powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> プレイヤー >> Antlers×スカパー!スペシャルインタビュー 遠藤康
Antlers×スカパー!スペシャルインタビュー 遠藤康
2014年07月16日(水)
photo

―中断期間にオフがありましたが、いかがでしたか?

遠藤 有意義に過ごしましたよ。といっても、ほとんど家にいましたけど(笑)。あとは、東北人魂の企画で女川でサッカー教室をしました。雨で寒かったですけど、ひさしぶりに子どもたちとふれあって、楽しかったですね。

―リーグ前半戦を4位で終えて、これから後半戦スタートとなります。チームとして注目してほしいところはありますか。

遠藤 去年から監督が変わったわけではないし、メンバーもサコ(大迫選手/現1.FCケルン)くらいしか変わってない。今は若い選手が多く出ているので、いい時間帯はシュートをどんどん打って、仕掛けたりしていていいと思う。けど、たとえば勝っているときの70分とか80分でのプレー。どういうプレーをしないといけないかというのは考えないといけない。まだそういうところは出来てない。それは監督に言われてやることではなくて、プレーしている選手が考えてやらなければいけないところもある。やっぱりそういうのは満男さん(小笠原選手)とか上の選手たちはうまいですよね。後半にモトさん(本山選手)とかタクさん(野沢選手)が入ってくれるとすごく助かりますから。監督が「積極的にいけ」と話しているので、みんな言われたことを実行しようとしているんだけど、そのなかでも時間帯や場所を考えたプレーがもっと必要だし、これからは、そういうところを覚えていかないといけないんじゃないかな。

photo

―遠藤選手はどう学んできたのですか。

遠藤 学んできたというか、俺も3連覇していたときは試合終盤の時間帯に出たりしていましたからね。当時は自分が点をとればすごくうれしいし、ボールがきたら仕掛けていきたい。けど、やっぱりチームのためということを考えたらサイドでボールをキープしないといけないし、ボールを回す時間を増やして自分たちの時間帯を作らないといけないというのもある。そういう意味では、若いころはすごく葛藤があったかな。

―個人のアピールとチームプレーのバランスですね。

遠藤 もちろんアピールしたい。1分とか2分でも、出場したら何かしら残さないといけないと思っていたから。でも、仕掛けて失敗したらチームに迷惑がかかるし……。相手を抜いてゴールをとれたらいいけど、ただ、それを一か八かでやり続けると、うしろの選手に負担がかかりますからね。

photo

―試合に出始めて学んだというよりは、途中出場のときから少しずつ学んでいったんですね。

遠藤 そうですね。どこで仕掛ければいいか、迷いながらでしたけどね。試合に出ていた満男さんたちが「回そう、回そう」というのを見ながらですね。当時のチームは、そういうのがすごくうまかった。今はまだまだそのレベルにいけていないから、試合が落ち着かない時間が多いじゃないかなぁ。若い選手が入ってきたら仕掛けてほしいという気持ちもあるけど……。たとえば残り3分でボールを奪ってカウンターという場面で3対2になったとき。シュートまでいければいいし、そこをねらうのはサッカー選手としてもちろん当たり前のことなんだけど、勝っている状況なら、サイドにドリブルしてキープするとか、そういう気遣いあるプレーができてくると、うしろの選手は楽になるだろうなぁと思いますよね。

―遠藤選手個人で注目してほしいところは?

遠藤 やはり得点ですね。自分が点をとっていかないと勝てないし、得点にからむことをもっと増やさないといけないですよね。

―現時点で得点ランキング8位(5ゴール)と上位に位置しています。

遠藤 最後のほうは外しまくったけどね(苦笑)。まぁ、その考えがぶれないようにやっていくことが大事だと思います。ゴール数に加えて試合を決める得点ですよね。チームが苦しいときにどれだけできるか。

photo

―ところで遠藤選手は、ふだんサッカーを見ますか?

遠藤 高校のときは学校から帰ってきて、ヨーロッパの試合を再放送とかで見たりしていました。でも、家にテレビが1台しかなかったから、すぐチャンネルを替えられちゃって。「ま、いっか」みたいな(笑)。でも最近、また見るようになったんですよ。ワールドカップはもちろん、スカパー!に入っているのでオフ中はJ2の試合を見ていました。當間(現山形)とか知っている選手が出ているとついつい見ちゃいますね。

―どんなところに注目して見ますか?

遠藤 もう何も考えずテレビを見ているおじさんみたいに。「あー、そこ違うよ~」とか言いながら(笑)。ボールを中心にチーム全体のバランスも見ながらですね。「お、そこ(パスが)通ったか~。こいついい選手だねぇ」みたいな(笑)。純粋に楽しんで見ています。

―スカパー!オンデマンドは使ったことありますか?

遠藤 ないです。移動中はヒマなんですよね~。これ、移動しながらでも見られるんですよね? 便利ですね! 帰ったら会員登録してみます。

―ぜひ試してみてください。それでは最後にリーグ再開となるFC東京戦への意気込みとサポーターへのメッセージをお願いします。
 photo

遠藤 FC東京戦は、個人的に点を決めたりいいイメージがあります。ただ、自分の得点もですが、まずチームとしてみんながいいコンディションで臨んで結果を出せるかどうか。相手を圧倒した試合を見せたいですね。味の素スタジアムでの開催ということで、スタジアムに来られない方はぜひスカパー!で応援してください!

photo

photo

photo   photo


© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.