powered by So-net

レポート

トップ >> レポート >> ACL >> 上海申花戦前日トレーニング(公式練習&公式記者会見)
上海申花戦前日トレーニング(公式練習&公式記者会見)
2018年02月13日(火)
AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ第1節 上海申花戦を明日に控え、選手たちはクラブハウスで午前中に公式練習を行いました。冒頭15分間のみがメディアに公開され、ウォーミングアップでボール回しを行いました。
photo

photo

photo

photo

午後にはカシマスタジアムで公式記者会見が行われ、大岩監督と遠藤選手が出席しました。
photo
大岩剛監督:
「どの大会でもそうだが、初戦というものを重要視している。我々にとっては公式戦の初戦であるということも含めて、今季を占うという意味でもしっかりと試合に入っていきたい。相手のことも分析しているし、こちらの新戦力も見極めたうえでサブも含めてメンバーを選びたいと思う。上海申花で警戒している選手は外国籍選手。3名いるが、その選手たちは非常に力がある。上海申花の中心である選手だと思っている。しっかりとケアしたうえで、我々の強みである攻撃をしていきたい。選手たちは練習と練習試合を非常に意欲的にやってくれている。新加入選手もコンビネーションがスムーズで、溶け込んでいる。上海申花戦でも既存の選手たちとしっかりとした連動ができると思っているので、その辺も期待して送り出したいと思う。大会を勝ち抜くために、ホームの戦いを重要視している。しっかりとホームで勝ち点3を取ることがグループステージを勝ち抜くうえで非常に重要だと考えている。その先については、目の前の試合を勝ち切るという気持ちで戦いたい」

遠藤康選手:
「試合がこの日というのは去年から知っていたので、それに向けて自分は2か月くらいの準備を経て明日の試合に臨む。他の選手も良い準備が出来ているし、新しく入ってきた人たちも、良い刺激になってチームにもプラスになっているので、去年以上の成績を残せるようにまずは初戦を絶対に勝ちたいと思う」

上海申花からはウー ジングイ監督とリー シュアイ選手が出席しました。
photo
ウー ジングイ監督:
「アントラーズと対戦出来ることをうれしく思う。強いチームとして有名だし、何年か前に対戦したこともある。挑戦する気持ちで試合に挑む。ACLは7年振りなので気持ちを新たに戦いたい。キャンプでも気合を入れてトレーニングをしてきた。チームの中でもACLの出場経験のある選手は多数いるので、今回の試合に臨んでいきたい」

リー シュアイ選手:
「上海申花はACLの舞台から長い間、遠ざかっていた。チームはこの大会に向けて高いモチベーションを維持している。上海申花のスピリッツを明日の試合で見せていきたい」

公式会見後、上海申花がカシマスタジアムで公式練習を行いました。
photo
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.