powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> イベント >> 2016 Jリーグアウォーズ
2016 Jリーグアウォーズ
2016年12月20日(火)
12月20日(火)に2016 Jリーグアウォーズが開催されました。アントラーズは優勝チームとして石井監督、コーチングスタッフ、全選手が参加しました。式では最優秀監督賞に石井監督、ベストイレブンに昌子選手が輝きました。またチームとしてフェアプレー賞を受賞しました。
photo

優勝チームとして小笠原選手が代表して、スピーチしました。
photo

photo
小笠原選手
「チャンピオンシップを勝ち抜いて、タイトルを獲れたことを非常にうれしく思います。レアル・マドリード戦は、僕たちは相手がどこであれ、チャンピオンになるという目標があったので、そこにたどり着けず非常に悔しい思いがありますが、チーム一丸となってどんな戦いも勝ちに行くという姿勢は見せられたのではないかと思います。勝ちにこだわっていたので、負けてしまったことは悔しいですが、やはりああいった舞台で日本のチームが勝っていけるところまでたどり着くことが、日本サッカーの目標であると思います。「いい試合をした」で満足するのではなく、勝っていけるように。そこを目指して、これからも頑張っていきたいと思います。僕たちはチャンピオンシップを勝ち抜いてタイトルを獲ることができましたが、今シーズン、1年間を通して安定した戦いを見せて、勝ち点を積み重ねたのは浦和だと思います。そこに対して、僕たちは敬意を評しています。来年、年間1位を目指して、またチャンピオンとしてここに戻ってこられるように、みんなと頑張りたいと思います」

石井監督も最優秀監督賞のスピーチを行いました。
photo

石井監督
「まずはこの最優秀監督賞をいただき、嬉しい気持ちです。この賞は私個人ではなく、選手の頑張りでいただいた賞だと思います。クラブ関係者をはじめ、鹿島アントラーズを支えてくれているスポンサーの皆様、そして鹿島アントラーズを応援してくださっているファン・サポーターの皆様を代表して受け取った賞だと思っています。この賞をいただいて、今後この賞に恥じないような働きをしたいと思いました。今年、チャンピオンシップを勝ち抜いて、クラブワールドカップに出場することができました。非常に素晴らしい大会に参加させていただき、本当にありがとうございました。これはJリーグの皆さんのおかげだと思っています。Jリーグ関係者の皆さん、選手の皆さんは、クラブワールドカップの戦いをテレビで見ていただいたと思います。この戦いを見て、『自分たちがあの場に立ちたい』『もしかしたら(自分たちなら)レアル・マドリードを倒していたのでは』。そういう思いになっている選手や関係者の皆さんもいるかと思います。その気持ちを、ぜひJリーグでぶつけ合って、来年のクラブワールドカップでJリーグを代表とするチームが、どの大陸代表よりもいい成績を残せるようにしていけたらいいなと思っています。これからまだ天皇杯が残っています。そこに対してもしっかり戦いたいと思いますし、来年はACLで優勝して、自力でアジアの代表として、またあのピッチに立ちたいと思っています。Jリーグは、日本のサッカーの代表として素晴らしいリーグです。皆さん、これから一緒に頑張っていきましょう。今日は本当にありがとうございました」

photo

photo

優秀選手に選ばれた西選手、昌子選手の中からベストイレブンには昌子選手が輝きました。
photo

photo

photo
昌子選手
「ベストイレブンに入れたことをとても光栄に思います。先ほど槙野選手が話していましたが、やはりチームメートがあっての賞だと思います。この錚々たるメンバーに入れたことを、とても光栄に思っています。来シーズンですが、今年は浦和さんが年間勝ち点1位となりましたので、来年は年間王者になって、もう一度クラブワールドカップに出たいと思っています。アントラーズはアジアで1位になったことがないので、それを獲って、またクラブワールドカップでリベンジをしたいと思っています」

© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.