本日のスケジュール メディア情報  Tv ACL 準決勝第2戦 水原三星 vs 鹿島(19:00)日テレNEWS24、日テレジータス、BS日テレ
powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> キャンプ >> 2018 宮崎キャンプ11日目
2018 宮崎キャンプ11日目
2018年01月25日(木)
宮崎キャンプは11日目、終盤戦に突入です。23日のテゲバジャーロ宮崎戦に続いて練習試合の予定が組まれた今日は前回同様、スケジュールが変更に。午前中に指定メンバーのトレーニングが追加されました。青空に恵まれた競技場で、選手たちは9時30分頃から練習を開始しています。

photo

まずはウォーミングアップをした後、鳥かごやパス交換でプレーの強度を高めていきました。羽田コーチからは「ウォーミングアップじゃないぞ!トレーニングだぞ!」と、選手たちを刺激する指示が飛んでいます。その後は瞬発力とスピードを競うドリブルのメニューを消化。2人が横に並んでスタンバイし、前方に転がったボールにいち早くして追い付いた方がドリブルからミニゴールへとシュートを放つトレーニングです。昌子選手と小田選手が激しい競り合いを見せていました。

photo

photo

その後は6対6のミニゲームを行いました。ユースから参加のGK山田選手もゴールマウスを守り、佐藤GKコーチの指示を受けながら積極的なプレーを見せています。土居選手が鮮やかなシュートを突き刺せば、レアンドロ選手も力強い突破で存在感を示すなど、各々が持ち味をしっかりと発揮していました。

photo

photo



photo

photo

午前練習は1時間強で終了し、選手たちと監督、コーチ陣はバスで宿舎へ戻りました。ミーティングをした後、再び競技場へ出発。12時30分頃に到着し、14時キックオフの金沢戦に向けて準備を進めていきました。

photo

photo



青空の下、14時にキックオフ。開始早々、アントラーズが幸先よく先制に成功します。伊東選手のクロスから町田選手がヘディングシュートをゴール左隅へ決めて1-0。さらにペドロ ジュニオール選手が鈴木選手からのパスを受け、鋭い突破から左足シュートを流し込んで追加点を奪いました。

photo

今季2試合目となった金沢戦、大岩監督は新加入のメンバーもピッチに送り出しました。アントラーズの一員として初めて対外試合に臨んだ犬飼選手は相手FWに制空権を渡さず、粘り強いハードマークを披露。安西選手は前半は左、後半は右のサイドバックを務め、周囲と連係を確認しながら機を見た攻撃参加でアクセントとなっていました。

photo

photo



photo

2点を先行した後に1失点を喫したものの、アントラーズは2-1と1点をリードして前半を終えました。レオ シルバ選手やペドロ選手も運動量豊富にピッチを駆け、コンディションの良さをうかがわせています。

photo



photo

後半もアントラーズが攻勢をかけ、右サイドをオーバーラップした安西選手のクロスから鈴木選手がヘディングシュートを決めて3点目。後半からピッチに立った三竿雄斗選手も、敵陣でのプレスから左足シュートをゴール右隅へ決めています。そしてゴールラッシュの締めくくりは、鈴木選手。右サイドからのクロスに反応し、ファーサイドからヘディングで決めました。

photo

photo

スコアは5-1。テゲバジャーロ宮崎戦に続いて、大量得点で勝利を収めることができました。金沢の大橋選手や梅鉢選手、そして期限付き移籍中の垣田選手もピッチに立った一戦。試合の前後では選手たちが旧交を温め、笑顔で話をする場面が見られました。それぞれのステージで切磋琢磨を続けることを誓いつつ、キャンプは残り3日に。明日は2部練習を実施し、2日後の徳島戦を見据えて準備を進めていきます。

photo
遠藤選手
「昨年、本当に悔しい思いをして、自分たちも悲しんだけれども、サポーターの方が一番、悲しんだと思います。今年こそJリーグはもちろん、ACL、ルヴァンカップ、天皇杯、全部のタイトルを取りにいくつもりで今、頑張っています。一試合一試合、全力で勝ちに行きたいと思うので、ぜひ試合を見に来てください」

photo
沖選手
「今まで通り、これからも鹿島アントラーズの応援をお願いします」
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.