powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> イベント >> “世界チャンピオンがカシマスタジアムにやってくる”ボルダリングセミナー
“世界チャンピオンがカシマスタジアムにやってくる”ボルダリングセミナー
2017年11月01日(水)
東京オリンピックまで1000日となった10月28日、カシマウェルネスプラザにて、2016ボルダリング世界選手権チャンピオンの楢﨑智亜(ならさき・ともあ)選手を招いて、ボルダリング講習会が開催されました。当日は世界ユース選手権で優勝した弟の楢﨑明智(めいち)選手も参加。小中学生が対象の第1部、大人対象の第2部に、合わせて約40名が参加して、ボルダリングの魅力に触れました。

photo

「オリンピック1000日前」の看板も掲出。新たにオリンピックの正式種目となったボルダリングに注目が集まっています!

photo

第1部に楢﨑智亜選手と明智選手が登場すると、子どもたちと保護者からも大きな歓声が。智亜選手が「短い時間ですけど一緒に楽しみましょう!」とあいさつ

photo

デモンストレーションで、軽々と一番上のホールドをつかむ智亜選手

photo

長身の明智選手が長い手足を広げると、簡単にホールドをつかんでしまうので驚きの声が

photo

「登り始める前に、どのホールドをつかむかイメージして。足の場所も大事だよ」とアドバイス

photo
ウォール両サイドからカニ歩き! 真ん中まできたら智亜選手と明智選手がハイタッチしてゴール!

photo

智亜選手にアドバイスされながら、見事頂上のホールドにタッチ! 達成感で笑顔がこぼれます

photo
質問タイムは、保護者の方から子どもにクライミングを教えるときの注意点など具体的な質問が飛び出しました

photo
動画を見たという司会者のリクエストに応えて、驚きの肩甲骨を披露する智亜選手

photo
第1部に参加した小中学生の皆さん

photo
第2部も大盛況! 見学者もたくさん集まりました

photo
世界チャンピオンのていねいな指導に、経験者、初心者ともに楽しめるセミナーとなりました

photo

ホールドをうまくつかむには、体の使い方が大事。「登るときはリラックスしよう」

photo

ウェルネスのボルダリングは、難易度によってコースが豊富。登り切った快感を誰もが得ることができます

photo
「これはちょっと無理だろ!」ってレベルを智亜選手に飛んでもらいました。ウォールに記録されるので、驚きのムーブを体験しよう

photo

ウォールの左上にあるエンブレムに、世界チャンピオン2人のサインが入りました!

photo
第2部に参加した皆さん。セミナー後は智亜選手、明智選手とサインや記念撮影を楽しんでいました

© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.