powered by So-net

ニュース

トップ >> リリース >> 大迫選手がTSV 1860 Münchenに移籍
大迫選手がTSV 1860 Münchenに移籍
2014年01月06日(月)
大迫 勇也選手が、ドイツ ブンデスリーガ2部のTSV 1860 München(TSV 1860 ミュンヘン)に移籍することが決まりましたので、お知らせいたします。
なお、大迫選手は本日、ドイツに向けて出発いたしました。

<選手プロフィール>
■選手名:
大迫 勇也(おおさこ・ゆうや)

■生まれ:
1990年5月18日、鹿児島県出身

■サイズ:
182センチ、73キロ

■ポジション:
FW

■経歴(カッコ内は加入年)
万世SSS-鹿児島育英館中学校-鹿児島城西高校-鹿島アントラーズ(2009~)

■公式戦成績:
J1リーグ通算 139試合40得点(2009年優勝)
ナビスコカップ通算 20試合12得点(2011、2012年優勝)
天皇杯通算 14試合5得点(2010年優勝)
AFCチャンピオンズリーグ 14試合5得点
スルガ銀行チャンピオンシップ 2試合3得点(2012、2013年優勝)
ゼロックススーパーカップ 2試合0得点(2009、2010年優勝)

■表彰歴
2011年ヤマザキナビスコカップMVP
2013年Jリーグベストイレブン

■代表歴
日本代表(国際Aマッチ 6試合3得点)、U-22、23代表、U-20代表、U-16代表

■大迫選手コメント
「5年間、お世話になりました。自分を成長させてくれたチームなので、移籍を決断するまで、かなり悩みました。それでも、自分を厳しい環境におくことで、サッカー選手として一層成長したいと思い決断しました。そして将来、またアントラーズでプレーをさせてもらえるような選手になりたいと思います。応援してくれたファン、サポーターの方たちには大変感謝しています。2013シーズンに多くのゴールを取れたのも皆さんのおかげです。ドイツに行っても、少しで良いので応援していただければと思います。本当にありがとうございました」
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.