powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> ホームタウン >> ホームタウン小学校訪問:神栖市立大野原西小学校
ホームタウン小学校訪問:神栖市立大野原西小学校
2017年11月30日(木)
神栖市の大野原西小学校で、6年生の生徒62名と三竿雄斗選手、梅鉢選手、中田C.R.Oが交流しました。校庭で行われた交流は、2つのグループに分かれて行われ、しっぽ取り、サッカーで楽しみました。中田C.R.Oの進行で、まずはそれぞれ自己紹介。三竿雄斗選手は「ゆうと」、梅鉢選手は「バチ」、中田C.R.Oは「こうじ」と呼んでもらうよう、子どもたちに呼びかけました。

photo

最初はデモンストレーションから行いました。まずはリフティングで梅鉢選手が子どもたちとリフティング。うまい子どもがいると、すかさず中田C.R.Oが「バチよりうまーい!」。「俺よりうまいのはやめてー!」と、焦る梅鉢選手。その後は校庭いっぱい使って、ロングボールを披露しました。大きく弧を描いて飛ぶボールを前に、子どもたちからは拍手喝采。その後は子どもたちもチャレンジしましたが、選手ほどは飛ばず。プロの技を見事に体現した梅鉢選手でした。

photo

photo

photo

photo

photo

1つ目の種目はしっぽ取り。梅鉢選手は子ども相手でもものすごいスピードで追いかけます。「大人気なーい!」と中田C.R.Oに突っ込まれながらも、子どもたちからは「バチ頑張れー!」と声援が。最後は子どもたちからバチコールを受けながら一番しっぽを奪い、ガッツポーズをして大喜びでした。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

2つ目の種目はサッカー。ケガでしっぽ取りに参加できなかった三竿雄斗選手でしたが、今度はGKとして参加しました。梅鉢選手が果敢にゴールに迫りますが、ナイスセーブで死守。しっぽ取り同様に全力で挑む梅鉢選手。勢い余って女の子の顔にボールを当ててしまい、すぐさま中田C.R.Oからイエローカードをもらってしまいました。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

最後は子どもたちから花束のプレゼントがありました。アントラーズからは色紙とペナントを贈呈し、記念撮影をして交流を終了しました。三竿選手は「ケガもあって少ししか体を動かせなかったけど、楽しかったです。ぜひカシマスタジアムまで足を運んでください!」、梅鉢選手は「今日は不甲斐ない1日になってしまいました。次みんなと一緒にやるときまでには鍛え直してきます。僕の住んでいるところと近所なので、見かけたらぜひ声をかけてください!」、中田C.R.Oは「バチは選手っぽいところを見せられなかったけど、こうじがカバーできたかなと思います。キッズパスを使って、ぜひスタジアムまで優勝がかかる試合を見に来てください!」とあいさつ。最後は子どもたちがアーチを作ってくれて、ハイタッチでお別れとなりました。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.