powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> プレイヤー >> Antlers×スカパー!スペシャルインタビュー 土居聖真
Antlers×スカパー!スペシャルインタビュー 土居聖真
2014年04月13日(日)
photo

―これまでリーグ戦で首位をキープといいスタート切りました。チームとして注目してほしいところはどこにありますか?

土居 90分間通して、1人ひとりが勝つための仕事をしているところです。ボールを持っている選手だけでなく、11人全員を見てほしいところがあります。いまは足が止まる選手がいないですよね。そこが好調の要因だと思います。ミスをして文句言う選手がいないし、やばいって頭を抱えて止まっている選手もいない。みんなしゃべる前に次のプレーをしていますよね。

―個人としてはいかがですか?

土居 まだまだ自分の思い描いているようなプレーが出来てないなと思います。ボールをさわる回数だったり、チャンスや決定機の回数が少ない。逆にいえば、1回のチャンスをモノにして勝っているからいいと思われるかもしれないけど、そうではない。バルセロナではないけど何度もゴール前でチャンスを作って、あれもこれも決められたというシーンを多くしたいんです。

―もっとチャンスにからむ回数を増やしていきたい。

土居 そうですね。自分がチャンスを演出し切れていないと思っています。その日のプレーを振り返って、思い出せないくらいたくさんのいいプレーがあればいいですけど、思い出せてしまう。あれとこれしかなかったなって。そこで「決めたから良かった」で終わるのではなくて、その回数が多ければ多いほど試合に勝てる確率は上がってくるのかなと思うんです。

photo

―これまでは決められなかったシーンを悔やんでいたのが、これしかチャンスを作れていないという考えになった。それはいつから?

土居 今年のリーグ戦が開幕してからです。昨年は、一発のチャンスを決めたか、決められなかったか、という考えしか持っていなかった。でも今年は昨年試合に出る経験をして、「もっと自分は出来る選手だ」と思っているから、今年はそういう低い考えでいてはダメだと思えるようになったのかもしれません。全部のプレーをチャンスにすることは出来ないけど、乗っているときにはすべてがチャンスになるというような選手になれれば、もう1つ上の選手になれるかなと思います。

―個人的に見てほしいプレーというとドリブルになりますか?

土居 そうですね。ドリブルする回数が少ない試合では、「どうした聖真、調子悪いのか?」って監督やコーチに言われるんです(苦笑)。監督やコーチも、僕がもっと出来ると思ってくれているから、そう言ってくれるわけですからね。ありがたいことです。

photo

―ふだん自分の出場した試合は見ていますか?

土居 はい。だいたい週初めの練習日の夜に見ますね。ただ、自分が悪いときの試合は見ない。悪いイメージを焼き付けたくないから。自分のなかで、よかったとかすごいなと思ったシーンがなければ見ません。

―どこに注目して見ていますか?

土居 目で追いつくくらいの少し早送りで見て、気になったシーンを止めたり、巻き戻したりして、90分や自分が交代するまでは見ています。ボールを持っているときはもちろん、持っていないときの動き出し。この選手は、このタイミングでは出してくれるけど、このタイミングでは出してくれないとか、他の選手のクセも含めてです。動き過ぎているから、そんなにいかなくてもいいかなとか。僕の動き出しが遅かったために、出し手がやり直しちゃったなとか。あとは、ミスした場面。なぜミスになったのかを次につなげるようにしています。

―スカパー!オンデマンドを使ったことはありますか?

土居 ないんですよ。見ている人ってけっこういますよね。

―実際に持ってきたので、ぜひ試してみてください。

土居 これ便利ですね。これがあれば移動のときも、ふだんも常に見ているかもしれない(笑)。これもJリーグの試合はすべて見られるんですよね? どちらかというと鹿島以外の試合を見たいですね。たとえば2位のチームとか、注目されているチームがどんなサッカーをするのか。いまちょっと騒がれているけど、あまり知らない選手とかのプレーを見たいですね。あと、自分が試合に出始めて、相手のDFを見るようになりました。相手の弱点を探すというか。足が速い遅い、足元がうまいのかそうでないのか、がっつりチャージにくるのか引いてくるのか、選手個人の特長を見るようになったかもしれない。
 photo

―それでは最後に次戦のナビスコカップ仙台戦へ向けた意気込みをお願いします。

土居 東北でやる試合ということで、自分も東北人魂に協力させてもらっているので、一番見ている人を勇気づけられるチャンスの場だと思います。ふだん鹿島の試合を見られない方たちも見られると思うので、まず勝って、ゴールやアシストという形で勝利に貢献して、見た人が勇気づけられるような熱いプレーをしたいと思います。印象に残るようなプレーをして、いいものを見たと思ってもらえるような試合にしたいです。

photo

photo

photo

photo   photo


  •  
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.