powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> CWC >> マメロディ・サンダウンズ戦 公式練習&公式会見
マメロディ・サンダウンズ戦 公式練習&公式会見
2016年12月10日(土)
12月10日、マメロディ・サンダウンズ戦へ向けて、南津森さくら公園公式練習、吹田スタジアムで公式会見が行われました。公式練習は冒頭15分のみの公開となりました。また公式会見には石井監督と永木選手、 マメロディ・サンダウンズからはピツォ モシマネ監督とフロンフォ ケカナ選手が出席しました。

photo

photo



photo

photo

photo

photo

公式会見
石井監督
「オークランド・シティーFC戦は前半の戦い方が良くなかった。あのような戦い方をしていると前半に先制される可能性がある。この前の試合をしっかり反省して、戦い方を変えないといけないと思っている。戦い方もメンバーも変えないといけないと思ったら変える。前回よりも自分たちがアグレッシブな形でゲームに入っていければいいと思う。」

永木選手
「トーナメント形式の大会なので試合に勝つことだけを考えている。そのために練習でいい準備が出来たし、試合までもしっかり準備して入りたい。」

ピツォ モシマネ監督
「到着して2日経つが上手くいっている。日本の皆さんにいいおもてなしを受け、練習グラウンドのピッチもいい。難しいのは時差。少し時差ボケに苦しんでいる。慣れてはきているが、まだ2選手が時差ボケの調整をしている。ゲームプランは、確実に私たちの試合をすることが重要。アントラーズをリスペクトするが、こちらも努力して力を発揮させないようにしたい」

フロンフォ ケカナ選手
「この大会に参加出来てワクワクしているし、うれしい。試合が楽しみ。アントラーズがどんなプレーをするかは分かっている。楽しみながらプレーしたい。この大会に参加できるのは、特別な瞬間。大きな責任を背負って、アフリカ大陸を代表してプレーする」
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.