powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> ACL >> 水原三星戦前日トレーニング(公式練習&公式記者会見)
水原三星戦前日トレーニング(公式練習&公式記者会見)
2018年10月23日(火)
AFCチャンピオンズリーグ2018 準決勝第2戦・水原三星戦を明日に控え、試合会場の水原ワールドカップスタジアムで公式練習と公式会見を行いました。

公式練習は15時30分より行われました。朝から冷たい雨となった今日、お昼過ぎには雷も鳴っていましたが、練習が始まる頃には晴れ間が見えていました。
photo

photo

多くの報道陣が駆け付ける中、ロッカールームからピッチへ向かった選手たち。まずはピッチサイドでウォーミングアップをした後、ピッチを広く使ってランニングパスを行いました。グラウンドの感触を確かめるために、長短のパスを蹴り分けています。そしてボール回しをして冒頭15分の公開部分が終わり、非公開練習に入りました。
photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

なお、アントラーズの公式練習に先駆けて14時30分から水原三星の公式会見が行われ、準決勝第1戦の後に復帰したソ ジョンウォン監督とイム サンヒョプ選手が出席しました。

photo

ソ ジョンウォン監督
「いよいよ準決勝第2戦を迎える。今の状況が非常に難しいということは間違いない。しかし今回はホームゲームだし、チームは連勝中ということで状態が上がっている。選手たちのコンディションもいいし、しっかりと準備を進めている。第1戦で敗れているので、我々としては後がない試合。必ず勝利を掴んで決勝に進みたい。前回(第1戦)はアウェイでの戦いだった。いい雰囲気で2点を取ったが、逆転負けをしてしまった。当時との違いはホームで戦えること。選手のコンディション面など、準備はしっかりとできている。リーグ戦では2連勝しているので、この勢いに乗って、選手たちがしっかりと戦ってくれると思っている。選手たちが安定感を取り戻したということについては、何よりもモチベーションの違いだと思う。監督としては、選手たちには自信を持ってプレーしてほしいと考えている。自分が戻った時は雰囲気がよくなかったが、最近は非常にいい状態でプレーできている。今は非常に自信を持ってプレーできていると思う。アウェイで2得点を決めたが、決して有利だとは思っていない。むしろ不利だと思っている。勝てば決勝進出が決まるとはいえ不利な状況なので、攻撃的な部分を中心に試合を運んでいきたい。そのためには、MFがボールを握る部分が大事になる。後がないので、選手たちが全力を尽くしてくれると思っている。決勝に向けて、選手たちの雰囲気が非常にいいことは間違いない。コンディションや準備をしっかりしてきたが、連勝のいい雰囲気は全て忘れて、明日の試合に集中していきたい。そのためには精神的な闘争心、自分たちの全てを出し切ることが最も大事だと思う。ファン、サポーターの力が必ず必要なので、足を運んでもらって、応援してほしいと思う。アントラーズは非常に素晴らしいチームだと思う。各ポジションで、クオリティーの高い選手が揃っている。特に9番の鈴木選手、MFのレオ シルバ選手については注意しなければならない。今季の序盤は結果が伴わなかったが、今は非常にいい雰囲気だと思う。しっかりと準備をしていきたい」

photo
イム サンヒョプ選手
「監督が復帰してから、選手たちのメンタル面は安定している。リーグ戦では連勝しているし、アウェイでも2得点を決めている。明日は勝つという気持ちでいるし、全力を尽くして勝って決勝へ進みたい。監督が戻ってきて、選手たち全体の雰囲気、気持ちは安定している。アウェイでの第1戦が難しいことはわかっていた。明日はホームだし、最近はホームで2連勝している。しっかりと戦っていきたい。韓国の代表としてここまで勝ち上がってきたので、責任を強く感じている。言わなくても、サポーターの皆さんは足を運んで応援してくれると思う。そう願っている」

アントラーズの公式会見は公式練習前、15時よりスタート。大岩監督と安西選手が出席しました。
photo

photo
大岩 剛監督
「準決勝の第2戦という、非常に重要な試合。アウェイだが、自分たちからしっかりとアグレッシブに試合に入っていく。第1戦の結果は関係なく(相手の勢いを)受けることなく、自分たちからアクションを仕掛ける試合にしたい。アウェイだし、第1戦で2点を先行された立ち上がりには気を付けないといけない。受けるのではなく、我々からアクションを起こして主導権を握る、そういう入り方をしたい。(浦和戦からの修正点は)大会が違うし、気持ちを切り替えることを強調している。この試合に向けて、選手たち自身が前向きな姿勢でいてくれていることが重要。その姿勢が今のいい準備につながっているので、明日のピッチでしっかりと表現したい。(第1戦の結果を受けて)第1戦の3-2というスコアはないものだと思っている。試合の状況や流れを見ながら判断をして、ピッチとベンチのつながりをしっかりと持つことが大事。悲願という話があるが、上を見るのではなく、この第2戦にしっかりと勝って次のラウンドに進むこと、ファイナルに進むことしか考えていない。明日の90分に全精力を注ぐという形で準備をしていきたい。(水原三星の変化について)最近の試合も分析した中で、雰囲気のよさや選手たちの前向きな姿勢を感じた。監督が戻ってきて、しっかりとしたチームマネージメントができていると思う。何度も言っていることだが、我々も試合の立ち上がりから、相手の勢いを受けずにアグレッシブに戦っていく姿勢を見せる必要がある」

photo

photo
安西選手
「第1戦は逆転で勝つことができたけど、そのことは一回抜きにして、アウェイの地でしっかりと勝ちに行きたい。立ち上がりからすごくアグレッシブに来るチームなので、入り方を間違えないようにしたい。相手以上の気持ちと集中力で試合に入らないといけない。セットプレーは両チームの強みなので、そこが一つのキーポイントになると思う。勝てば無条件で決勝に行ける。最初の得点が大きく左右することは間違いないと思うけど、先に失点しようが得点しようが変わらず、勝ちにこだわってプレーしたい」

公式練習後は、メディアの取材対応を行いました。
photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

【動画】公式練習

▼▼CLICK!!▼▼





【動画】安西選手会見

▼▼CLICK!!▼▼





【動画】大岩監督会見

▼▼CLICK!!▼▼





© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.