powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> ホームタウン >> ホームタウン小学校訪問:鹿嶋市鉢形小学校
ホームタウン小学校訪問:鹿嶋市鉢形小学校
2017年11月16日(木)
鹿嶋市の鉢形小学校で、4、5、6年生の生徒131名と久保田選手、町田選手、中田C.R.Oが交流しました。体育館で行われた交流は、4つのグループに分かれて行われ、しっぽ取り、陣取りボール投げ、リレーの3種目で楽しみました。中田C.R.Oの進行で、まずはそれぞれ自己紹介。久保田選手は「みんなと同じくらいの身長ですが、20歳です!」と言って児童を笑わせていました。

photo

photo

初めにデモンストレーション。リフティングで町田選手が背中にボールを乗せたり、久保田選手が大車輪を披露するなど、プロの技を見せてくれました。子どもたちの頭上を通すリフティングでは、「マチじゃ不安だなあ(笑)」と中田C.R.Oが参加。久保田選手とともに、見事子どもたちの頭上を通過させながらのリフティングを成功させて、大歓声を浴びていました。

photo

photo

photo

1つ目の種目はしっぽ取り。選手もよく小学校訪問で経験している種目です。「ものすごく走るから、汗だくになるんですよね」(久保田)と予想していた通り、元気いっぱいの子どもたちと、体育館の端から端まで目一杯スペースを使って走り回っていました。
子どもたちはとても積極的で、選手たちのしっぽを果敢にねらっていきます。しっぽを取られたり、ギリギリまで追い詰められたり。選手たちのダッシュはいつも以上に力強いものでした。

photo

photo

photo

2つ目の種目は陣取りボール投げ。自分の陣地にある紅白のボールを、いかに相手の陣地へ数多く投げられるかを競うゲームです。久保田選手は一番うしろの位置から、町田選手と中田C.R.Oはネット近くの最前線でボールを投げ続けていました。

中田C.R.Oは、ネット際で相手の投げたボールをブロック!
photo

相手チームの不正を発見した久保田選手がイエローカードを出す仕草でファウルをアピール!
photo

3つ目の種目は、リレーです。4つに分かれたそれぞれのチームに選手と中田C.R.Oが加わってのチーム対抗全員リレー。それぞれスタート前に作戦を練る各チーム。中田C.R.Oはスタートで他チームを引き離す作戦に。久保田選手と町田選手は最後アンカーとして走ることになりました。
最後は久保田選手と町田選手の一騎打ち! 久保田選手チームがリードしていたこともあり、バトンを受け取ってもその場で足踏み! 町田選手に向かって余裕を見せるも、最後はダッシュでゴールラインを駆け抜けて、子どもたちと喜び合っていました。

リレーのチーム分けの際、人数を数える選手たち
photo

photo

久保田選手は自己紹介で笑いをとった身長ネタでいじられる場面も
photo

最後の走者の久保田選手。リードしているのをいいことに、相手が追いつくまでスタートしません。最後は町田選手に追いつかれることなくゴールインしました!
photo

photo

photo

最後は色紙とペナントを贈呈し、記念撮影をして交流を終了しました。久保田選手は「近くに住んでいるので、見かけたらぜひ声をかけてください!」、町田選手は「みんなと走ったり、声を出したりして楽しかったです。また一緒に遊びましょう!」、中田C.R.Oは「キッズパスを使って、今年最後の優勝がかかる試合をぜひ見に来てください!」とあいさつ。最後は子どもたちがアーチを作ってくれて、ハイタッチでお別れとなりました。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.