powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> ホームタウン >> ホームタウン小学校訪問:鉾田市立諏訪小学校
ホームタウン小学校訪問:鉾田市立諏訪小学校
2017年06月29日(木)
連日の小学校訪問となった田中選手と結婚を発表する直前の伊東選手の2人で、鉾田市の諏訪小学校を訪問しました。交流したのは3~6年生の67名。引率役だった中田C.R.Oが交流の内容も考えて、年齢や男女に関係なく楽しめるプログラムとなりました。

photo

選手の自己紹介が終わると、デモンストレーションでプロの技を披露。まずは足でリフティング。子どもたちからの「大車輪」というリクエストに応えて、田中選手が見事に成功させました。伊東選手も華麗な技を見せて、大喝采。子どもたちも、元気よく手を挙げて、選手とのリフティングを楽しみました。距離が離れても、選手はボールを落としません。大きく蹴り上げられたボールを見上げながら、子どもたちはびっくりした様子。子どもとのロングパスのリフティングも成功しました。

photo



photo

photo


交流のメインイベントは「しっぽ取り鬼」。子どもたちは、おしりにかわいいバンダナのしっぽをつけて、選手と中田C.R.Oの3人から逃げまくりました。この遊びは、学年に関係なく楽しめて、男の子も女の子も、元気いっぱい体育館の端から端へと全力で走り抜けていました。選手の横をうまくすり抜けたと思うと、しゃがんで隠れていた中田C.R.Oにさっとしっぽを取られてしまう子も。注意力も必要な楽しい遊びでした。3、4年生チーム、5,6年生チーム、それぞれ2回ずつ終わると、選手たちも汗びっしょり。「完全にフィジカル(トレーニング)です」と苦笑いしながらも、全力で楽しんでいました。

photo

photo

photo

photo

さらに、中田C.R.Oが、「今度は選手にしっぽをつけて、みんなで追いかけよう!」と提案。これには子どもたちも大喜びで、3年生、4年生、5年生、6年生と、それぞれが鬼になって、選手を追いかけまくりました。選手たちは30秒ぐらい逃げるのがやっとという感じで、しっぽを取った子どもたちは飛び上がって喜んでいました。

photo

photo

photo

「今日をきっかけに少しでもサッカーが好きになってくれたらうれしいです」とあいさつした伊東選手。「キッズパスで応援に来てね」と田中選手が呼びかけると、みんな元気に返事をしてくれました。

photo

最後に色紙とペナントをプレゼントして、記念撮影をして交流終了となりました。

photo

photo

photo

photo

photo

photo
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.