powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> キャンプ >> 宮崎キャンプトレーニング5日目
宮崎キャンプトレーニング5日目
2015年01月27日(火)
昨日の午前中は大雨でしたが、トレーニング5日目の今日は穏やかな天気となりました。8時30分の時点で気温は15℃まで上がり、とても暖かい気候の中で午前練習がスタートしました。昨日までと同様、2グループにわかれてトレーニングを開始。第1グループの選手たちは9時からランニングを行い、パスとドリブルの練習で身体を温めました。

photo
練習前に準備をする大岩コーチ。毎日、大きな声で指示を出し、選手たちを支えています。

photo
快晴のグラウンドへと向かう選手たち。陽射しがまぶしそうでした。

photo

photo
パス練習でウォーミングアップを行いました。

GK陣のウォーミングアップは別メニュー。細かいステップを踏んでから、古川コーチの蹴るシュートをキャッチする練習をしていました。

photo

その後は、ハーフコートゲームを実施。ボールタッチ数の制限などが課された実戦形式のトレーニングで、激しいボールの奪い合いが見られました。セレーゾ監督は「ボールを取られたらすぐに相手に寄せろ!サポートの意識を持て!」と指示。攻守の切り替えがはやい展開となりました。前線に入った高崎選手がシュートを連発し、伊東選手のクロスからダイビングヘッドを決めていました。

photo
タッチライン際でのマッチアップ。ユースの千葉選手が伊東選手にプレスをかけています。

photo
強烈なシュートを放っていた高崎選手。

photo

photo

1時間ほど遅れて、第2グループの選手たちがグラウンドに到着。ウォーミングアップを終えると、第1グループの選手たちと合流してハーフコートゲームに臨みました。西選手が鋭いオーバーラップを見せ、強烈なシュートや正確なクロスを繰り出していました。また、新加入の久保田選手も巧みなパスで存在感を示しました。

photo
山本選手と杉本選手の競り合い。

photo
西選手が正確なクロスでチャンスを演出していました。

photo
ドリブル突破を図る大橋選手と、プレスをかける梅鉢選手。

ハーフコートゲームを終えると、DFの選手たちは大岩コーチとともに別メニューの練習を実施。クロスへの対応などを確認していました。それ以外の選手は、クロスからのシュート練習を行いました。

photo
DFの選手たちは大岩コーチに集められ、別メニューの練習を行いました。

photo

その後、DFの選手たちも合流して「決め上がり」のシュート練習を実施。土居選手や赤崎選手、遠藤選手が1本目でゴールネットを揺らし、早々とクールダウンのランニングへ移行しました。一方、西選手や山村選手はなかなかゴールを決めることができず、他の選手からプレッシャーをかけられていました。

photo
順番待ちをしながら、他の選手のシュートの行方を追う選手たち。

「決め上がり」とクールダウンを終えると、午前練習の最後にフィジカルトレーニングを行いました。選手たちは腹筋や腕立て伏せなど、過酷なメニューを消化。大岩コーチに鼓舞されながら、必死にトレーニングをしていました。気温19℃、春のような陽気の中で午前練習は12時に終了しました。

photo
2人1組でフィジカルトレーニングを行う選手たち。

午後練習はGK陣からスタート。15時半に到着した4選手は、古川コーチの指導の下、様々なパターンのキャッチング練習を行いました。その後、16時過ぎにフィールドプレーヤーを乗せたバスがグラウンドへ。前日の夜に宮崎入りしたダヴィ選手も姿を見せました。

photo
安定したキャッチングを見せた川俣選手。

選手たちは円陣になってのミーティングとウォーミングアップを終えると、インターバル走を開始。大橋選手や久保田選手が抜群の持久力を見せていました。ダヴィ選手は別メニューで調整しました。午後練習は17時頃に終了。トレーニング5日目も密度の濃いメニューを消化することができました。

photo

photo

photo

photo
過酷なインターバル走では、膝に手をつく選手が続出しました。

photo
ダヴィ選手は別メニュー調整。久しぶりに元気な姿を見せてくれました。

photo
大橋選手「キャンプで自分の持っているところをアピールして、試合に絡めるようにしたい」

photo
佐藤選手「まずはしっかりと1年間を戦える身体を作る。ポジションを取らないといけない立場なので、しっかりアピールしてチームに貢献できるようにしたい」

■ムービーレポートはこちら(YouTube)
※選手インタビューはPCサイトのメンバーズルーム、またはアントラーズモバイルのスマコン(スマートフォン版でのみ視聴可能な動画コンテンツ)にてご覧いただけます。
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.