powered by So-net

ニュース

トップ >> 試合情報 >> モバイル充電器シェアリングサービス「ChargeSPOT」 導入のお知らせ
モバイル充電器シェアリングサービス「ChargeSPOT」 導入のお知らせ
2019年04月18日(木)
4月20日(土)明治安田生命J1リーグ第8節ベガルタ仙台戦より、2019シーズンにおける県立カシマサッカースタジアムでのJ1リーグホームゲーム開催時において、持ち運び可能な充電器のシェアリングサービス「Charge SPOT(チャージスポット)」を設置することとなりましたのでお知らせいたします。

■ChargeSPOTについて

ChargeSPOTは持ち運び可能なモバイルバッテリーのシェアリングサービスです。スタジアムへの行き帰りにスマートフォンのバッテリーが切れた場合に、スタジアム内に設置されたCharge SPOTからモバイルバッテリーを借りて充電することができます。充電が終わったら、 都内各所に設置されている別のチャージスポットに返却することができます。

例えば、スタジアムでモバイルバッテリーを借り東京駅で返却をしたり、ご自宅の最寄りのCharge SPOTで借りてスタジアムで返却をすることも可能です。

貸出するモバイルバッテリーはほぼ全てのスマートフォンに対応しており、Micro USB、タイプC、アップルライトニングの端子3種類がついています。

photo
photo

■「ChargeSPOT」ご利用方法

(1)アプリをダウンロードし、アカウントの登録をします。
(2)アプリでバッテリースタンドの場所を検索し、ご利用になるバッテリースタンドに表示されているQRコードを読み取ります。
(3)バッテリースタンドのスロットから出てくるモバイルバッテリーを取り出し、対応するケーブルを接続すれば、移動中に様々なデバイスの充電をすることができます。
(4)アプリで最寄りのバッテリースタンドを検索し、空いているスロットにモバイルバッテリーを差し込むことで返却は完了です。







■Charge SPOT設置場所

カシマスタジアムでは以下3か所にCharge SPOTを設置します。
 ・メインスタンド側 ファンクラブブース
 ・バックスタンド側 ファンクラブブース
 ・ホームサポーターズシート裏 デジタルステーション内

さらに、「ChargeSPOT」は「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に設置場所を拡大しています。



■「ChargeSPOT」ご利用料金

48時間以内300円(最初の1時間は150円)
48時間以降は2,280円でバッテリー返却不要となります。 
※税抜き

利用時間に応じて料金が初回登録時のお支払い決済から引かれます。

© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.