本日のスケジュール メディア情報  Internet 明治安田J1 第16節 磐田 vs 鹿島(19:00)DAZN(ダ・ゾーン)
powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> イベント >> オープンスタジアム2017 選手対決イベント
オープンスタジアム2017 選手対決イベント
2017年12月10日(日)
12月9日(土)、オープンスタジアム2017を開催しました。晴天に恵まれ、約3,500名の方にご来場いただきました。

オープンスタジアムでは初となる選手対決イベントが行われました。選手対決イベントはみつお組とそが組に分かれますが、選手に希望を取ると、ほとんどの選手がみつお組に入るというお約束ネタもありました。選手宣誓は、サンシャイン町田が本家に負けず劣らずのハイテンションで宣誓しました。対決とあって準備運動の指揮を任された、元ジャイアンツの松井選手、もとい小田選手。他の選手が誰もついてこないため、一人で準備運動することになりました。対決は、綱引き、イス取りゲーム、レクリエーションゲームで対戦しました。またプレーヤーズオンステージでは、TWICEを披露しました。

photo

photo

photo

photo

【綱引き】
1本目は小笠原選手が真剣に勝ちに行くと宣言し、言葉通りに勝利しました。2本のみつお組代表の川俣選手vsソガ組の選手多数でも、みつお組が勝利。最後はみつお組代表の鈴木選手とソガ組代表の永木選手との一騎打ちでしたが、永木選手が勝利しました。永木選手は、奥さんに愛のメッセージを贈ることになり、鈴木選手に「わざと負けただろう!」と怒るも愛のメッセージは、しっかり伝えました。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

【イス取りゲーム】
みつお組、ソガ組から8名参加し、イス取りゲームを行いました。色々なネタが仕込まれ梅鉢選手が脱がされたり、川俣選手が多数、現れたりしました。勝負はパワーで圧倒した川俣選手が勝ち、みつお組の2連勝となりました。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

【レクリエーションゲーム】
2種目が終わった時点で、みつお組の勝利ですが、ソガ組を代表して曽ケ端選手が頭を下げ、レクリエーションゲームで勝った方が優勝となりました。レクリエーションゲームは、本来のポジションとは違うポジションでプレーしたため、GKは鈴木選手やブエノ選手が行いました。主審は怪我の金森選手、伊東選手が務めました。曽ケ端選手はFWとしてプレー。何度かゴールを割りますが、金森主審がオフサイドの判定を連発し、ゴールは認められませんでした。判定が不服とした曽ケ端選手にはレッドカードが出されました。試合は、レオ シルバ選手やスンテ選手のゴールでみつお組の勝利で終わりました。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

【プレーヤーズオンステージ】
小田選手、久保田選手、町田選手、手安部選手、田中選手がサンタの衣装を纏いTWICEを踊りました。衣装がずり落ちてしまうハプニングもありましたが、最後まで見事な?ダンスを披露しました。

photo

photo

プレーヤーズオンステージ後、カミナリからサプライズメッセージが届き、大型ビジョンでネタが披露されました。最後に大岩監督が挨拶をし、オープンスタジアムは幕を閉じました。

photo

photo

photo

photo


© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.