powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> クラブ >> Antlers×スカパー!スペシャルインタビュー 柳沢 敦
Antlers×スカパー!スペシャルインタビュー 柳沢 敦
2015年07月03日(金)
『感謝の気持ちを持って、みんなで当日を楽しみたい』

これまで数々のゴールでサポーターを熱狂させてきた柳沢敦。7月5日、再びカシマスタジアムのピッチに立つ。アントラーズでは1996年から2003年、海外移籍をはさんで2007年までプレーした。今ではトップコーチとして活躍する柳沢に、引退試合に向けて話を聞いた。


―引退試合が近づいてきました。柳沢さんがアントラーズに在籍して一番印象に残ることは?

柳沢 すべてが僕にとって貴重な時間だったので、どれというのは難しいですが、やっぱり最初に入った1、2年目ですかね。自分としては、入ってすぐに試合に出て活躍してやろうという気持ちで入ったけど、なかなか試合に出られない時期が続いた。そこでプロで戦う難しさを実感しました。悔しいことや苦しいこともたくさんありましたけど、そこで頑張って努力して、いろんなことを勉強させてもらいました。プロフェッショナルな素晴らしい先輩たちがたくさんいましたからね。日本代表、ブラジル代表が何人もいて。そこで過ごした時間は、僕にとって大きかったですね。

photo

―柳沢さんにとって鹿島アントラーズとは?

柳沢 すべての基本を教えてもらったクラブだと思います。プロ選手としての基礎。それはサッカーだけでなく、気持ちの持ち方やふだんの生活も含めてですね。アントラーズで経験したことすべてがベースとなって、発言や行動にも表れているし、それは他クラブに行ったときもそうでした。ジーコスピリットとしてあげられる、「献身」「誠実」「尊重」。それは、どこのクラブに行っても大事なことですから。その根本がしっかりしていれば、いろいろなことに対応できるのではないかと思います。いまコーチとしていろいろ勉強中ですが、そこでの発言も基本がもとになっていると思います。

―引退試合当日、見てもらいたいプレーは?

柳沢 まずプレーできるかどうかが心配ですけど(笑)。僕たち3人の最後ということで、楽しんでプレーできればと思います。変なプレーはできないっていうプレッシャーはありますけどね。これまで真剣勝負をしてきた選手たちとともに、サポーターも含めて同じ時間、同じ空間を共有できればいいなと思います。

―ゴールを期待しているサポーターも多いと思います。

柳沢 もちろん! ぜひゴールを決めて会場のみんなで喜びあいたいですね。

photo

―最後に2ndステージに向けて、意気込みを聞かせてください。

柳沢 1stステージはスタートダッシュがなかなかうまくいきませんでした。ケガ人が出たりということもあったので、そこはチームみんながしっかりと整えて、セカンドステージを万全な状態で臨めれば、いい結果が出ると信じています。チーム一体となって、一日一日を無駄にせずできたらと思います。

photo

photo
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.