい仕事が出来ても、チームの中でもっともっと力にならなければ、選手としてやっていく存在価値は薄れていってしまうと思います。大樹とかイノとかが怪我したり疲れている時に、監督が僕を選べていたら、もしかしたら4連覇という今とは違うシーズンを残せていたのではないかという気持ちが生まれてきてたので、そういうところでそろそろ気持ちを決めないといけないのではないかと感じていました。










  •  
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.